スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々湘南海岸

スーパーヒルクライムから一週間。そして富士チャレまであと一週間。
最近は雨の日が多かったが、今日はお天気はれ。明日は何とか走れそうだけど、もしかしたら走れないかもしれない。なので、今日は富士チャレ前最後かもしれない走り込み。そして富士チャレ仕様(一応その後の九十九里TTや西湖仕様でもある)にした自転車のチェックも兼ねて走ってきました。
スーパーヒルクライムご、激坂対策仕様にしていたセストリエールを、平地コース仕様へ変更です。
まずは、これは富士チャレ用というわけではなく、たまたまタイミング的に富士チャレ直前になったのですが、クランクをフルクラムのコンパクト(50t×34t)からスラムのレッド(52t×36t)に交換。コンパクトを使っていて、ヒルクラ時にインナー34とか36は使えるんです。ていうか、39じゃあ厳しいです。でも下りや平地ではフロント50tじゃあちょっと小さい。トルクかけて走りたい場合、同じギア比でもフロントが大きい方が力をかけやすいと思うんです。でもアウターで選ぶとインナーが39になってしまいます。と、ジャイアントが代理店であるパーツのカタログを見ていたら、レッドのクランクにPCD110で52t×36tというものがあるじゃあないですか。これはまさに理想通りと、どこか安いところはないかとネットを探していて、何かと話題のイギリスのオンラインショップのwiggleを見ると、なんとジャイアントのカタログ定価の半額じゃあ内ですか。wiggleというか、海外サイトからの買い物は経験ありませんでしたが、wiggleは日本人スタッフがいるそうで、日本語対応も完璧だし、実際利用した人の話で発送も早かったし、何も問題はないということで、wiggleで購入。在庫がないと言うことで少々時間かかったが、1月とかからずに到着。取引自体には何も問題なく、国内からの買い物と同じように出来ました。
このクランク、もう1月以上前に手元に届いていたのですが、スーパーヒルクライム対策として、フロントに34tがほしかったので、スーパーヒルクライムが終わるまで交換するのを後回しにしていました。
まず、今週帰宅後に何日かかけてセストリエールからフルクラムクランクを外し、スラムクランクを装着。フルクラムクランクはルーベSLへ移植しました。で、ルーベにつけていたアルテグラはパナソニッククロモリのベルマーレ号に移植予定です。
このスラムのクランク。52t×36tということでフロントディレーラーのキャパシティー的にどうかなと言うのもありましたが、かなりシビアですが問題なく変速します。ただ、かなりシビアなので、調整が少しずれただけで、アウターにチェーンが上がらなくなります。調整幅はかなり狭いです。
今日走った感じでは、アウター52tは平地や下りでは有効ですね。で、インナー36tは以前使っていたこともある大きさなので大丈夫そう。今日のホイールには11t-23tがつけてあったのですが、湘南国際村の登りは問題なくクリアできました。ま、いざとなればスプロケで調整できます。
で、ホイールもDURAのカーボンからスピナジーの45mmハイトのディープリムに交換。これはリムの恥はアルミです。これに11t-23tのスプロケ装着です。

今日の行き先は久々に湘南海岸方面。平塚までR1で平塚からR134をひたすら海岸沿いに走り葉山の湘南国際村を登ってきてUターン。渚橋のコンビニで休憩して、またひたすらR134を帰ってくるルートです。距離は110km。
行きにR1からR134に出るために大磯駅への交差点で信号待ちをしていると、R134方面から1台の青いロードが。黄色いサドルが印象的。ん?もしかしてヒロ君さん?と振り返ると、声かける暇なく走り去ってしまいましたが、たぶんあれはヒロ君さんでしょう。
その後R134へ。R134は平塚市内は1車線で車が多い。しかも高速無料化で西湘バイパスと新湘南バイパスが無料化実験中なので、この両方のバイパスを結ぶ平塚市内のR134はどうしても混んでしまいます。なので、相模川渡るまではスピード押さえて走ります。
新湘南大橋を越えて片側2車線になると車の通行量もぐっと減り、走りやすくなりますので、スピードアップ。35km/h以上をキープしたいのですが、今日は往きが向かい風でかなりしんどい。30km/hオバーをキープして踏み込みます。
帰りは追い風ぎみなので、40km/hキープで走るように江ノ島から茅ヶ崎までがんばりましたが、キツイ。だんだん平均スピード落ちてきて、37~8km/hあたりで何とか走ります。それでも茅ヶ崎でギブアップ。これは来月の九十九里TT想定での練習です。江ノ島~茅ヶ崎でいっぱいいっぱいですから、本番の24kmなんて前回で走りきれるのでしょうか?不安です。
国府津まで戻ってきたところで100km。富士チャレは100kmですからここでのタイムを参考にします。今日は100kmを3時間30分でした。来週の本番は3時間ちょっとぐらいで走れるかな?だいたい100kmの部ってどのくらいでゴールするんでしょうか?
ま、今日の感じでは来週の100kmは全く問題ないでしょう。後は来週どう走るか?一気に100km走るのか?それとも7時間という制限時間いっぱい使って楽しみながら100km走るのか?ま、それはこれから1週間おいおい考えていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒロ君さん。コメントどうもです。
帰りは軽く追い風基調でしたけど、それでも40km/hキープは出来ませんでした。徐々にスピードが落ちて行ってしまいましたね。R134では茅ヶ崎~江ノ島間でよく40km/hキープを挑戦しているのですけど、きついですね。まずムリです。オマケに信号に引っかかった時点でやる気もなくなってしまいます。

No title

お疲れさまです!

行きは向かい風少しキツカッタですね。帰りは確かに追い風でしたが40km/hキープは・・自分には・・チト無理です!帰りに大磯で目撃されるとは・・狭いものですね。
富士チャレ頑張って・・楽しんで下さいね!
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。