スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ

今年も行ってまいりました。

宇都宮は森林公園で行われた、

第17回ジャパンカップサイクルロードレース

今年からUCIのランキングがオークラス(HC)に格上げとなり、

アジアでは唯一のHCの1dayレースとなり、名実ともにアジア最高のクラシックレースとなりました。

今年も本場ヨーロッパのプロツアーチームから、ランプレ・リクイガス・クイックステップ・ブイグテレコムという4つのチームが参加。

選手もついこの間ロンバルディアで優勝したクネゴ、このレースが出場停止明け最初の復帰レースとなる’06ジロ優勝のバッソ、昨年のイタリアチャンピオンのヴィスコンティそれにヴォクレールなどなど、すばらしいトップ選手が目白押し。過去のジロのチャンピオンが2人も参加ですよ。しかもどの選手も観光がてらではなく、本気で真剣に勝利を狙いに来ていますから、レース前からもうワクワクドキドキでした。

日本人でも昨年5位の新城(梅丹)、日本チャンピオンの野寺などなど、日本のトップ選手が世界のトップ選手に本気で挑みかかります。

今年はスタート前から例年になくたくさんの人出。天気はたまにポツポツと雨が落ちてきたりもしましたが、会場の熱気はムンムン。心配された雨もレース中は降ることはなく、現地で買った1000円のポンチョは出番無しでした。

山頂

山頂はこの人だかり。でもまだまだコレは少ない時。このあともっと人が増えました。ツールやジロの山岳コースのようです。中央にバッソが、左のほうにクネゴがいます。

日本チャンプ 

日本チャンピオンの野寺(スキルシマノ)もがんばります。

クネゴ 

こんなまじかでツールなどのヨーロッパのレースでお馴染みのプロツアーチームの選手を見れるのはジャパンカップだけ。

レースは例年通り、まず日本人が逃げ間、メイン集団はプロツアーチームがコントロール。先頭との差を2分台でキープしながらゆったり(実際はすごいスピードですが、見た感じかなり余裕そうでした)と周回を重ねていきます。

残り3周辺りから一気に追いにかかりあっという間に逃げを吸収してしまいました。

まるでツール 

列車

スピードが一気に上がり集団はたて1列になります。

逃げを吸収してからはアタックなどを繰り返しながら、最後はしっかり有力どころが勝負に出ます。

ラスト1周

バッソ、クネゴ、ヴィスコンティ、そしてリクイガスのアニョーリの4人でラスト1周に入りました。

アシストのいるバッソが有利か?

最後スプリント勝負になればクネゴが有利。バッソが勝つには最後の古賀志ののぼりで勝負をつけなくてはいけません。でも下りはクネゴのほうが得意。

かすかに聞こえる実況を聞きながら展開を把握し、ゴールの瞬間を待ちます。

どうやらクネゴ、バッソ、ヴィスコンティの3人でゴールに向かってくるらしい。こうなるとバッソは不利か?

案の上、ゴールにはクネゴとヴィスコンティが並んで突っ込んでくる。バッソは少し後。

ゴール

最後はクネゴが差して見事優勝。

クネゴ投げキッス

投げキッスも決まっています。

これでクネゴは'05年に続いて2度目の優勝。

バッソは3位に終ったが久々のレースでしっかり結果を出して満足の様子。バッソここにありと、その存在感をしっかり示してくれて、来シーズンが楽しみです。

イタリア期待の若手、ベッティーニの後継者ヴィスコンティも力を見せてくれました。

期待通りの3人がしっかり期待通りの活躍。非常に盛り上がり見所のある今年のジャパンカップになりました。

こういったレースを生で観れるなんてシアワセです。

 

さあ、いよいよ今度の日曜日は自分の番です。そう、富士チャレンジ。

200km完走できるか?

そしてその次の日曜は西湖。去年は惜しくも6位入賞を逃しただけに、今年は表彰台に上がりたい。でも、はたして富士チャレの疲れが1週間で取れるだろうか?

    

まるでツール
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。