スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は伊勢原~宮が瀬~ヤビツ

先週走れなかったのですが、今日は久々に走れました。
昨日は非常に良い天気だったのですが、3時頃まで仕事だったので走れず。
今日は当初は天気が心配されたが、夜までは大丈夫そうな予報。
で、ふたを開けてみたら、非常に暖かく良いお天気でした。
風が強かったのがマイナスだったけど。

さて、今日もいつものメンバーで。
行き先は、僕の希望を聞いていただき宮が瀬湖に行って来ました。
ルートは平塚集合し、金目川を遡上して小田厚の平塚ICのところで側道へ。
小田厚側道を3人で列車組んで快調に飛ばしながら伊勢原へ。
伊勢原の街を抜け、R246を横断し一路厚木の七沢温泉方面へ。
七沢を抜けて宮が瀬湖に到着。
宮が瀬湖から裏ヤビツでヤビツ峠へ。
表ヤビツを下り、ドーナツ食って中井~大井の第一生命を抜けて帰宅。
距離は110kmでした。
表ヤビツを登って裏ヤビツを通って宮が瀬へというのは何度も走ったことあるのですが、その逆回りは実は初めてです。
厚木の方から宮が瀬を走ってみたかったのですが、ベルマーレのサイクルチームが良く練習で使っているコースのようで、選手たちは宮が瀬から道志道に行くことが多いようです。
ゆくゆくはアタックライドという上級者向けの練習会に参加したので、まずはどんなコースなのかなということで今日はこのコースを走りました。
表ヤビツからだと、最初に一気にヤビツを登って、後は海岸線まで下り基調となります。そのため、最初に運動強度がMAXになり、後は比較的運動強度は下がってしまいます。
今日の平塚から宮が瀬というコースだと、平坦~登り~平坦~登りというふうになるので、レース向けに鍛えるのには確かに最適だと思います。
裏ヤビツも下ったことしかなかったのですが、宮が瀬からの登りですと、全般的に勾配もゆるやかで、下っていたときに感じたようなストレスはあまりありませんでした。ただ、やはり狭いブラインドコーナーの連続ですから、車特に対向車には要注意が必要です。
今日は3人で比較的ゆっくり目なペースで並んで走っていたので、強度的には非常に低かったですが、裏ヤビツをもっと本気で登っていけばかなりのトレーニングになりそうです。
裏ヤビツは夏になりキャンプ・バーベキューシーズンになると車の往来も多くなり、走りにくくなりますが、それ以外のシーズンは雪で閉ざされなければ、自分の思っている以上に走りやすいです。これからは裏ヤビツ登りのコースも積極的に取り入れていこうかなと思います。

さて、いよいよ今年もレースシーズンが近づいてきました。
毎年出場している表富士は、コースがかなり長くキツクなったので、エントリーするかは現在検討中。出たとしても、記録狙いとか言うよりも、本当に完走狙い。しかも途中で足を付いてもいいぐらいの考えです。どうしても開催時期のことを考えると、この内容はナーバスになってしまいます。ま、でもたぶんエントリーするんだろうな。
もう一つ現在エントリ-するか迷っているのが3月20日の修善寺のCSCで行われるJCRCのレースです。
僕のクラスですと2周10kmということ。
CSCのコースはかなりキツイと言うことを聞きますが、事前に走りに行けるとしたら、レース前週の13日しか予定が開いていないんですよね。
勝負するしない関係なく、まずはCSCでのレースがどんなモノか知るために出てみてもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。