スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝不足から解放される

ここ最近、朝晩が涼しくって多少過ごしやすい日が続いていますね。
台風後は、日中も涼しい日があったりして、仕事で箱根に行ったときなんかは、日が当たらないところでは、肌寒く感じるぐらいでしたよ。

土曜日は午前中は仕事。この日はベルマーレライドのチャレンジライドがあり、目的地も旧藤野町(現相模原市)にある元F1レーサーで今は実業団登録でロードレース(ブリッツェン所属?)でもある片山右京さんが始めた「サイクルステーション藤野」に行ってお昼食べて帰ってくるというものだったので、参加したかったのですが、残念ながらお仕事優先となりました。

お昼で仕事終わって、そのまま車で久しぶりにターンパイクへ。この日も比較的涼しかったので、車にも負担かけずに気持ちよくターンパイクを走れました。目的はスーパーヒルクライムに向けての下見と動画撮り。車に装着したドライブレコーダーを使って撮影。YOUTUBEにでもアップしようかと思ったのですが、速く走りすぎて画像もきれいじゃなくてつかえそうにもありませんでした。
大観山まで走ってそのまま芦ノ湖まで下り、旧道で帰宅。帰宅後は自転車ひっぱり出した来て、3時ごろから自転車で出発。5時前には帰宅予定で出発です。
行先は足柄峠。久しぶりに大口まで回って岩流瀬橋からスタートです。
地蔵堂までは結構快調に走れました。いい調子で地蔵堂入口を通過。頂上までの激坂区間に入ります。相の川橋まではいい感じでしたが、その後の九十九折れ区間ではだんだん厳しくなってきます。脚はいい感じなのですが、いかんせん体が重い!
南足柄(神奈川県)側頂上まで登って、少しだけ休んで下り始めました。いつもは聖天堂のある静岡県側の頂上まで登るのですが。
そのまま関本まで下って帰宅。そんなんで、距離も走行時間もあまり伸びず。

昨日の日曜日は午後から用事が入ったので午前だけ軽く走ることに。
朝早く起きれれば、江の島方面とも考えていたのですが、ツールの個人TTに大興奮だったために、案の定朝早く起きれず。8時ごろに起き、9時半ごろに自転車で家を出発。
当初は丹沢湖を周って帰ってくるつもりでしたが、なんだか箱根や丹沢方面は嫌な雲がかかり、雨降ってそうな雰囲気。まあとりあえず丹沢湖へ向かおうと走り始めましたが、足柄峠ののぼり口の関本付近で、少し雨がぱらぱらと落ちてきてしまった。丹沢湖方面は危険そうなので予定変更。足柄高校の下を抜けて大口まで出て、そこから酒匂川沿いに南へ。足柄大橋渡って、大井高校の横を抜ける道を富士見大橋へ。そこで左折し、新しく開通した高田を抜けて親木橋へ出る道へ。大口からの一連の道は、全体的に軽い下り貴重の直線に近い道なので、下ハンで全開に足を回して走りました。しかしほとんどの区間向かい風なので、思ったほどスピードは伸びず、きつかったですね。
親木橋からはR1で西へ。酒匂川まで出て、そこから酒匂川~狩川沿いに北上。
飯田岡でちょっと寄り道し、県立すわのはら公園(小田原フラワー公園)までの激坂を全力で駆け上がります。自分の中のイメージはコンタドール。まあすぐに垂れましたけど。
登りきったところでUターンしそのまま帰宅。まあ昨日も距離的には35kmほどでしたが、かなり全力で走ったので、まずまず疲れました。

夜はツール観戦。いよいよ今年もシャンゼリゼ。しかし今年は面白いツールだった。序盤の落車連発での有力どころの相次いでの離脱は残念でしたが、その後の特にアルプス入ってからのエヴァンス、シュレック兄弟、コンタドール、ヴォクレールのやりあいは、本当に興奮でした。コンタドールはジロでの疲れもあったでしょうが、序盤の落車による膝の痛みがなければ、コンタドールが圧倒的だったかなとも思います。シュレック兄弟も特に山岳では本当に強い。あとはTTと下りの強化でしょうね。
エヴァンスの優勝は感動でした。かつてはエヴァンスはあまり好きではありませんでした。ほとんど自分からは仕掛けることがなかったですから。TTに強みを持っているためか、山では有力どころに送れずについていけばTTで差をつけられると考えていたのか、山岳で仕掛けることはほとんどなかったです。それがあまり好きではなかったのですが、おととし自分から攻めて世界選手権で優勝したあたりからちょっと見方が変わりました。特に世界戦でのゴールのときのどこか控えめなガッツポーズと、表彰台でのアルカンシェルを獲得したことをかみしめるような表情とガッツポーズ、そして涙を流した姿を見てから、エヴァンスの評価が変わりましたね。その後は結構自分から攻めるようになったし、今年のツールで孤高奮闘ぶりとTTでの速さはマイヨジョーヌにふさわしい走りだったと思います。
僕的にはクネゴが頑張ったと。相変わらずJスポーツの一部の実況プラス解説(○村とか白○とか)がクネゴが大嫌いらしく、腹立って仕方なかったけど、総合7位という成績は素晴らしいですし、コンタやシュレック兄弟に比べればまだまだだけど、山岳での強さを取り戻してきたかなと。クネゴは日本にも何度も来日していて、ジャパンカップでも活躍しているし、日本人にもファンがたくさんいますしね。

ロードレース観戦は、どうしてもツールが終わると、どこか気が抜けてしまいます。まだこの後もブエルタや世界戦。秋のクラシックがありますが、やはりどこか燃え尽き感があり、ブエルタは毎年ゴールまで見れないことが多いです(途中で寝てしまう)。
まあ、これでやっと寝不足の日々から解放されます。

僕は8月末から結構レース予定が入っています。
エントリー済のものは乗鞍とスーパーヒルクライム。
予定では富士チャレ(100kmにするかチームにするか迷い中)、ツールド沖縄。今年は九十九里のTTはあるのかな?沖縄に出ると西湖は日程が重なるので出れません。
乗鞍の1週間前の修善寺のCSCでのJCRCのレースも検討中です。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。