スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本選手権

ベルマーレサイクルクラブから、全日本選手権のレポートのメールがきた。
エリートもジュニアカテゴリーも、チームとして目指していた結果は出せなかったそうだ。
選手個人個人もそうとう悔しいだろう。メールからは、内山監督のチームとしての悔しさがヒシヒシとつたわってきた。
クラブチームとして、アジアを舞台に戦っているコンチネンタルチームや、フミや新城といった、ヨーロッパの第一線で戦っているプロ選手たちを相手に戦うのは、非常に厳しいだろう。でも、それでも彼らに真っ正面から挑んで行くのは、応援していて勇気を与えてくれる。その姿こそ、湘南ベルマーレというチームの、クラブの姿勢である。サッカーチームだって、歴史はあるチームだけど、Jリーグの中では市民チームとして、小さなチームである。その小さなチームが大企業をバックにしているビッグチームに挑んでいくからこそ、応援したいと思うし、実際これまでもそしてこれからも応援し続ける。サッカー以外の、フットサルも女子ソフトボールも、企業チーム相手にクラブチームとして挑んでいる。サイクルチームもそうだし、これこそ今のベルマーレの原点なんじゃあないかなと思う。
今回、Ustreamで中継が行われ、それを見ていて序盤逃げの6人の中にベルマーレのジャージが2人も入っていてのは嬉しかったし、興奮した。選手たちは全然満足はしていないだろうけど、それでも見ていて本当に力をもらえた。

きっと、この悔しさが来年のそして次のレースの糧となるんだろう。

今週末からは、いよいよツールが開幕する。Twitterでの情報によると、残念ながら新城はメンバーに選ばれなかったらしい。残念でしかたがない。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

日曜日

せっかくの日曜日なのに、朝からどうもすっきりしない天気の神奈川県西部地方でした。
天気予報は、だんだん良い方へ変わっていたので、今日は走りに行こうと考えていたのですが、朝は10時頃まで家をでれない用事があったために、お誘いをお断りして、一人で久々に足柄峠にでも行こうと思っていたのですが。
6時に起床。空を見るとどんより曇っていて、霧雨のような雨が少し降っている。山の方は雲に覆われていて、雨降っていそう。
とりあえず、朝の涼しいうちに、昨日途中までやっていた、MTBのオーバーホールを済ましてしまうことに。主に通勤用になっているKONAのクロカンMTB。かなり長い期間まともにメンテしていなかったので、ワイヤーは伸びきってさびも出ているは、ディスクブレーキのパッドはもう減っているはで、ブレーキスカスカ状態。チェーンも永いこと交換していない。フレームもかなり汚い。なので、バラバラにしてすべて水洗いし、外せるところはすべて外して、昨日からオーバーホール中でした。昨日の時点ではフレームをすべてきれいにして磨き上げ、ヘッドパーツをきれいにしてグリースアップしてFサス取り付けて、BBもきれいにしてBBとクランクをとりつけ。前後ディレーラーもきれいにお掃除。最後にブレーキパッドを交換(コレが結構手こずりました)そこまで終わっていました。
残るはワイヤーとチェーン。ブレーキは機械式(ワイヤー)ディスクです。ブレーキ、シフトの順でワイヤー張り。チェーンを新しいのを付け、ブレーキの調整。前後ディレーラーとチェーンに注油し、変速調整。最後にもう一度きれいして終了。8時ぐらいに終わりました。
その後は、Mt富士の時に壊れた軽自動車を預けることになっていて、引き取りに来てくれるのを待っているという用事だったのですが、まあ何もしないで待っていても仕方ないので、Ustreamで本日岩手の八幡平で行われているロードの全日本選手権のエリートの中継を観戦です。
こちらの空模様は相変わらずどんより曇りで時々霧雨のような雨が・・・。自転車で走れないことはなさそうだが、ごごまで様子見ることに。
車を取りに来てもらったのですが、そこで見てもらったら、かなりひどいことが判明。正直そのまま走らせるのは危険という診断。なのでそのまま車を持って行かずに帰っていただいて、後でレッカーで持って行くことに。
Ustreamで全日本選手権を見続けます。
我らが湘南ベルマーレサイクルロードチームも参戦。目標としては10位以内に選手を送り込むことと、存在を見せると言うことだったようですがクラブチームとして、ヨーロッパで活躍するプロ選手や、コンチネンタルチームの中でその存在を見せつけてほしいです。
序盤6人の逃げが形成。その中にはベルマーレから小室選手と斉藤選手が入っているではないですか。しっかりベルマーレここにかりということを見せてくれています。
その6人をシャックの別府フミが追走。フミが逃げを捕らえたあたりで、ベルマーレの2人は残念ながら逃げ集団から脱落してしまった。
今年の全日本にはヨーロッパで活躍するフミ、新城、宮澤、土井といった面々も帰国し参戦。彼ら本場で活躍している選手に、国内のシマノや愛三がチームとしてどこまで挑めるかがポイントでした。
結果はフミが優勝。新城が2位。そして驚きが4位の西薗選手(シマノ)。大卒ルーキーしかも東大出身というスポーツ選手としては異色の経歴の持ち主ですが、東大時代も学生チャンピオンとして圧倒的な強さを見せていたし、その経歴の異色さだけでなく、強さでも注目の的となってくるであろう選手ですね。
ベルマーレはあまりチームとしては狙っていた結果は出せなかったようだ。しかし、強豪揃いの中、クラブチームとしてベルマーレここにありというのをみせつけて行ってほしいです。
さて、観戦中に自動車保険のサービス使ってレッカーで車をドナドナしていってもらいました。
全日本終わって天気も相変わらずなので、自転車で走るのはあきらめて、Sサイクルへ注文していた物を引き取りに。ものは後々明かします。テレビのエコポイントでもらった商品券といろいろなところからもらって集めてあった商品券を使って、安く買えました。さあ、何でしょうね~?
Sサイクルで雑談して、その後は車を預けた工場へ。っていっても、いつもインプレッサを見てもらっているショップなんですけどね。
軽自動車の方はかなりの重傷のようです。正直、Mt富士の朝、以上が出て静岡との県境から良く自宅までかえって来れたなというぐらい。はっきり言ってまいりました。

その頃から天気がいい感じになってきて、自転車で走れた感じでしたね。チョットもったいなかったか?

そんな感じの日曜になりました。
早く梅雨が明けないかな~。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

今日はJPT富士山ヒルクライム(応援)

今日は富士山国際ヒルクライムの日でしたね。
一緒に、実業団とJPT(ジャパンプロツアー)の富士山ヒルクライムも行われました。
僕は、富士山国際には未エントリーです。
今の体重では、あざみラインはきつすぎです。
なので、自分は走らずに、ベルマーレサイクルロードチームの応援に須走のスタート地点まで行って来ました。
家から自転車で2時間かからないでいけるだろうと考えていたので、JPTのスタートが10時ということで、9時半前には現地につければと、7時半少し前に出発。自転車は、路面がまだ濡れていたので、カーボンバイク汚すのイヤだったので、クロモリのベルマーレ号で。当然ベルマーレの応援ですから、ベルマーレクラブのジャージを着て。
途中、スタート時間に間に合わないかと焦ってペースアップしたおかげで、9時半少し前には須走に到着。
JPTのレースということで、もっと派手なスタート地点を考えていましたが、まだ選手の集合前のため、選手もまばら。沿道には観客っぽい人が数人・・・。
一度須走の道の駅でコーヒー買ってもう一度スタート地点へ。選手たちが、荷物預けとアップのためにちらほら集まり始めた。
ベルマーレジャージの集団が着たので挨拶。ただ、顔を合わせたことのある選手がいない・・・。程なく平林さんが着たのでご挨拶し、少しお話しさせてもらった。
その後、チームカー見つけたので近づいていって内山監督と挨拶し雑談。
スタート時間が近づき、選手たちはスタート地点へ集合始める。僕もスタート地点の沿道へ。
では、ここからは写真を何枚か・・・。
IMG_2353.jpg 
JPTのチームポイントごとに並ぶために、先頭はブリッツェン。ベルマーレも上位に付けているので前方へ。っていうか、栗村監督(ブリッツェン・手前右の黒いジャンバー着て写真撮っている人)ジャマ!
IMG_2351.jpg 
選手たちもスタート時間が迫ってきて集中し始めます。
IMG_2347.jpg 
一番前はブリジストンの狩野選手。だ~か~ら~!くりりんジャマ!(左)
IMG_2344.jpg 
結構皆さん、エアロスーツなんですね。
IMG_2342.jpg 
ベルマーレの選手の前には福島のお兄ちゃん(晋一選手)。なぜかカメラ目線!
IMG_2339.jpg 
ベルマーレの選手たちも気合いは行って来た感じ。
IMG_2357.jpg 
スタート!
IMG_2358.jpg 
IMG_2359.jpg 
IMG_2360.jpg 
IMG_2361.jpg 
IMG_2362.jpg 
いあ~さすがに速い。あっという間に行ってしまいました。
IMG_2365.jpg 
選手たちの後ろをチームカーが着いていきます。ベルマーレは3番目(ポイント順位)運転手は内山監督
IMG_2366.jpg 
ピンボケですけど監督たのしそ~。選手や監督が着ているジャンバーほしい。

選手たちが去っていき、スタート地点には静けさが。
下ってくるの待っていてもやることもないし、時間もかかるので、天気も微妙な雲行きになってきたし、気温も下がってきたので帰りました。
途中でベルマーレクラブジャージを着た青年とすれ違った。挨拶したけど知らない人。応援に来たのかな?遅かったけど。

須走からの帰りは基本下り。なので、あっという間に12時前には家に着きました。
午後は車のオイル交換へ。

来月、富士スピードウェイでJPTのレースあるけど一般の人の55周するエンデューロレースの前に行われるので(55周って何だ!)、JPTはめちゃくちゃ時間早い。応援いこうかな?
とりあえず、まだ結果は確認していませんでしたが、選手の皆さんお疲れ様でした。

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

WAKO'Sケミカル講習

まずは、昨日土曜日のお話を・・・。
昨日は仕事休んで、ベルマーレライドに参加しようかなと考えていたのですが、天気良くなさそうだったので、午前中仕事に行きました。
午後からは、セオサイクル小田原店で行われた、WAKO’S(和光ケミカル)のケミカル講習を聞きに行って来ました。
工業用油の製造会社である和光ケミカル。なんと言っても地元小田原の企業です。
自動車やバイクの整備工場やチューニングショップには必ずといっていいほどおいてあります。また、工場などでも多く使われているそうです。ただ、そういう業務用中心なので、KUREなどと比べると、一般の人にはあまりなじみがありませんね。
僕は、行きつけのショップでの取り扱いもあったこともあり、また、地元企業の商品と言うこともあり、自転車始めた頃から使ってきました。
ワコーズは、今までは自転車専用という商品は出していませんでしたが、ラスペネやメンテルーブ、スーパージャンボなど使い勝手も良く、非常に性能も良いので、長く愛用させてもらっています。これまでフニッシュラインなども使ってきましたが、最後には性能や使い勝手でワコーズに戻ってきてしまいましたね。今までは、チェーンはフニッシュラインを使ってきましたが、ワコーズから自転車用チェーンオイルが出てからは、チェーンにもワコーズを使っています。
唯一ワコーズじゃないのは、コーティングだけですかね。

なかなか、マニアックな濃いお話になりましたが、非常にためになるものでした。今まで勘違いして使っていたもの、初めて知った使い方などあり、目から鱗で勉強になりました。
自転車ですと、普段から自分でメンテしますから、こういうイベントは有用です。
地元企業だからひいきすると言うことだけでなく、やっぱり良いものは良いですから、自然と使い続けるようになりますね。
今日は、車のオイル交換で行きつけのチューニングショップに行きましたが、そこでも当たり前のようにワコーズ製品が使われていました。(残念ながら、エンジンオイルはワコーズじゃあないんです。ごめんなさい。でも、ブレーキオイルはワコーズです。)

こういうイベントは、あのお店ではチョット珍しかったですが、また第2弾や他のイベントも期待していますよ。店長!

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Mt富士ヒルクライム~まとめ

Mt富士関係の記事は、これで最後だと思います。

今回、ホイールはシマノのカーボンで出るつもりで、2か月ほど前から慣れるために使い続けていたが(これはヒルクラ決戦用なので、普段はめったに使いません)、当日の天気が雨っぽ方ので、準備をした金曜日にアルミの降るクラムのRacing1に交換していました。土曜日になって、予報がくもりに変わり、雨の心配が減ったのですが、ブレーキシューもアルミ用に交換していたし、面倒なのでそのまま今回はRacing1での出走となりました。どっちが良かったのかはわかりません。

土曜日に受付に行って帰宅し、日曜の早朝というか夜のうちに自宅を出発したのですが、ここで問題が発生していました。駐車場OPENの4時には現地に入りたかったので、3時に家を出発するつもりでした。ただ、寝付けなく、2時間ほど寝てあとはうつらうつら状態だったので、2時近くには起きて出発する準備をして、2時45分ごろに軽自動車にて家を出発しました。駐車場で1時間ぐらい仮眠しようと思っていたのですが、国道246を走っていて、神奈川と静岡の県境まであと少しのところで、バッテリーの警告灯が点灯!実はこの車、昨年中古で格安で買ってきたのですが、オルタネーターに問題を抱えていまして、すでに2度ほど発電できなくてバッテリー切れをおこしていました。一応ちゃんと処置はしてもらっていたのですが、幾分かの不安は残っていたのですね、。とりあえず様子見で乗ってみてという感じで使っている状態。ただし、こんなに早くまただめになるとは予想していませんでした。
警告灯が付いて、このまま進むのは危険。でも自宅までならばまだ十分戻れるし、車乗り換えて、余裕で現地まで行けるので、Uターンして帰宅。急いで車を乗り換え、自転車等の荷物も積み替えて、富士山に向かいました。おかげで、5時には駐車場に入ることができましたが、仮眠をとる時間はなくなってしまいました。本当に、これは焦りました。


鶴見辰吾さんのブログを拝見したら、どうやらほとんどこのレースのための準備なし状態で、しかも風邪ひいていたようですね。ヤビツのタイムなんか、僕では全然かないませんから、僕より遅いなんて、体調不良とかメカトラなどではないと考えられませんからね。それでもそんな中でしっかり1時間30分は切ってくるなんてさすがですね。

オールスポーツコミュニティーに、さっそく写真がUPされていました。自分の写真をチェック。やっぱり全体的にふっくらしているというか、丸い!見た目かっこ悪すぎです。しかし、ここ最近のヒルクラ大会の僕の写真は、ことごとくダンシングしているものばかりです。まあ、これはわざと狙ってやっていますから。
ダンシングのほうが目立つしがんばっている感があるので、カメラマンさんにしっかりとらえてもらえるのではという思惑からです。あと、今回は自分の写真を探しやすくするように、ゼッケンをしっかり写るようにというのも気にしました。何やっているんだか(笑)まあ、おかげで、ゼッケン番号から簡単に検索できましたし、ダンシング効果のおかげか、結構な枚数を写してもらえました。

今の80kgオーバーの体重で1時間27分台ですから、しっかり絞れば、ぜったいにもっとタイムアップできるはずです。かつて1時間24分という自己ベストを出したときは73kgでしたから。あと10kg減量すれば、ベストよりもかなりタイムを短縮できると思うのですがね・・・。でも、30過ぎたら、20代のときほど、簡単に減量できなくなりましたね。でもまあ、この体重でこのタイムならば結構いいんじゃね~の、とも思っています。

前日受付のときに、スペシャのブースで試着させてもらったシューズが最高によかった。マジほしい。でも今使っているシューズもまだ1年ちょっとしか使っていないし、安いものでもないですからね。でも、本気でほしい・・・。

前日受付は、受付をするというもののほかに、各社のブースめぐりというのも目的の一つです。で、安売り品の購入というのは今回も目的でした。今回買ったのは、パールのビブと、グローブ2つです。これは当初の目的通りです。あとは、パワープロダクションブースでCCD(ボトル付き)。CCDのボトルは非常に使いやすいです。周りでも結構好評なボトルですが、一般販売していないんですよね。CCDを2箱買うとおまけでついてくるということでしか手に入りません。

今回、僕はゼッケン3000番台で3番目のグループでのスタートでしたが、このグループですと僕の速さでは抜かれまくり状態となります。まあ、抜かれるのはさほど気にならないのですが。どちらかというと、前が詰まっている中を追い抜いて行かなくてはいけないほうが、ストレスになります。でも、追い抜いて行くのも気持ちはいいですよね。今度あえて8000番台あたりからスタートしてごぼう抜きというのもいいかもしれないかな?

まあ、なんにせよ2年ぶりのMt富士。存分に満喫できたかな?

あ、あと大会主催者さん。来年からは育樹祭記念公園は駐車場にしないでください。ほんとお願いします。

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

Mt富士ヒルクラ結果

Mt富士の正式タイムが発表されました。
僕のタイムは、1:27:46でした。
順位も、総合もクラスでも真ん中より上に行けたので、まあ良しとしますか。
ただ、今回は5kmごとのスプリットタイムが計測されなかったのが残念です。
RUNNETにあった自分の写真を見ると、おなか周りがタポついてますね。恥ずかしい。

今年は、一昨年の反省をふまえ、エネルギー補給はしっかり行いました。
スタート時間を考えてパンで軽い朝食。
駐車場でエネルギー系のゼリーを摂取。
北麓公園でスタートの15分ぐらい前にパワープロダクションのワンセコンド(BCAA)を摂取。5合目まで10kmの標識で梅丹のカフェインプラスを摂取。ボトルの中身はCCDでした。
また、攣りやすいのでその防止のために、エンライテンで電解質を摂取。
とりあえず、レース中におなかが減るということはおこらずに済みました。

前記事にも書いたように、サイコンが使えなかったので、ペースは完全に感覚だけでの走行となってしまったは失敗です。

なかなか自分のペースと合う人がいなかったので、ほとんど一人旅状態。回りは気にせず自分のペースで走り続けたのは、良かったのか悪かったのか?
最後の平坦部分では、出来ればどこかの列車に乗ってでしたが、回りに列車も居ないし、後ろに付くのに丁度いい人も居なかった。なので、一人爆走状態。案の乗僕の後ろには列車が出来ていて、牽引役になっていましたが、途中先頭交代要求も考えたが、もう気にせず「俺がひいてやる」という気持ちでガンガン前を引っ張ってやりました。で、最後の500mほどの登りでは、どんどん追い抜かれていきましたが、鬼引きしながら、「俺ってかっこいい~」なんて思っていたので、まあ気にせず「どんどん追い抜いていってください~」っていう気持ちでしたね。
最後はゴール時の写真写りを考えて、何とか単独でのゴールをしたかったのですが、まあ走はうまくはいかなかったです。

残り3000mぐらいのところで、鶴見辰吾さんを追い抜きました。鶴見さんは、同じグループからのスタートで、一番先頭からスタートしていましたから、僕よりも計測開始地点を前に通過しているので、鶴見さんには勝てたようです。鶴見さんのヤビツのタイムには全くかなわないのですがね~。調子悪かったのでしょうか?追い抜くときに「あと少し、がんばりましょ~」と声をかけて行きましたが、結構きつそうでしたね。お仕事お忙しいのでしょうね。

過去に出場したレースのゼッケンを取ってあるのですが、昨年の富士の時のゼッケン番号(昨年はDNSですけど)と3番違いでした。まあ、どうでもいいですけどね。

一緒に走ったTさんやベルマーレクラブのSさんは僕よりも圧倒的に速かったようです。まあ最初から勝負するつもりはないですけど。ベルマーレクラブのNくんは余裕のシルバー。初レースのようだったから、来年はゴールドすら狙えるのではないか?

今週末はあざみラインで富士山国際があります。僕は出ません。ただ、実業団レースもあるようなので、ベルマーレチーム応援がてら、スタート地点まで見に行ってこようかなとも考えています。

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

第8回Mt富士ヒルクラ +育樹祭記念公園駐車場ヒルクラ

僕の今年の開幕レースとなった、第8回Mt富士ヒルクライムが無事終了しました。
もうほとんどあきらめていたお天気ですが、さすがに快晴とはなりませんでしたが、雨は降られず、気温も比較的暖かい中で走れて、とりあえず大満足です。
Mt富士HCは昨年はDNSだったので、2年ぶりの出場となります。今年は試走にもいけなかったので、昨年仲間の試走に一緒について行った以来1年ぶりのスバルライン。レースとして走るのは2年ぶりでした。
初めてレースにベルマーレサイクルクラブジャージでの出場です。
微妙におなか周りがきついんじゃないか?というジャージを着て第3グループからの出走となりました。
グループの後ろの方からのスタート。まあ、どうせ後の組の速い人たちに抜かされまくりますから、前からスタートする必要はありません。
しかし、今日困ったのは、北麓公園を出発してから、ガーミンの調子がおかしかったこと。計測開始地点から、スタートスイッチは押すようにしていたのですが、その前から心拍以外の、標高(勾配)・ケイデンス・スピードがどうもおかしい。ケイデンスセンサーのエラーのような表示が1分おきぐらいに出ます。しかも、走っているのに自動ストップしてしまう。この動作は、普段から激坂なんかでスピードが10km/h以下になったりするとたびたび起きていたのですが、そのときはすぐに再スタートしてくれて、ほとんどロスなく計測することが出来るのですが、今日はストップするとなかなかスタートしない。当然その間時計は止まっていますし、スピード等もカウントされていません。そのたびに、ピーピー音がして、だんだんうっとうしくなってきました。今日は目標アベレージスピードを決めて走ろうと考えていたのですが、当然、そんなモノも正確には計測出来ません。距離も時間もめちゃくちゃ。心拍だけは何とかまともに計測指定るっぽい。しかしコレでは役に立たないので、5km過ぎぐらいで、ガーミンのスイッチを切ってしまいました。そのため、その後は完全に自分の感覚だけでペースを計りながらの走行でした。
でも、そのおかげか、久々にヒルクラレースで追い込んだ走りが出来たようで、ゴール後は自転車の乗り降りや、下山用にアームウォーマーをはくのも一苦労。自転車に乗っても、内もも(膝の上あたり)が痛くて、足の付け根あたりも痛くて、まともにペダリングすら出来ません。一度足を回し始めたら、そのまま回し続けないと、止めてしまうと、そこから再び踏み出すことがキツイほどでした。こんなになったのは、初めてヒルクラレースに出たとき頃以来です。
最近は、ガーミンでいろんな情報が得られるので、それが逆効果で、どこか自分でセーブして走ってしまっているのかもしれませんね。ここは勾配がきついから、少しギア軽くして押さえて走ろうとか、この先きつくなるからそこまでは自重しようとか・・・。
そう考えると、情報を得られないことがかえって、自分を追い込めたのかもしれませんね。
ただ、ベストの頃と比べると10kg近く重い体重ですから・・・。
タイムは1時間30分を越えることを覚悟していたのですが、帰宅後に調べたら1時間28分台でした。かろうじてブロンズキープ。2年前より1分速いです。が、自分の過去のベストタイムよりかは4分遅いです。

いっぱいいっぱいの足で何とか北麓公園まで下山し、お約束の吉田のうどんを食べて、僕一人だけ仲間とは駐車場が違ったのでここで解散しました。他の方々は、ハイランドや北麓公園内でしたが、僕は今年初めてもうけられた「全国育樹祭記念公園」というところでした。で、ここがくせ者でした。北麓公園からずうっと登り。しかも所々スバルラインにもないのではというようなキツイ勾配がある始末・・・。駐車場に戻るとき、たまたま一緒になった方と、「ここはないですよね。レース後にコレは嫌がらせですよね」などと話しながら3km近い道をひたすらインナーローで登りました。まるでヒルクライムを2レースやったかのような感じです。かなり足にきていましたから、終わってからこの仕打ちはいじめとしか思えませんでした。この駐車場は台数も少なかったですし、来年以降は使用しないことを願います。レース中などに痙攣したりとかトラブルを抱えていたら、駐車場まで戻ることすら出来なくなります。大会運営者にはよく考えていただきたいです。

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

本気の勘違い!

いや、マジで勘違いしていましたよ。
自分の中でMt富士は6月第1週という思い込みがあって・・・。
気がついたのは金曜日。
どうも仲間とのメールのやりとりでなんだかかみ合わないなと・・・。
金曜日に気がつかなかったら、たぶん昨日、北麓公園に行っていました。
気がついて良かったです。

さて、で、富士前最後の週末となった今週末。
天気はOK!
昨日の土曜日は、仕事お休みだったので、富士出る人たちと大観山へ。
なかなか長い距離のひるくらいむコースってないんですよね。
大観山が標高差1000mで距離が19km超。
速い人ならば1時間切って登ってしまうが、僕は1時間はゆうにかかります。
まずは本番を翌週に控えて、今の調子を見ます。
結構がんばって走ったのですが、しかし3週間近く乗っていなかったこともありコレが辛い・・・。
タイムは聞かないでください。
はっきり言って、来週の不安だけが残る結果となってしまいました。
コレはいよいよ1時間半のブロンズ脱落もほぼ確実。
ま、今年はムリせず走りますか・・・。
今年の目標は乗鞍とスーパーヒルクライムということで。
Tさんが、この日からいよいよ新車のスペシャのターマックSL3に。
しかし、ポジションをいじったらしく、どうもしっくり乗れない様子。
本番1週間前だって言うのに。来週は新車投入は見送るのかな?

久々の自転車だったのに、大観山でしかも結構本気で走って、おまけに距離も100km超だったので、かなり疲れました。
なので、今日もお誘いがあったのですが、お断りして、一人のんびりサイクリングへ。
カメラとか持って江ノ島まで行って来ました。
自転車はのんびり走るつもりだったので、パナクロモリのベルマーレ号で。
しかし、のんびり走るつもりが、そこそこ一生懸命R134を走ってしまいました。幾分かはいつもよりも押さえましたけど・・・。
おかげで結構疲れました。
どうものんびり走れませんね。

さあ、来週は完走目指して走るぞ~!

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。