スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士チャレンジ200

日本を代表する差^キットの1つである、富士スピードウェイを走る「富士チャレンジ200」に参加してきました。
今日は朝からあいにくの天気。最初の頃こそ弱雨程度だったが、だんだん強くなり、2時すぎ頃からはかなりの本降りとなってしまいましたが、無事7時間行われました。
一昨年200kmは完走したので、今回はソロ100kmでエントリ-。
2時間57分ほどで100kmを走りきりました。
一応途中休憩はなし。ただ、気温も低く、スタート前から微妙に尿意が・・・。
10周までは我慢したかったが、7周終了時点で緊急ピットイン。急いでトイレに行き、用を足した後休憩せずにすぐさま自転車にまたがり走り出しました。ピットのトイレが使用中で待っている人もいる状態だったので、仕方なくピットビル2階のトイレまで行ったため、結構なタイムロス。ちょっともったいなかったです。

雨のせいで路面がかなりスリッピー。おまけにブレーキもきかず。スタート後の1コーナーの進入でブレーキ握ったら全くといっていいほど効かずにびっくり。周りでも「ブレーキ効かね~」という声が多数上がっていました。
1コーナーやダンロップコーナーでは慎重に曲がり、ダンロップ後の登りも最初からムリせずフロントインナーに落として。もともとこのレースは落車が多いですが、今日のフルウェットな路面のため、落車が相次ぎ、救急車が何度も出動していました。特にコカコーラーコーナーでの落車が頻発。あそこは意外にキツイし1コーナーから下りでスピード乗っている状態で進入するので危険なんですよね。道幅も少し狭いですし、おまけに今日みたいな天気だと、水も流れてきていますから。単独でも落車も多かったですけど、結構2台絡んでの落車が多かったですね。後気温低かったせいか、結構序盤からコースサイドに座り込んでしまっている人も多数見かけました。

今回のためにタイヤはブリヂストンのエクステンザRR1Xを新調。以前のRR1でもすばらしいほどの転がり抵抗を見せていたエクステンザですが、このRR1Xに代わり、それまで結構滑りやすかったところを改善し、グリップを増したにもかかわらず、転がり抵抗もアップ。というすばらしいチェンジをしてきたわけですが、ウェット路面でしたけど、コーナーでも不安なく曲がれたし、転がり抵抗はさすがに良いですね。出来ればドライで試したかったですけどね。

一緒に参加したKさんが初参加で見事200kmを完走。ここ1月ほど仕事が忙しく全く自転車乗れていないと言うことだったので、正直完走厳しいんじゃないかと思っていたのですが、見事制限時間内に200kmを走りきりました。おめでとうございます。
今日はピットではSサイクル常連チームとご一緒。おかげで、僕はお昼には早々に自分のレースは終わってしまったのですが、暇にならずにその後も過ごすことが出来ました。

100kmしか走っていないといっても、結構全開で踏んでいたので、雨の影響もありさすがに疲れました。
でもやっぱりドライ路面で走りたかったです。
ま、それでも200kmはもういいかな。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒロ君さん。
富士スピードウェイを走るのは3回目でしたけど、初めての雨で、晴れならばノーブレーキで曲がりその後の下りで一気に加速する第1コーナーでは、毎周回非常に緊張しました。
コーナーごとにいつも以上に周りを気にして走ったせいか、方がこっていましたね。落車だけはイヤですからね。
こういうレースもヒルクラと違ってまたおもしろいですよ。トレイン組んで走れたりしますので、いわゆる集団走行とも違うので、さほどの危険性はないですから。限界に挑戦するというのはヒルクラと同じです。

No title

お疲れさまでした。

鈴鹿はF1、富士はチャレ200!
大会はベストコンディションで走りたいですね。
でも悪コンディション中で、きんちゃん落車無く完走出来たことは何よりです!
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。