スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またパンク

昨日は夜に雨が降り、箱根では雪になったようだ。
今日も箱根駅伝が行われているので、午前中は湘南方面はまともに走れないだろう。
おまけに山に雪が降ったので、山もアウトだ。
たいした雪ではなかったけれども、それでも路面は雪解けの水でぬれているだろうし、日陰では凍結もある可能性がある。
今日も自転車で走るつもりだったが、行き先がない。
どうしようか・・・。
そこで、今日はのんびりと正月の足柄地方を走ってみようと、比較的ラフな格好で、自転車もクロモリのベルマーレ号で10時頃家を出発。
当初考えていたルートは、足柄平野を横切って大井町から中井町に登って、井ノ口を抜けて二宮を通って、R1で小田原というもの。
のんびり走りながら足柄平野を横切り、大井町の東名の大井松田IC添いの道へ。そこの坂を登っていると、どうもリアの変速がおかしい。しかも右脇腹が痛い。
とりあえず、ルートを変更してSサイクルへ。
この変速以上は以前からあったのですが、ワイアーを張り直したりしても直らなかった。
Sサイクルに向かって走っているときに、原因としてある一つのことが頭に浮かんでいた。
Sサイクルに到着して見てもらう。
で、原因は思っていたとおり。
このベルマーレ号には、セストリエールのチェーンをスラム製に替えたときにそれまで使っていたシマノの7900のチェーンを移植したモノ。
この7900のチェーンには上下と裏表があるのですが、もしかしてチェーンを装着したときに向きを間違っていたのではないかと・・・。
で、原因はまさしくその通り。
全くお恥ずかしい限りです。

Sサイクルでチェーンを正しく付け直し、調整をしてもらう。ちょっとした買い物もしてから、Sサイクルを後に。
ちょっと寄り道をしてから、駅伝が通り過ぎて静かになった小田原の街へ。
当初は小田原の市街地をゆっくり走ろうと考えていたが、なぜか小田原通過してそのままR135へ。
真鶴まで行って旧道で戻ってこようということで、そのままR135を真鶴へ。
せっかく真鶴まで来たので、真鶴半島を一周してこようということで、真鶴駅前を左折。
まずは真鶴の先端の三ツ石を目指します。
三ツ石は小学生の時、遠足で行っただけだなと。
IMG_1611.jpg 
駐車場とかがあったところから三ツ石のある海岸までは結構下りていかないといけないので、海岸までは行きませんでした。
ここで野良猫と少しじゃれてから出発。

で、事件発生。
もう少しで真鶴駅前というところでパンク。
丁度駐車場があったので、そこに入りタイヤをチェック。
タイヤには特に異物が刺さっているということはなし。
とりあえず携帯ポンプで空気を入れてみるが、バルブの近くから空気を抜けている音がし、いっこうにタイヤに空気が入っていかない。これは完璧にパンクだ。
仕方なくパンク修理を始める。
しかし、サドルバックを開けると、肝心の予備チューブが入っていない。
マジで帰れないのではと思ったけど、バッグの中からパッチが出てきて一安心。
どうやらリムテープがずれて、ニップルホールがむき出しになり、その穴の角でパンクしたようだった。
しかし、パンクってどうも続くよな。
大晦日にやったばっかりだったいうのに。

なんとか無事に帰宅。
しかし、ちょっと走るつもりが、気がついたら80km走っていた。
カメラも持って行ったのだけど、撮ったのは三ツ石だけ。
どうしても走るのに夢中になってしまうな。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒロ君さん。
この時期の山の道路は本当に怖いですよね。
コーナーの先が凍っていたなんてこともありますから。
写真でも取りながら、ゆっくり小田原・足柄地方をサイクリングと思っていたはずが、どこでどう考えが変わったのかR135を西に向かって爆走。で、パンクというおまけつき。
どうしても走ることに夢中になってしまいます。

No title

お山は日陰凍結危険ですね。箱根駅伝ランナーのようにスッテンコロリン・・・怖いです・・・
でもチョイ乗りのつもりが、80kmですか~調子がいいとつい走ってしまいます・・気持ちわかります。
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。