スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セストリエール発進!

インターマックス、セストリエールでの初走行に行ってきました。

行き先はヤビツです。

とりあえずヒルクラで試したくて、最近一番登っているのがヤビツなんで、ルーベと比較するとなると、ヤビツが一番だろうということで。

まず、この自転車、本当によく進みます。ルーベもよく進んでくれましたが、ルーベとは違った感じで、ペダルを踏めば踏むだけグングン前に進むという感じですかね。ルーベでは踏むというよりも回す感じでした。

あと中速域から高速域での伸びがいいですね。どんどん前に進む感じなので、どんどん踏んでいきたくなり、スピードもグングン伸びていく感じです。加速したい時にグっと踏み込むと、キュっと即座に反応してくれて加速していく感じです。

登りでも、グイグイ進んでくれます。特にルーベとの違いを感じたのは緩斜面での走り。ルーベではどうしても緩斜面で伸びないというか、スピードアップできなくて苦しんでいました。セストリエールだと、緩斜面でグングン進んでくれますから、確実に緩斜面でのスピードアップが出来ます。ダンシング時もぐいぐい踏んでいけば、クイックイッと進んでくれますし、シッティングではクルクルペダルを回すというよりもグッグッと踏み込んで回していく感じがいいみたい。そうすると面白いようにクイクイ前に進んでくれます。ダンシングも悪くないですけど、どちらかというとシッティングのほうがいい感じです。

結構いい感じで進んでくれるので、ついつい前半飛ばしすぎそう人なってしまい、それだとゴールまで持たないので、なんとかどんどん前へ行きたい気持ちを自重して、後半にしっかり力を残して置くように気をつけなくてはいけない。本当によく進んでくれるのでどうしてもついついスピードを上げすぎてしまった。なので菜の花台辺りで少したれてきてしまったが、後半の緩斜面ではまたペースアップすることが出来た。緩斜面での走りが今までと比べてぜんぜん違うので、気持ちいい。

あと自転車自体が軽くなりまし、硬くなっているのでギア1枚は重くして登っていましたね。ルーベにはリアのシフトケーブルにインジケーターをつけていたので(7800STI使用)現在のスプロケの位置がわかったのですが、レッドにはそんなモンないのでどこに今ギアが入っているのか確認するためにはスプロケを目視する必要があります。でも早々しょっちゅう見るわけもないので、結構あれ、あと何枚余裕あるんだ?なんて感じになっていましたね。で、スプロケ見ると自分で思っていたよりも1枚小さいところに入っていたりしていました。

登っていて改めてフレームが硬いのを実感。結構足に来ますね。今日帰宅するといつものヤビツコースと変わらなかったのに、ルーベ時代と比べていつもよりも疲れていました。それだけフレームが硬くて力が反発してきていたということと、ルーベが振動吸収という面では最高のマシンだったので、細かい微振動が今まで以上に身体に伝わっていたのかなという感じですね。

ただ、思った以上に乗り心地は悪くないです。今中さんのインプレやインターマックスのセストリエールの詳解なんかだとエンデューロやグランフォンドもいけるみたいな感じだけど、正直そこまでは感じない。でも鍛えている人南下ならば十分これでいけるだろうし、100kmちょいならば問題なくこなせそうです。でもロングではルーベに断然軍盃が上がります。

下りもフレームがカッチリしているので、ホイールの剛性(フルクラムracing1)と合わさって、バイクをしっかり倒しこめるし、結構いけますね。ただルーベと比べるとタイヤの接地感なんかは断然ルーベが上。ちょっとした段差なんかがあると、ケツから突き上げられる感じがかなりあります。ルーベのゼルツの効果の高さを改めて実感です。

今回初めて使ったスラムレッドですが、変則の性能も方法もまったく問題無しです。ダブルタップレバーもまったく迷ったり、間違ったりすることなく最初から問題なく使えました。あの変則のパチンパチンという感じはMTBのトリガーシフターと同じで気持ちいい。変則性能もまったく問題なし。リアに関してはシマノとまったく変わらない性能です。フロントは流石にシマノのDURAのほうがいいですね。それでもけっしてこうストレスになるとかいう感じはないです。しっかり変速してくれます。

ブレーキは下りでもまったく問題ないです。見た目あまりにも大胆すぎるほどの肉抜き加工されているキャリパーなためちょっとおっかなかったですけど、しっかり減速してくれます。上位機種のカンパを使ったことないですけど、ずうっとシマノを使ってきた人間の感じとしてはカンパに近いのかなと。レバー握るとじわっと効いてくる感じです。シマノのDURAみたいにガツンとくる感じはないです。なので、シマノの感じが身についているために、ちょっとあのブレーキタッチは怖く感じます。きっと最初っから思いっきりぎゅっとレバーわ握っても大丈夫なんでしょうけど、どうしてもずうっとシマノを使ってきたためにそういう握り方が出来ない。シマノでいきなりぎゅっと握ったらガツンと即効タイヤロックでそのまま大前転でしょうからね。

ルーベは7800DURAのまま使いますから、両方を使い分けるようになった時に、一番問題になるのは変則方法よりもブレーキのタッチじゃないですかね。レッドのブレーキに慣れてから久々にシマノを使ったら危険かもしれません。これだけは今後気をつける必要がありそうです。

とりあえず、こんな感じを始めてまともに乗ってみて感じました。

非常にいいフレームです。この値段でこの性能は実にすばらしい。ヨーロッパ車にあこがれないわけではありませんが(っていうか、ヨーロッパ車ほしいですけど。ドグマとかチェントウノとかコルナゴとか)、この値段でこれだけのものが買えるのを知ってしまうと、なかなかヨーロッパ車には手が出なくなりそうです。

ルーベで持っていた不満は確実に解消できそうです。

ヒルクラ&レース用のセストリエールとロング用のルーベ。すばらしい2トップが出来上がりました。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。