スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回表富士自転車登山競争大会

昨日25日に行われた、「第5回表富士自転車登山競争大会」
第1回大会から参加し続けている大会。
ただ、開催時期の関係もあり、なかなかまともに開催されることが少ない大会でもあります。
第2回では、大会の1ヶ月前ぐらいにおこった雪崩れのため、コースを5km短縮しての開催。
だ第4回の昨年は、前日の降雪の影響で中止。
第1回大会は雨の中での大会でしたし、第3回大会もレース当日の朝まで土砂降りだったりと、まあ自然が開いてとはいえ、いろいろ自然に翻弄されている大会です。
受付日の土曜日も当初の天気予報を裏切る雨。受付時間中は富士宮は雨は降っていませんでしたが、富士宮に向かう途中の御殿場では雨。で、どうやrあ富士山では雪だったらしい。気温もかなり低かったですからね。

日曜日は朝から快晴のレース日和。しかし、去年の悪夢がよみがえる。果たして富士山は大丈夫か。
御殿場の自衛隊の演習場のところからスカイラインを車で水ヶ塚駐車場まで登り始める。桜のトンネルの向こうに雄大な富士山が見えるが、結構下のほうまで雪が積もっている。
徐々に標高が上がり始めると、路肩の樹木にも雪が・・・。
途中路面も凍っているところがあり、微妙にタイヤが滑っている。まあ、もともと上り坂だとぜんぜんパワーが足りないおんぼろ車なのでスピードは出ませんが、新調に安全運転で会場を目指します。
水ヶ塚駐車場の周りにも雪が積もっている。果たして開催されるのか。
かなり心配であったが、再起会場入りしていたSさんとも合流。会場でアナウンスが入り「5合目付近に雪が積もっているが、現在懸命に除雪作業中。何とか5合目までで行いたいが、最悪の場合は、七曲がり手前の中sじゃ上まで5km短縮しての開催となるとのこと。
とりあえずレース事態は行われるということなので、準備を始め自転車をローラー台にセッティングし、ウォーミングアップを開始。その後あまぴんさんやY先生とも合流。

懸命の除雪作業も実らず、残念ながら5km短縮しての開催となりました。これは第2回の時と同じになります。まあ、僕的には短縮してくれてありがたかった。16kmはきつかっただろう。

水ヶ塚駐車場からスタート地点の西臼塚駐車場に向かって5kmほど移動開始。基本下り基調。斜度があるのでかなりスピードが出ます。気温も低いので身体がどんどん冷えてきます。おまけに指きりのグローブなので指が・・・。
スタート地点に着くとすぐにトイレに・・・。今年はスタート直前に上着を回収してくれるということで、厚手のウインドブレーカーをスタート直前まで来ていることができたのはありがたかった。

西臼塚駐車場に到着してから結構の時間を待たされてやっとスタート順が回ってくる。で、スタート。クリートはめるのに少し手間取りながらも何とか無事にスタート。無理に最初から飛ばしていく人たちにはついていかず。自分のペースで。
このコースはゲートまでの最初の3kmがキツイ。スタート地点も9%あり、この後も所々9%が現れる。もうこの3kmでかなり心拍も上がり、意気もハアハア状態。左に大きく曲がりゲートをくぐりここからが本格的な登り開始。
2年ぶりとなるこのコースはしかしキツイ。スタートからゴールまで休めるところがない。平均スピードが14km/hを切らないように走ればという感じで走る。寒いので水分補給がかなりおろそかになっていた。途中から少し左のふくらはぎに違和感が・・・。斜度のゆるい区間で足を伸ばしながら走ると何とかなってきた。何とか足を回しながらもくもくと走り続けると、写真撮影ポイント。ちょっとかっこつけて無意味にダンシングでカメラの前を走り抜けたりしてみる。もう少し進むと「後2km!」というスタッフの声。あと2kmか・・・。と気合を入れなおして走り続けると、1kmも走らないうちに今度は「あと300です」と言う女性スタッフ。思わず「は・・・?」と気が抜けそうになったが、ラストスパートと足に力を入れなおしたところで両太ももがピキーンと攣りそうになる。「ヤバイ・・・」あと300かなりやばい状態のままホウホウの体でゴール。何とかゴールできた。いや、もう正直11kmで助かったよ。あと5kmは無理だった。でも、ゴールして下山準備を終えたごろからどこか物足りなさが・・・。まあもともと16km走るつもりだったし・・・。
あまりゴール地点でゆっくりせず先にゴールしていたSさんととっとと下山開始。下山途中に道路に少し残っていた塩カリが滑りそうで怖かったが、以外に速いペースで下れたので、とっとと水ヶ塚駐車場まで戻ってこれました。お味噌汁をいただいて着替えをし、表彰式とかは関係ないのでベルマーレの試合をTV観戦したかったしとっとと帰宅しました。

で、結果は46分39秒でした。同じ距離で行われた第2回大会が45分56秒。あのころと比べて体重が8kgほど重いことを考えれば、まずまずのタイム。やっぱり体重減らせばかなり登りのタイムが上がるのだろうが・・・。
クラストップとは12分33秒の差。速い人たちとは力の差が歴然だな。
ま、今回のレースの結果でわかったことは減量すること。まあこれはヤビツとか大観山とか登っていてわかっていたんだけど。今の体重でかつての軽かったころと大して変わらないタイムで走れるのだから、かつての体重まで減らせればタイムアップは確実だろう。
6月のMT富士は出れなくなってしまったので、次のレースは今のところ未定。一応乗鞍には申し込みしてありますが、これは抽選結果次第ですからね。
さすがに昨日は帰宅後にかなり疲れが出ました。帰宅後すぐにTVに飛びつきベルマーレの試合を前半10分から観戦。ベルマーレのほうは見事勝利。試合後、レースの後片付け。夜は途中寝ちゃったりしたが、リエージュ~バストーニュ~リエージュを見て、終了後そのまま撃沈しました。
今のところ筋肉痛なんかは出ていない。もう少し追い込めたのかもしれないな。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。