スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車とは関係ないはなし。

自転車とは関係ない話。

昨日は仕事を休みもらい、富士スピードウェイに行く予定だった。
9月に富士スピードウェイのライセンスを取得した時に、30分枠の走行券をもらっており、その有効期限が今年いっぱいのため、年内にはもう一度走りに行こうと考えていた。

月内の仕事も一段落したので、何とか昨日休みをもらい富士スピードウェイに行こうと準備をし、昨日の朝起床後、さあ出発とヘルメットやドライビングシューズや工具などの荷物を車に積み、途中GSに寄るつもりだったのでその際場合によっては空気補充しなくてはと、家で空気圧をチェック。
と、そこで大問題が。
まず最初に右リアのタイヤからチェックを始めるが、いきなりゲージの針が動かない。
ゲージの故障?
と、よくタイヤ見ると明らかにつぶれている。
念のためほかのタイヤにゲージをあてると、しっかり計測できる。
うお~!右リアパンクしている。
タイヤの周りを目と手でチェックするが特に異物が刺さっているようなものは発見できず。
それでも明らかに空気は抜けているので、いくら空気充填しても、こんなタイヤではサーキット走行はできないので、富士スピードウェイに行くのは泣く泣くあきらめました。
とりあえず、タイヤを何とかしないといけないので、今車にはスペアを積んでいないので、代わりに積んでいるパンク修理キットで対応。
バルブコアを外して、シーラントを注入。そして専用の電動のコンプレサーを車のシガーライターから電源とってそれで空気を充填。
とりあえずエア漏れしているような音も聞こえないので、この状態でショップに行ってきてチェックしてもらいました。
ショップでタイヤ外してチェックすると、ありました。しっかり釘が刺さっていましたよ。
街中をとろとろ走る分ならばこれでも走り続けられるのでしょうが、サーキット走行やワインディング走行をする車ですからこれで走るわけにはいきません。もったいないですがタイヤ交換です。
とりあえず応急処置のほうは大丈夫そうなので、昨日はそのまま帰宅。今日、ショップにタイヤが届いたら交換してもらいます。
しかし、これで釘踏んでパンクしたの9月に続いて2本目だ。
オヤジもよく釘踏むんだよな?
なんでだろう?
家の周りに釘がよく落ちているのか?

タイヤもそれなりのタイヤを使っているので、しかも結構な太さのタイヤなのでそれなりの値段がしてしまうので痛い出費になってしまった。

あ~、富士行きたかったな~。

昨日は11時ごろに帰宅し、午後から暇になったからさあどうしようかなと思案。
ヤビツあたりに自転車ではしりに行こうかとも考えたが、今日の代わりに来月どこかで休みもらって富士に行きたいので、来月休むためにも仕事をしに行きました。

帰宅後、amazonで注文してあったPS3のGT5が届いたので、今日の代わりではないがGT5で富士走りましたよ。
しかしこのグランツーリスモというゲームの完成度はほんと素晴らしい。
初めて富士行く前もグランツーリスモで富士走って、シュミレーションしておきましたが、そういう使い方もできるし、なかなか走れないサーキットも走れるし、実に楽しいゲームです。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒロ君さん。
車にはまったのも自転車がきっかけなんです。
自転車にはまる前は車なんて走ればいいや的な感じでしたけど(ドライブすることは好きでしたが)、自転車よるようになって、自転車での下りのコーナーとかで、安全に下るためにライン取りとか、ブレーキングなんかを考えるようになったら、車で走るときもそういうのを気にするようになって、そうなってきたら、それまで乗っていたATのコンパクトカーじゃつまらなくなって、気がついたらMTのスポーツカーになっていましたよ。
自転車と違ってぜんぜんエコじゃあなくて、時代に反していますけど、これはこれで楽しい世界です。
まあ、ようは走るものがタイヤがついているものが好きなんですよ。たぶん。

No title

ほぉ~車もやるんでね!
勿論MTですか?最近息子が初自動車購入しましたが、6MTでした。
ATの方が楽でいいのに・・と思うことがオヤジですかね?
でもMTの楽しさもよ~くわかります。
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。