スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大観山ヒルクライム&最終兵器投入

いやいや、とうとう表富士まで1ヶ月を切っちゃいましたね。

流石にこのまままともにトレーニングもしないでというわけにもいかないですし、足の調子もだいぶ良くなってきたので、足馴らしというかどれくらい治っているのかということと、今の自分の力がどれくらいまで落ちてしまっているかということを確認するために、あと、先日書いたヒルクラ最終兵器が届いたので、それを試すためにもということで、久々というか今年始めて大観山にいってまいりました。

まあ、細かいことは置いといて、とりあえず足は問題なく登れました。大観山ヒルクラ入れて全部で90kmほど走ったのですが、足が痛くなることはなかったので、順調に回復してきているみたいでほっと一安心。

しかし、ヤッパリ3ヶ月間まともに走っていなかったツケはしっかり今日の大観山のタイムと走ったときの感覚に表れてしまいました。

今までの大観山のベストタイムは1時間6分台。今日は最初から本気で走らなかったとか、向かい風だったとかというのがあるとはいえ、5分遅れの1時間11分。う~ん遅い。おまけに終盤のレーダー局すぎからの区間で、心配的にはまだ余裕があったのだが、もう一踏みしようとしても脚がいっぱいっぱいで踏み込むことが出来ません。以前の感覚だとここで最後のひと踏ん張りが出来たのだが、それが出来ない。脚が売り切れと言うか完全に脚力が落ちてしまったと言う感じ。チョットショック。

それでもとりあえずは問題なく大観山を走りきれたので安心した面が大きいです。

さて、今日投入した最終兵器とはズバリこれです。

WH7850-C24-CL

シマノのフルカーボンホイール。WH-7850-C24-TUです。

カタログ値でF530gR727g。山岳用軽量ホイール。

まずは何といっても軽いですね。この軽さ反則です。そしてハブも新しくなり、ラチェットのつめが増えて踏んだときのロスがなくすぐに力がかかります。そして全体的にカッチリしていて剛性が高いので、下りののコーナーでもしっかり狙ったラインをトレースしてくれます。変によれたりしないので安心です。登りではこの軽さは当然ながら大きな武器ですし、平地でも剛性が高いためか非常に踏んだときの反応が高いです。あとハブの精度が高いのか下りでまるで後から押されているように進んでくれます。

このチューブラーホイール用に買ったタイヤはビットリアのコルサEVO-CXライトです。まず何といっても軽い。240gです。

で、チューブラーの乗り味ですが、非常にマイルドというかいいですね。この乗り味は病みつきになりそうです。クリンチャー全盛の時代でもチューブラーにこだわる人が多くいることが納得です。

roubaix

ROUBAIXにつけるとこんな感じです。

カーボンの比率がまた高くなりました。というか、自分で言うのもなんですが、すごいことになっています。もう言い訳が出来ない仕様になってしまった感じです。

角度を代えるとこんな感じです。

roubaix

最近の流行なのでしょうか、リムにはこんなアイコンが標されています。

aikonn

カーボンリムはあまりブレーキは利かないという思い込みがあったのですが、どうしてどうして非常によく効きまず。まだあたりが出てないですから、あたりが出てきたらもっと良く効くようになるでしょう。でも雨の中では要注意というか雨では使わないほうがいいでしょう。

このホイールを買う少し前に、注文してあったIRCのチューブレスタイヤ、フォーミュラが届きました。木曜日にショップでスタッフと苦労して装着したので、明日はこのチューブレスで走りに行く予定です。

晴れのヒルクラレースではカーボンチューブラーで、天気が良くないときはアルミリムチューブレスでという感じで使い分ける予定です。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

さすがにこれで、ルーベへの投資は最後だと思います・・・。これでレースでのタイムがアップしてくれればいいのですが。

いいなぁ

デュラカーボン。羨ましい。その軽さを味わってみたい!
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。