スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ(チャレンジレース編)

今年もジャパンカップに行ってまいりました。

今年は土曜日のフリーランとチャレンジレースにも参戦です。

チャレンジレースは一昨年も出場しましたが、このときは台風接近により雨の中でのレースとなり、この宇都宮市森林公園の素晴しいコースを満喫できなかった。今度はしっかりドライコンディションの中、このアジア最高峰のワンデイコースを楽しみたい、勝負してみたいということで、エントリーした。残念なヶrあ一緒に出てくれる人がいなかったので、今回も1人での参戦。前日の金曜よりに自宅を出発して、途中高速のPAなんかで仮眠を取りながらの宇都宮入りとなった。

今回もなんだか台風が接近していたが、まだまだ遠く何とかなりそう。小田原は雨だったらしいが、宇都宮は土曜日も良く日曜日も曇りで、日曜朝に一瞬ぱらっと霧雨程度の雨があったぐらいで、雨の心配はなかった。

フリーランは、ウォーミングアップとコースの下見&試走を兼ねての参加。スタートでは前夫に陣取ったが、プロ選手は見当たらず。古賀志の登りでは今中さんや白戸太郎さんと走った。

古賀志の下りでバ~と前に出てしまい、前のほうを走っていた集団に合流。バイクの先導がいて、そのバイクより前に出ようとしている人を制していたから、どうやら先頭集団に入ってしまったようだった。やっぱりプロ選手は見あたらず。

ペースはそんあに速くなかったので、できるだけ足を回しながら、身体をあっためるように走る。一昨年参加したときにわかっていたが、古賀志林道よりも鶴CC前の上るの方がキツイ。距離は短いが斜度すごい。チャレンジレースでは1回だけこの鶴CCの登りを走るが、ここが2周目に入る直前のひとつのポイントだな~と考えながらゆったり登り、登りきったところから一気に下ってゴール。そのままチャレンジレースのスタートの待機となります。

今年はチャレンジレースは3組に分かれており、フリーランと両方走る選手は最後の第3組。真ん中辺りからのスタートとなりました。

スタートするとまずは補給地点まで短い登りとなります。その後古賀志の上り入り口まではほぼフラット。このあたりは道幅も狭いので、集団のまま進んでいきます。

古賀志の登りに入るとペースがばらばらになり、遅れる人間はどんどん落ちていきます。ただ固まりになって古賀志に突入するので、落ちてくる選手の間を縫いながら前に上がっていくのがめんどくさい。1周目なのでまだまだ足も余裕がありきついことはきついが、問題なく頂上通過。この時点で先頭集団からはかなり離されてしまった。僕の周りはパラパラ状態だったので、1人で古賀志のテクニカルな下りを下り始める。まあ下りはそこそこ自身はあるので明らかに周りよりは速いペースで下っていくが、途中かなり落車してうずくまっている選手が見受けられた。確かにこの下りは道幅も2車線あるとはいえそんなに広くないし、コーナーもタイトでしかも連続するのでかなりテクニカルではある。しっかりコーナー手前で曲がりきれるスピードに減速すれば問題なくこなせるのだが、レースということで突っ込みすぎる人が多いのだろう。

下りで無理に追い抜くのは自分もそして相手も危険なので、無理には追い越さずに、安全に追い越せるところでどんどん遅い選手をパスしていって、一気に牧場を通過。前に先頭かどうかは不明だが10人ほどの集団が見えたので単独で追いかけるが、なかなか追いつかない。10mほどまで追い詰めてからが厳しい。軽い登りなんかがあらわれるとそこでまた離れてしまう。それでも何とかがんばって追いかけて、下りなんかを利用して徐々に差を詰めて田野を過ぎたあたりでやっと集団に追いついた。アップダウンを繰り返しながら、情緒のある景色の中を集団で先頭を交代しながら進んでいく。この区間でかなり後ろから選手が追いついてきていたようだ。射撃場あたりで集団の先頭をひかされる。このまま池過ぎの鶴CCの登りを先頭で引くのは嫌なのである程度ひいたところで交代してもらう。ちょうど前に1つ集団が見えたが、先頭を交代するときにその選手と「あの手段は同じ組の人たちかな?」などと話をする。どうなんだろう?自分では先頭集団に追いついたつもりだったけど。前にスタートした組の遅い人たちをここまででかなり追い抜いてきているので、前の集団が前の組なのか同じ組なのかはわからない。そのまま集団の後ろに回るが、最初10人ほどの集団だったのが気がつけば20人以上に膨れ上がっていた。

つるの登りでは修dなんも一気にペースダウン。だが、それ以上に僕自身がペースダウン。かなりキツイ。実質2周目だし、古賀志下りきってから集団に追いつくためにかなり足を使ってしまったためか、足がいっぱいいっぱいでちょっと攣りそうだった。このあと2回目(実質3回目)の古賀志の登りが待ち構えてもいるので、無理せずズルズルと集団から落ちていった。

鶴CC前からスタートゴール地点までの下りで一気に加速。集団も射程圏内にとらえる。ただかなり自分自身ではいっぱいになっていて、このあとの古賀志で確実に遅れてしまうので、まあ無理には追わずに走っていく。

案の定2周目の古賀志はきつかった。上り始めて集団にいったんは追いついたのだが、そこからどんどん遅れていって、後ろから来た人にも追い抜かれてしまう。なんとか根性で登りきるが、もう足はやばい状態だった。それでもなんとか前に追いつきたい一身で下りでは一気に加速する。周りもほとんどいなくなっていたので、単独での下りだったので、どんどん自分の速度で一気に下ることができる。

下りきってからは、ただひたすら前に追いつこうと単独で走っていく。前の組の遅れてきた人たちをどんどんパスしながら必死にペダルを踏み続けた。

いつの間にか自分でも気付かなかったが最後のショートカットコースに入っていて、残り2kmの看板。このあたりは登りなのだが、残りわずか必死で足を回す。

残り1kmフラムルージュを通過。ここから少し下って最後300mほど軽い登り。このあたりになると観客も多くなってくる。励ましの声を聞きながら下ハン持ってダンシングでゴールを目指す。最後は足を攣りながらフィニッシュ。結果は第3組で34位でした。

いや~、疲れた。久々に足を攣りましたよ。距離こそ24kmほどだが、距離以上につかれきりました。

その後参加賞のリンゴをもらい、車に戻って自転車を片付け、着替えをして再び買い物なんかをするために会場へ(歩きで)。ブースを回りながら、いろいろ食べながら、オープンレースを見ながら時間をつぶし、オープンレースのゴールを観てから会場をあとにしました。オープンレースでも結構落車があったようで、ジャージが血だらけの人なんかもいましたね。素直に怖いねこのコース。

でも、やっぱり最高に面白いコースだと思う。かなりつらいけど。自分は2周(2周目はショートカットコース)だけど、プロはこれを12週でしょ。素直に凄いですよね。

会場を後にして、宇都宮駅前の予約しておいたビジネスホテルへチェックイン。そのまま部屋で軽く1と眠りをして5時ごろ一度ホテルを出ます。

駅ビル内の餃子屋で餃子を食べ、そのままオープニングイベントを観に行ってきました。

つづく。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。