スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ今年初ヒルクラレース

だんだんと、今月末に行われるBikeNaviGP第3回表富士自転車登山競争大会が近づいてきて、モチベーションも上がってきました。

正月に足を痛めて、回復に3ヶ月もの時間がかかり、一時はレースに出れるのか?登りきれるのかと不安でしたが、何とか完走はできそうなぐらいにはなりました。

ただし、この3ヶ月走っていなかったので、心肺能力、脚力なんかはかなり落ちてしまっていて、ほとんど週末しかまともに走れないなか、残り2回ほどの週末だけではもとの力に戻すことは厳しい状況です。

この表富士ヒルクラは、一昨年の第1回と昨年の第2回と継続して出ている大会。特に一昨年の第1回大会は僕自身も初のヒルクラレースだったこともあり、僕の中ではこの大会は、少し特別です。

昨年は大会直前の雪崩れの影響で、コースを5km短縮しての開催だったり、2回連続して天気に恵まれないなど、そういう意味では過去を思い出してもあまり明るいイメージと言うのはないですけどね。正直、過去2回の大会を思い出すと、雨と霧と寒さということしか頭の中には思い出せずに、少し鬱が入ってしまいます。

コースは結構厳しいコースだと思います。コレまでこのレースのほかに出たヒルクラ大会は富士山のスバルラインのMt富士とあざみラインの富士山国際、そして乗鞍。普段から走っているヒルクラコースだと、箱根の大観山と旧道、足柄峠、ヤビツ峠南下があります。これらの中であざみラインは別格だとして、富士山のスカイラインはこのあざみラインの次にキツイコースという感じでしょうか。

あざみ>スカイライン>足柄峠>旧道>乗鞍エコーライン>大観山>スバルライン>ヤビツ峠

こんな感じでしょうか。

ヒルクライムのコースはどこも大体は途中でフラットか若しくは3%以下の傾斜のゆるい区間があって、そこで足を多少は休めることができるのだが、スカイラインはほとんど登りっぱなしだったと記憶しています。なので、勾配的には足柄峠や旧道のほうがキツイのですが、休めるところがないということと、距離も16km超とそこそこあるので、足柄峠よりも上にしてみました。

ちなみにあざみラインは本当に別格。どのくらいすごいんだと思う方は、ぜひ1度走りに行ってみてください。ヒルクライムをやっているならば、1度は登っておくべきだとオススメします。

さてさて、話を戻して表富士に向けてですが、当然ある程度体力や筋力を以前と同じぐらいのレベルまで戻すというのは当然ですが、もうひとつは体重ですね。

僕の場合、ヒルクライマーとしては格段に重い73kgが一応はベストな体重です。できればもう少し69kgぐらいまでは落としたいとは思っているのですが、なかなか73kgを切ることができません。まあ身長もそれなりにあるほうですし、その身長からすれば73kgはベストではあるんです。あとは筋肉量とか骨密度なんかも当然体重には響いてくるでしょう。なので、70kgを切ってくると、今度は体調的にやばくなるのではというものもあります。

ただ、現在は75kgちょっとあります。先月辺りは77~8kgあたりまで増えてしまい、なんとかここまで戻してきました。せめて表富士までには74kg台まで落として、その後1ヶ月で73kgを下回るぐらいまで落としてMt富士に臨めればと考えています。

表富士に俳優の鶴見辰吾さんが出場されるそうです。昨年はMt富士でお見かけしました。この間の日曜に、R134を江ノ島方面に向かって走っていたとき、相模川を渡りきった辺りで反対車線を3人組のおそろいのジャージの集団が走ってきました。見たことのあるジャージ。そうこの鶴見辰吾さんのチームのものでした。

気付くのが遅かったのと、ヘルメットにサングラスといういでたちだったので、この中に鶴見辰吾さんがいたかどうかはわかりませんでしたが、普段から結構乗りこんでいるらしいので、この3人の中の誰かが鶴見さんご本人だったかもしれません。

一応、今年はMt富士をメインのレースと考え、今度の表富士はその前哨戦的な感じで考えています。それでも、レースが近づいてきて徐々にモチベーションはアップしてきている今日この頃です。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

あまぴんさんへ

富士スカイラインに限らず、きつさというのは走り方によっても変わってきます。
あとはいかにうまくペース配分するかとか。勾配から行けば旧道とか足柄峠のほうが断然キツイですけど、途中で足休めになるよな区間があるので、スタートからゴールまで全開で走り続けるということからすると、圧倒的にスカイラインはきついです。一昨年の某自転車雑誌のヒルクラ大会のでは富士山国際と並んで激坂大会(2大会だけ)にランクされていました。

表富士は2番目にきついコース??
私の場合、足付きは当然ですけど
表富士の完走率98%の残り2%にならないように頑張ります。v-91
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。