スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日の出ライド

以前の記事で書いていた通り、初日の出ライドと称して、伊豆半島の先端「石廊崎」まで大晦日の夜ひたすら走ってきましたよ。

小田原から石廊崎に行こうとすれば、普通はR135を使って、小田原~湯河原~熱海~伊東~河津~下田~石廊崎という相模湾沿いの東伊豆ルートがまあ普通です。あとは三島からR136で修善寺にでて、伊豆の中央を天城峠まで登ってそこから河津に下って海岸沿いというところでしょう。

前の記事でも書いたとおり、この初日の出ライドに参加したメンバーがそんなありきたりなルートを選択したりなんかしません。

小田原からまずは箱根越え。箱根駅伝のコースでもあるR1ではなく、激坂ヒルクライムルートとしてもお馴染みの箱根旧道七曲を登ります。芦ノ湖湖畔からはR1で箱根峠を超えて三島に下り、そこから三津辺りで西伊豆海岸に出て、後はその海岸沿いを走るルートです。

参加したのは女性1人を含む7人。ロード4人。MTB3人です。

大晦日の夜6時過ぎに小田原Sサイクルを出発。メンバーでまとまって走るのでなく、それぞれが自分のペースで石廊崎を目指します。基本的なルートは決めていましたが、途中どこで曲がるとか、どの道を使うかはそれぞれ個人個人が決めます。

ばらばらに走るために、定期的に携帯を使ってメールやBBSなどで連絡を取り合うことに。

箱根湯本途中まではある程度まとまっていたのですが、湯本途中で尿意をもよおし、早くも集団から離脱してしまいました。

1人のほうが人を気にせず完全に自分のペースが保てるというメリットはあるのですが、やはり真っ暗な夜の中を一人で走るというのは寂しいし、精神的に辛い。

箱根の旧道はいつも走っている道ですが、夜走るのは当然始めて。街灯もない真っ暗な中を走っていきます。まだまだ余裕はあり、星空を見上げて楽しみながら走ります。しかし流石に夜の箱根は寒い。箱根峠の温度計は-1度。この辺りまではかなり調子がよく、箱根峠でムーさんに追いつきます。ここから一気に三島まで下ります。寒いので足を出来るだけ回しながら走るのですが、やはり暗いのと、風が強いくあおられてふらつくため、あまり飛ばすことは出来ませんが、それでも一気にスピードを上げて距離と時間をかせぎますが、ここで早くも足に違和感が。三島に降りたところのコンビニで大学生のF君と合流。この下りでかなり身体は冷えてしまった。一休みして3人で走り出したが、足が攣りそうな感覚があり2人から徐々に遅れてしまった。信号などにつかまったりして完全に2人から遅れ再びの1人旅。R136を伊豆長岡まで走って長岡から三津に出る予定でしたが、暗い中初めて走る道。長岡駅前をそのまま通り過ぎR136をひたすら進み続けてしまいました。徐々におかしいと思い始めたがいったん止まってグローブはずして荷物降ろして地図をチェックするのも億劫だったので、そのまま走り続けたがとうとう狩野川を渡ってしまいやっと完全に道を間違えたことに気付く。公園を見つけトイレに入って、携帯のGPSで一確認。完全に長岡を行き過ぎています。ていうか、もう少しで修善寺。長岡まで今来た道を引き返します。時間と体力の無駄遣い。

長岡で西伊豆海岸方面へ曲がり一路三津を目指します。まだ気力は残っている。

何とか三津に到着し、ルート復帰。ここから西伊豆海岸を石廊崎まで目指すのですが、ここからが本当の地獄の始まりでした。

 つづく

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ども~こんばんは。
今日、お話していたサイトです。
参考になさってください。

http://www.sunnysidebike.com/

大変だったみたいですね

お疲れさまでした!話に聞きましたが、大変だったようですね。膝はいかがですか?

やはり、真冬夜に箱根旧道から行きアップダウンの激しい伊豆を走るのはキツいですね~
私にはとってもムリ(笑)
リベンジするらしいですが無理をなさらずに。

続きが楽しみ

お疲れ様でした(^-^)/
その後体の調子はどうです?
改めて見直すとそれぞれの物語があり非常に面白い\(^_^)/
続きのupが楽しみですo(^-^)o
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。