スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターンパイクまで1ヶ月切った

今日は、乗鞍だったんですよね。
出たかったな~乗鞍。でも今年は抽選段階で門前払い食らっちゃいましたから。

自分としては、残り1ヶ月を切ったターンパイクでのスーパーヒルクライムが次のレースであり、目標となります。
まだまだ暑い日が続きますが、ターンパイクに向けて調子を上げて行かなくてはいけません。
まあ、一番効果が高いトレーニングはダイエットだとおもうのですが。まあこれは、ゆっくりとだが、少しずつ体重減らし中です。

今日はいつもより早い時間でヤビツへ。
藤棚のコンビニに着いた時はまだ8時ぐらいでしたけど、もう暑い。
やはりこの時期は5時とか6時から登り出すぐらいじゃあないと、暑さは防げないでしょうね。

自転車の方も、ターンパイク向けに、本番仕様にして見ました。
ホイールはシマノの7850-c24-TU。タイヤはビットリアのコルサEVO2。これにシマノの12t-27tというワイドなスプロケを装着。フロントは50t-34tのコンパクトなので、34t×27tという、へたれギアを選択できます。でも、実は本番27tは必要ないのではとも思っています。
このギア比はあざみラインでの富士山国際で使いましたが、ターンパイクは確かに激坂コースですけど、平均勾配がきついがあざみラインみたいに20%超のような超激坂はないんですよね。となると、34t×25tで十分かなとも思っています。ま、27tは保険としてあった方が精神的に良さそうですけどね。

セストリエールにこのシマノのカーボンホイールを装着すると、ブレーキング時にフロントからママチャリみたいなすごい音が出ていました。シューを替えてみたり、シューのトーの角度をいろいろ試してみたりしたが音は鳴り止まず。下り時どころか、平地での信号ストップなんかでも、ブレーキかけるのを恥ずかしくてためらっちゃうぐらいすごい音がしていたんですね。いつも一緒に走っているSさんからコリマの赤いカーボン用シューが良いという話を聞いたので、物は試しと、コリマの赤いシューを試してみました。すると、これが見事にお隣が止まったんです。思いっきり強く握ったときは少しキーキー音が出ますけど、全く気にならない程度。いかにもカーボンリムというような音だけ。ブレーキの効きも問題なし。これで気兼ねなく、カーボンホールを使えます。

最近は帰宅後、日が傾き始めてから、ダイエットとトレーニングのために、自転車で2時間ほど走ったり、ランニングをしています。運動強度的にはランニングの方が短い時間で高い効果を得られるので、ダイエットにはランニングかなと思っています。が、自転車と足で走るのとでは使う筋肉が違うので、50分ぐらいで筋肉が悲鳴を上げてしまいます。心配的には2時間ぐらいは走っていられそうな感じなんですけどね。以前から、いつかは10kmマラソンぐらいは出場できるようになりたいなと考えていたので、少しずつランニングも長い時間長い距離を走れるようになっていきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

夏の旧道はやばい

今日は一人で箱根を登って来た。
湯河原から椿ラインを登るか、三枚橋から旧道を登るか迷ったが、この時期の椿ラインは南斜面で日向で暑く長いので、三枚橋から旧道を登りました。
家を出発したのが7時過ぎ。すでに日も高くなり始め、徐々に気温も上がりだし始めていたが、家からノンストップで旧道に突入。
この時期の旧道は本当にキツイ。マジでやばい。
何とか48分で登り切ったが、七曲がりあたりでは気持ち悪かった。

元箱根のコンビニで休憩&給水し、一路大観山へ。
大観山のビューラウンジ前を通過し、椿ラインを一気に下る。
あっという間に湯河原まで下ってきて、そのまま海岸沿いを県道(旧道)で小田原まで。
そのまま家に帰らずSサイクルによってディレーラーを調整してもらう。
レーシング1のスプロケを、スラムレッドの11t-25tに交換。鉄のインゴットの削りだしというほかにはないスプロケ。スラムのスプロケは歯が欠けている部分がありそこが変速ポイントとなっており、素早いシフトチェンジが出来るということだったが、特にシマノのスプロケと変速性能の違いは感じなかった。ちなみにチェーンはまだシマノの7900を使用。スーパーヒルクライム後にチェーンとクランクをスラムに変更する予定です。そうすると、コンポがすべてスラムで統一されます。

出場を考えていたセオフェス。今年の日程は11月28日だったが、出ようと思ったら、ベルマーレのホーム最終戦と重なった。ホームでも最終戦のような特別な試合じゃあなかったり、アウェイの試合ならば応援に行くのをやめて、レースに行ってもいいのだが。さすがにホーム最終戦では行かないわけにはいかない。
なかなかセオフェスは縁がないのか、日程が合わない。今回で5回目だが、いつも日程が合わなくてエントリーを回避してしまっている。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

富士山一周(家から170km)

夏休み最後の今日は当初の計画通り、家から自走で富士山一周してきました。
今日はめちゃくちゃ暑くなるという予報だったので、ちょっとためらいましたが、雨の心配はなさそうだし、熱中症対策をしっかりすれば大丈夫だろうということで、朝6時少し前に家を出発しました。
今日の自転車はルーベ。ロングライドにはルーベが最適です。ただ、このルーベはちょっとした問題でシートピラー側のボトルゲージが使えません。なのでボトル一本になってしまいます。さすがにそれでは危険なので、本当は荷物は持ちたくなかったのですが、鞄を背負っていき、そこにペットボトルを一本入れておくことにしました。

事前にPCで今日のコースを作っておき、ガーミンのエッジ705に転送しておき、ナビしてもらうつもりだったのですが、家を出発して5kmほど行った関本あたりでエラーが。どうもコース設定にミスがあったみたいだ。仕方ないので一度リセットし、コースは頭に入っていたので(一度走ったことあるし)今度はナビなしで計測開始。まずはR246を目指します。R246は一部分を除いては旧246を使います。R246は交通量が多いし、大型車の通行が多く皆かっ飛ばして走っています。なので非常に危険。あと県境を過ぎた先からは自転車は通行禁止です(走っているバカを良く見かけますけど)。通行禁止区間は路肩も狭く、コーナーが多くしかもけっこうな上り坂。はっきり言って走りずらいし、何より危険。この区間車は皆かっ飛ばしますからね。仮にこの区間自転車通行出来ても走りたくありません。せっかく走りやすく安全な道がすぐ脇にほとんど同じルートであるのにね。
県道394にそれて鮎沢川に沿って走ります。途中で、右に曲がり246を越えて須走を目指します。出だしなので無理せずゆっくり軽いギアで。そういう風に走るとかなり楽に須走まで走ることが出来ます。須走のローソンで最初の休憩。ボトルに給水と軽く捕食。少し休んで最初の難関篭坂峠越え。ここも無理せず走れば以外にあっさりとクリア。篭坂峠の頂上でR138を左にそれて別荘地の中を進みます。一気に山中湖をクリアし、R138を富士吉田方面へ。次の休憩地点である道の駅鳴沢まで順調に進みました。
この頃から徐々に気温も上がり始めたが、以外に日陰を走ることが出来たので、暑さは大丈夫。ただ、連日の疲れが残っているのか、少し太ももあたりに乳酸がたまっている感じが。
ちょっと苦しくなりながら道の駅鳴沢に到着。ここでボトル給水と、ペットボトルにわき水を給水。あとソフトクリームを食べて力をつけます。次の休憩地点は道の駅朝霧高原です。
鳴沢のあたりで再び標高が1000mを越えます。ただ斜度はきつくないので問題なくクリア。本栖湖あたりからはひたすら下り。足も休めながらスピードアップし、一気に朝霧高原の道の駅へ到着。時刻は11時。ここで昼食です。食堂で山菜そばを購入。しかし冷たいおそばはないのかこの時期に。でもさば節を使っただしはおいしかったです。人心地ついてボトルに給水し、さあ出発というところで観光客に捕まります。自転車をやっているという初老の男性。お話ししているとホノルルセンチュリーライドに出場したり、イタリアのドロミテに走りに行ったこともあるそうです。うらやましい。ひとしきり話してさあ出発。朝霧高原の中をひたすら下り続けます。人穴でR139からそれて県道へ。富士宮道路に入る手前で県道72号線に入り、富士山と愛鷹山の間を進みます。ここからは再び登りです。
そういえば前回はここの区間で土砂降りに遭いました。今日は快晴。時刻も正午になりほぼ真上からの日差しのため木陰も少なく、日差しをよけることも出来ません。
奇石博物館を通り過ぎひたすら暑い日差しの中を進みます。一度500m近くまで下がって再び富士山こどもの国あたりの880mぐらいまで登るのを知ってしまっているので、この先の登りを考えると結構憂鬱。
R469に入り、暑い中をひたすら登ります。途中見つけた自販機でコーラを買って休憩。頭から水をかぶり熱を冷まします。この区間、登りがというよりも単純に暑さにやられていました。前回はこの手前で雨に遭ったことで、気温も下がったし自分自身も雨に打たれてクールダウン出来たし、あと雨宿りしたことでいい感じで休憩出来ていたんですね。
あまり無理せず軽いギアで走りながら徐々に高度を上げていきます。富士山こどもの国を通過。登りはあと少し。サファリパークのあたりで最高点。後は御殿場に向かって下るだけです。身オア面はあまり良くないなかを一気にダウンヒル。まるでジェットコースター。こういう時ルーベの真価を発揮します。あれた路面も問題なく通過できます。さすがパヴェで結果を出しているフレームです。
一気に御殿場まで下り、これで富士山一周完了。御殿場のコンビニでアイスとサンドイッチで最後の補給。後は朝来た道を引き返すだけです。
最後はシューズがまだなれていないせいか、足が痛くて踏み込めない。ラチェットやベルクロを緩めて走りますが、あまり踏み込めない。しかもおしりも痛くなってきた。何とか最後家まで走りきって帰宅。走行距離は170km。出発から帰宅まで9時間。実走時間は7時間でした。
しかし、以外に楽に走っていたせいか疲れが思ったほどありません。いつもヤビツとか箱根に走りに行くときの方が距離は80kmとかなのに疲れています。やっぱり楽しすぎたかな?水分補給をかなりしっかり行ったせいか体重もほとんど減っていませんでした。
しかしグランツールに出場するプロ選手はこういうコースを3週間途中2日間の教則日を挟んで毎日でしょ。すごいね。改めて感じました。

これで夏休みは終了。そこそこ乗り込めたかな。体重は以外に減っていないけど。やっぱり体重減らすのは毎日の積み重ねだね。
さあ明日から仕事だ!

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

なかなか天気がすっきりしない。

せっかくの仕事夏休みなのに、連日天気がすっきりしない。
12日は台風の影響もあって雨。
台風が去ったのに、昨日今日とすっきりしない天気。これだと雨が怖くて遠出は出来ない。
台風も関東の遠いとこを通過したので、台風一過という感じにはならなかったですね。

今日は予定では富士山一周を計画していたのですけど、昨日から天気がはっきりしなかったし、朝起きた段階で天気を調べると、どうも静岡の富士宮あたりで降られそう。以前富士山一周した時も富士宮で土砂降りに遭っただけに、今日は富士山一周は見送りました。

昨日は朝方はお寺に行く必要があったので、お寺から帰ってきた10時頃に家を出発。久々にルーベで走って来ました。
当初は旧246~丹沢湖~246~駿河小山~足柄峠~帰宅というルートを考えていたが、走り出して、何を思ったのか神奈川側から足柄峠を登り始めてしまいました。
足柄峠は無理せずゆっくりスローペースで。タイムアタックをしていたわけではないので、かなりゆっくりペースで登ったので、比較的に楽には登れたかな?足柄峠の頂上をそのまま通過。そこからJR御殿場線の足柄駅方面を下りました。ここは狭くてブラインドコーナー多くて結構テクニカルで危険な下り。しかも交通量が少ないので路面にコケが生えているようなところもあり。無理出ずゆっくり下ります。足柄駅まで下ると、そこから御殿場線に沿ってスピードアップ。駿河小山駅も通過しR246に合流。清水橋で左折し、丹沢湖方面へ向かいます。緩く上った道ですけど、ほぼフラット。丹沢湖畔に出る最後のところに1km弱の10%ほどの激坂が待ち受けます。ここの坂はいつも勾配以上にきつく感じます。まあここも無理せずゆっくり軽いギアで登ります。途中玄倉方面へ行き、湖畔に到着。そのまま湖畔を反時計回りに玄倉を目指します。玄倉の商店で休憩&給水。休憩後、湖畔沿いに反時計回りで湖畔を走ります。途中子連れの猿と遭遇。無視です。猿は危険な動物と、小学生の頃よりすり込まれていますから。どうせなら鹿と遭遇すれば良かった。まあ熊とかイノシシは勘弁ですけどね。
丹沢湖を半周してから中川温泉方面へ。中川温泉でUターンし、246方面へ一気に加速して下ります。清水橋の手前で左折し、旧246へ。最初は狭い道。途中から旧246で2車線のほとんど車のこない中を走ります。ここはいつも実に気持ちよく走れます。
その後は洒水の滝のところを通過して内山を通り過ぎて帰宅。

今日は、当初の富士山一周の予定を変更。一人ヤビツ峠に向かいました。自転車はセストリエールで。
ヤビツへは二宮経由で。
久々に名古木からタイムアタック使用可と思ったら、藤棚のコンビニでTさんと遭遇。そこからTさんと一緒に登って来ました。いい感じに上れるかなと思っていたら、ダメダメでしたね。名古木から40分切りなんて狙っていたのに、名古木から参考タイム(途中藤棚のコンビニで止まったので)で44分でした。40分切りなんて夢のまた夢です。
今日は2本上るつもりだったので、一度Tさんとコンビニまで下って休憩。Tさんはここで帰宅。今度は1人で2回目のヤビツに登ります。2回目はタイムアタックとかはするつもりはなかったので、最初からゆっくりまったり軽いギアで走りました。おかげで比較的余裕を持って走れましたね。たぶんタイムはコンビニからで50分ぐらいはかかっていたんじゃあないかな?
ヤビツの頂上で休憩後下山。そのままノンズトップで二宮経由で小田原まで帰ってきました。

明日はいろいろあるので走れないかな。夕方から少し走ってこようかとは思っています。
16日まで休みなんですが、16日の天気が良ければ富士山一周しようかなと考えています。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

夏休みの予定

今日から仕事が夏休みなんだが、初日に雨とは・・・。
台風の影響みたいですけど、台風全然離れているじゃん。

鎖骨骨折したのは去年の明日ですね。もう1年か。早いな。
鎖骨の方はもうすっかり問題なし。
1ヶ月ほどで自転車には復活できたけど、あの骨折はいろいろ痛かった。
まずはなんといっても骨折のために乗鞍を走れなかったこと。
乗鞍までは行ったけど、応援で終わってしまった。
またあの乗鞍のすばらしいコースを走りたかっただけに残念。まあ自業自得ですけどね。今年は乗鞍は落選のため不出場です。
転んだ瞬間は記憶が飛んでいるので、痛かったとかそういうのは全くないですね。おけげでたぶん何の恐怖心もなくDHは出来そう。でももうもうあのドロップオフを含め、飛べそうにないところは飛ぶことはないでしょう。
DHもまた始めたいけど、自転車を売っちゃったからね。クロカン用MTBならばあるので、ちょっとした簡単なコースならば何とか走れそうだけど、富士見のA・Bコースなんかは無理かな。

今年の夏休みは基本的には近場をロードで走り込もうと思っています。14日あたりに富士山一周をしてこようと計画中です。富士山一周は5年ぐらい前に1度やっています。やっぱり夏休みの14日に。このときは自転車はまだアルミのキャノンデールだったな。
自宅を出発して、左回りで篭坂峠を越えて、山中湖~富士吉田~鳴沢~朝霧高原~富士宮~御殿場って感じでで一周してまた自宅に戻ってきます。距離はパソコンの地図でルートを作成したところ160km超。これをedge705に転送してナビとします。ただ、コースは結構そのときの思いつきで変更するとおもいますが。
自転車はセストリエールではなくルーベで。ただルーベだと問題は簿散るが1本しかさせないこと。荷物は基本的に最低限の物しか持たないつもりなので、こまめに休憩しながらボトルに給水していきましょう。
前回挑戦時は富士宮で土砂降りに遭うという不運。このときは天気予報では雨の心配はなかったはずだったんでしたけど、山の天気はわかりませんね。

さあ、どうなることやら。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

今年のこれからのレース

今後の自分の参加するレースを考えてみた。

すでにエントリー済みなのが次の2つ。
スーパーヒルクライム(ターンパイク9/26)
富士チャレンジ200(100km 富士SW 10/9)

エントリー予定のもの
ツール・ド・ジャパン西湖ステージ(西湖 11/14)

開催されて、日程が合うのならばエントリーしたいもの
セオフェス
BikeNaviGP日産スタジアム

こんなところです。
あとジャパンカップのチャレンジレースに今年も参加したいと考えていましたが、なんだか今年からチャレンジレースの参加資格にJCF登録者っていうのが入っているんですよね。
このレースのためだけにJCFに登録ってのはちょっと・・・。しかし敷居を高くしてきたね。まあ昨今の自転車ブームで自転車人口増えたから、サイクリングイベント的な感覚で参加する人を排除したいというのがあるのでしょう。あのレースはスケジュール的に結構詰まった厳しいものだし、コースもかなり厳しいもの。実際去年もかなり落車している人いたし、特にくだりが危ないですからね。結構下り方が危険な人も見かけました。あと足切りがきびしく、途中リタイヤになってしまうひとも多いですし。でも、参加しにくくなってしまったのは残念です。まあ思い切ってJCFに登録しちゃえばいいんですけどね。

西湖は昨年は日程が合わずに参加しませんでした。おかげでクラスがXクラスにされてしまいましたよ。
セオフェスは毎年出たいと思っているレースです。ただ、会場がちと遠いということと、コースがいまいちなところでいつも参加に2の足を踏んでしまっています。
BikeNaviGPですが、北播磨以降のレースの発表がありません。今年は日産スタジアムのエンデューロはないのかな?日産スタジアムでは別にアンカーだったかの大会があるみたいですけど。あしがらは復活しないかな?BikeNaviも場所、日程がちょうどいいのがあれば参加したいです。

せっかく自転車も新しくしたし、もっともっと積極的にレースに参加したいですね。西湖はクラスも落ちちゃったし、表彰台を本気で狙っていきたいですね。
エンデューロレースも2時間ぐらいまでのに出たいです。それ以上はきついかな?

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

久々

毎年、8月の頭に一年で最大の山場となることがあるので、いつも7月中旬頃から少し自転車はおさえ気味になります。軽く走る程度はしますけど。
今年もその山場をとりあえずは乗り越え、何も気にせずに当分は好きなことを好きに出来るようになりました。なので、今日は久々に本格的に自転車ライドを。
まあ、先週の木曜あたりから、夜練を始めているんですけど。

今日は仲間と久々にヤビツへ。
昨日は日本一暑い街でもある熊谷に行っていたのですが、からっとして風があって以外に過ごしやすかったです(日陰は。日向は地獄でしたけど)。
今日は朝から蒸し暑く、気温自体は昨日ほど上がらなかったが、自転車で走っている分には良かったが止まると地獄のようでしたね。

久々のヤビツ。蒸し暑い中、まずまずの走りが出来たでしょうか。
徐々に9月26日のスーパーヒルクライムに向けて体を作っていかないと。

10月に富士スピードウェイで行われる富士チャレにエントリーしました。もちろん100kmで(笑)200kmは完走出来たのでもうおなかいっぱいです。今回は仲間のサポートと、会場のブースなんかを楽しむためです。あと100km思いっきりノンストップで走ってみたいです。
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。