スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームジャージデザイン完成

レースジャージ
昨年末あたりから話を進めていたチームジャージのデザインがとうとう完成した。

オリジナルオーダージャージ作製という話自体はかなり以前からあったのだがまとまらず、やっと発注というところまでこぎつけた。

チーム名は「Grupetto(グルペット)」

ロードレース用語で、ツールのようなステージレースの山岳ステージなどで、スプリンターやすでに仕事を終えたアシストの選手など、そのステージでの勝利や総合優勝争いをしていない選手がタイムアウトにならないように、後方をまとまって走る集団のことをグルペットといいます。

まったりゆる~く走ろうというコンセプトの下でのチームというか集まりなので、グルペットはぴったりなんじゃないかと。あと、レース開場にこのチーム名のジャージで行ったらなかなか面白いのではということでこの名前に。というか、このチーム名を言い出したのは僕なんだけど、まさかそのままこの名前になるとは思いませんでした。

本当は「Team Grupetto マキュアン友の会西湘支部」としたかったのだけど(笑)

さすがにマキュアン友の会はね・・・。わかる人にはわかるネタなんだけど。あとこれからのグルペットの主はマキュアンからボーネンやベンナーティにうつっていくのかなというのもあるし・・・。

オーダーするのは「WAVE ONE」。デザインは何度かやり取りを繰り返して決定したので、後は注文する人をまとめて発注するばかりです。

2月の頭に発注できれば4月の頭には出来上がってくる。

そうすると表富士ヒルクラにも間に合う。でも注文するのは夏用の半そでジャージ。表富士では薄すぎるかな。アンダーウェアとアームウォーマーをうまく使えば着れなくもないけど。6月のMt富士ではばっちり着れるだろう。

話は変わって、現在主に通勤用に使っているもらい物のケルビム。もらってからいろいろ変遷を繰り返してきた。

普通のロード~ブルホーン化~シングル化~シングルのままドロップハンドル~やっぱり変速ほしくなりダブルレバーで2s×8s化~フェンダーつけてこれでウェット路面も大丈夫

こんな風にちょこちょことあっちをいじってはこっちを変えて、を繰り返してきました。

それでもいくつかまだ変えたいところはあった。1つはブレーキが握りにくいこと。特に下ハン握るとレバーに指が届かない。もっと気軽に乗れるようにしたい。

そこで考えたのがフラットバー化。確かにドロップハンドルはいろいろな面特に長距離では有効だけど、今のケルビムの使い方ではドロップの有効性よりも、フラットハンドルの気軽さ、取り回しの良さのほうがいいのではと思っていた。

そして昨晩とうとうフラットバー化しました。夜中に作業したので、写真はないのですが、ハンドルは以前MTBで使っていたストレートハンドルが余っていたので、ハンドルのクランプ径の違いから、ステムをロード用26mmからMTB用25.4mmのクランプのものに変更(ノーマルステムです)ブレーキはロード用キャリパーブレーキなのでV用レバーは使えないので、ロード用のレバーを購入。変速はダブルレバーなのでいじる必要はなし。

1時間ほどの作業でフラットバーに変わりました。

ハンドル位置を高めにしたために、かなりアップライトなポジションで乗れます。なのでママチャリに乗っているような感じですが、自転車事態はバリバリなロードなので走りは軽快です。ハンドル幅もかなり狭いのでステムは長めなのですが、取り回しはいいです。

通勤にはこのスタイルがばっちりかもしれません。距離短いし。

今度写真はアップしますが、ぱっと見はママチャリというかクロスバイクのようになっちゃいました。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Hさん。了解しました。

はじめて記入します

どうもこんばんは、S社員のHです。
まだ間に合えばでいいんですが、
チームジャージの背中のネーム変更できれば
お願いしたいんですが大丈夫でしょうか?

大きいほうを「S. Hasegawa」
小さいほうを「M . Hasegawa」
にしたいんですが、お願いできますか?
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。