スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアーがもれる・・・

先週末の好天がうそのような春の嵐の火曜日。

痛めていた足もほぼ回復し、先週末よりやっとシーズンインできた感じであります。

前の記事に書いたように、土曜日は新しく投入したホイール&チュブラータイヤを試す目的で大観山へヒルクラにいったのですが、よく日曜日は同じく新しいIRCのちチューブレスタイヤを試してまいりました。

最初はまたヒルクラに行こうと考えていたのですが、距離も走りたいし、なんだか前日の大観山で登りはもういいやという気分になり、出発前にR134号湘南方面へ行き先を変更。どこで折り返そうか、江ノ島?鎌倉?逗子・それとも思い切って三崎まで行っちゃう?と考えながらスタートしましたが、湘南国際村の坂を登って折り返すことにしてスタートしました。

で、問題のIRCのチューブレスタイヤのFormulaですが、木曜の夜にショップで苦労してシマノのチームレスホイールのWH7801SLにはめたのですが、土曜夕方には前後ともにしっかり空気が抜けていました。土曜に日曜の準備をしてもう一度適正圧(100psi)まで空気を充填。翌朝チェックするとしっかり空気は抜けています。フロントは30PSIぐらいまで抜けていて、リアは完全に抜けきっています。ハッチンソンのチューブレスタイヤの時は最初からタイヤ内にシーラントを注入しておいたのですが、シーラントがバルブに詰まってバルブコアが動かなくなってしまったので、今回はシーラントは入れていません。ハッチンソンの時はシーラントのおかげもあったでしょうが、エアー漏れはありませんでした。なのでIRCのこのエアー漏れには正直参ってしまいます。はめるのもめちゃくちゃ大変だったし。

若干の心配はあったのだが、とりあえずスタート。タイヤの感触を試しながら走り始めます。

前日にチューブラーを経験している成果、乗り心地は明らかに前日よりは良くない。改めてチューブラーのしなやかな乗り味の良さを実感してしまう。それでもWOに比べれば路面の凹凸はマイルドです。グリップもよく自転車を倒しこんでもしっかりグリッピングしてくれます。290gという重量よりも軽い感じがあります。ただハッチンソンののほうが全体的にいいかな~という感じです。なかなかうまく表現できないのですが、ハッチンソンのほうが軽い走行感があります。なんかIRCは微妙に思い気が?今思うと、スタートしてすでに少しづつエアーが抜けていたのかもしれません。それでタイヤと路面の接地面積が広くなり転がり抵抗が増して重かったのかもしれません。

相模川を渡って片側2車線になったR134を東へ走ります。風は向かい風。それでもケイデンス90以上を保ちながら足を回して走ります。心拍は最大心拍の70%ほどで。途中で8人ほどの集団の後ろにつかせてもらったのですが、この集団がいいペースで飛ばしていきます。35~40km/hほどのペースで走るのですが、なぜか後ろについていくのがつらい。3ヶ月のブランクでなまっているのもあるでしょうが、40km/hぐらいにぺースアップされると置いていかれてしまう。明らかに重いんです。いくら踏んでも進んでくれない。38km/hあたりからの伸びがない。エアーが多分だいぶ抜けていたんですね。

途中信号で止まって再スタートするときにクリートはめるのにてこずってこの集団から少し遅れてからはもう追いつけませんでした。

江ノ島水族館の向かいのコンビニで休憩。鎌倉を抜けて湘南国際村に向かいます。湘南国際村は過去3回ほど行っていますが、一般的に湘南国際村のヒルクライムに使う坂が良くわかりません。上り口は2ヶ所あるのですがどちらなのか?いつもいわゆるよく言われる湘南国際村の登りのるーとの反対側を登ってしまっていたような気がしていたので、この日はいつもとは反対側からスタートしてみました。

湘南国際村。確かにキツイ。距離は短いが結構きついです。この日はぜんぜん登りのスピードが上がりません。めちゃくちゃ重い。使っているギア比よりも明らかに重かったです。走っているときは単純に力が落ちているのかと考えていたが、この時点でタイヤのエア圧は半分近くまで落ちていたはずです。何とか登って下りましたが、やはり下りでもスピードがのらなかったですね。

再びR134にもどり今度は西に向かって走り始めます。行きつけのSサイクルの小田原店にいたスタッフの方が現在は茅ヶ崎店で店長をしているので。久々に顔を見によってきました。ここでポンプを借りて空気を入れたのですが、このときリアの圧は何と40psi!おいおい、半分以下まで減っていたのかよとビックリ。もしWOタイヤだったらこの圧では確実にリム打ちしています。っていうかよくコレで湘南国際村を50km/h超で下ったなと。その後も30km/hぐらいのペースでよく走っていたなと。チューブレスだからこそこの空気圧でも問題なく走れたのでしょう。それにしてもこれはひどいです。フロントもリアほどではなかったが70psiぐらいまで落ちています。とりあえずは前後とも100psiまで空気を入れて茅ヶ崎を後にして、岐路に着きました。

せっかくのチューブレスタイヤ。値段も安くないし今回1回歩っきりでお蔵入りさせるにはもったいない。とりあえずシーラントを入れてみてもう少し様子をみてから、今後も使い続けるか判断します。でもハッチンソンの方が僕的には良かったかな?

さてさて、話は変わりますが昨晩、今年の乗鞍のエントリーを済ませました。と言っても、今年も抽選のため、まだ出場できるかはわかりません。昨年は1人だったのですが、今年は団体でエントリーです。当選することを祈るばかり。

psそろそろブログのタイトルの写真を変えなきゃ。いい加減雪の写真は季節外れだろ!

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

シーラント入れてみました

大魔神さん。ありがとうございます。
とりあえず、昨日シーラントを入れてみました。1日経ちましたが、今のところは大丈夫そうです。最初タイヤをリムに装着したさい、コンプレッサーを使ってもビートがあがらず、店長とHさんとでがんばって何とかビートがあがった感じでした。使っていればそのうちなじんでくるんでしょうか。

ビードがきちんと上がってますか?ごみとか挟んでしまってる可能性もあるかもしれませんよ?
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。