スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール終了

今年のツール・ド・フランスもとうとうフィナーレを迎えた。
総合優勝の証し、マイヨ・ジョーヌに最後に袖を通したのは、アスタナのアルベルト・コンタドール(スペイン)。
戦前の予想通りといえばそうなのだが、今年のコンタドールは去年とは違った苦しみの中での勝利となった。
あの、アンディ・シュレックのチェーンが外れたときのアタックに対して、いろいろ文句を言う人も居る。でもそれも勝負のうちだろうし、当の本人たちはすでに解決している問題(本音ではわからないけど)だから、外野からいつまでもとやかく言うのもどうかと思う。
じゃあ、あそこでアンディがチェーン外れなかったら、コンタドールが待ったならば、アンディが優勝していたのか?といえば、そうかもしれないし、そんなことはなかったかもしれない。2人の最終的なタイム差を見ればちょうどあの日に付いたタイム差と同じだけど、あの場面がなければ、単純には同タイムなわけだけど、ああいうことがなければアンディがタイム差つけたかもしれないけど、もしかしたらコンタドールがアンディに対してもっとタイム差をつけたかもしれない。あのようなことがあったから、コンタドールの優勝の価値が下がるとは思わない。むしろそういった逆境をも跳ね除けて、最後にしっかりマイヨ・ジョーヌに袖を通したコンタドールは本当に強いし、これでより一層強くなったのかもしれない。
そのコンタドールに最後までアンディ。昨年も強かったが、それ以上に本当に力をつけて来たと思う。特に登りではコンタドールと同等かそれ以上の力を見せ付けてくれた。また、TTもしかkり総合争いの中で遅れることのない力を見せてくれたと思う。これからまだまだ伸びしろがたっぷりあるのだし、今後の活躍が本当に楽しみである。アンディもコンタドールもまだまだ若いし、この2人がこれからのロードレース界でライバルとしてしのぎを削っていくつ者素晴しい勝負を見せてくれるだろうことを、このツールで知らしめてくれた。

序盤苦しんだカヴェンディッシュも終わってみればステージ5勝。今回のステージ初勝利の時の涙は印象的であった。コンタドールといい、カヴェンディッシュといい強ければそれだけバッシングというものも受ける。当然それはプレッシャーとして本人たちにも襲い掛かってくるし、それを跳ね除けてこその真のチャンピオンなのだろうけど、コンタもカヴもそれを魅せてくれたと思う。これはかつてのランスもそうだったし、バッシングされることはある意味、強さの証しなのだろう。

2年連続の出場そして完走となったブイグの新城。今年は先にジロでも完走し、ステージ3位など、存在感も見せ付け、そんな中フランスチームなの中でただ一人フランス人以外の選手として選ばれ、しっかりその存在感を魅せてくれた。平坦ステージではアシストもしながらしっかり自身もスプリントに絡み上位に名を連ね、その他のステージでも積極的にチームを先頭で引っ張るなどアシストとしてもしっかり働き、プロトンの中でそして世界中に、新城幸也という日本人選手を知らしめてくれたと思う。昨日の最終ステージでは、コンタドールやアルカンシェルのエヴァンスとも話を交わして一緒に記念写真を撮っていたが、これはカメラマンがプロトン内で尊敬されているカメラマンの砂田氏の頼みということもあっただろうが、それ以上にすでに新城がプロトン内でその力を認められ、一定の地位を築き、尊敬をされるようになっている証しだろう。新城はジロとツールでその力、可能性を見せてくれたし、今後どういった選手になっていくか益々楽しみになってきた。

8月末からは今度はブエルタも始まる。その直後には世界選手権もあるし、その後にはジャパンカップもある。まだまだロードレースから目が離せない。

この週末は、僕自身はほとんどまともに乗らなかった。まあ今度の週末までちょっと自転車はお預けにするので。それでも土曜日は夕方地蔵堂までクロモリのベルマーレ号で軽く走ってきた。昨日は平塚までサッカー観戦に自転車で行ってきた。
しかし本当に毎日暑い。気をつけないとマジで熱中症や脱水症状になってしまう。
今年のお盆の休みは、基本的には家にいる予定。去年13日お盆なのに富士見パノラマにDHや入りに言って、バチ当って鎖骨骨折なんて最悪なことになったので、今年はしっかり家に居ようかと。まあそれでも家の周りを乗り込もうかとは思っている。休みの間のどこかでロングもやりたい。一応富士山一周をまたやろうかなとは計画中である。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

今日も暑かった

今日も暑かったですね。
こうも暑いとどこ行っても変わらないので、むしろ山の上に登っちゃった方が涼しかったりしますね。
R134の湘南海岸は、この時期は日を遮るものがなくて暑いし、車は多くて渋滞するし。おかげでアスファルトの照り返しだけでなく、車からの熱もあって余計に熱くなります。まあこの時期のこのコースの良いところは、水着のねーちゃんたちが見れることですかね。

ま、そんなんで、湘南海岸平坦コースはこの時期はあまり行きません。朝早い時間に車が混み出す前に帰れるようになんかで行くことはありますが。
となると、もう行き先は山しかないわけで。
今日は、追い込んだ走りとかするつもりもなかったので、まあサイクリングペースで走れればと。こういうときいつも走るのが。自宅~地蔵堂~矢倉沢峠~長尾峠~東山湖~足柄駅~足柄峠~自宅というコースです。
地蔵堂の少し先、丁度地蔵堂と夕日の滝の入り口との中間点あたりに黒白林道という林道の入り口があります。この林道は許可者以外自動車は通行禁止。まあ、不届き者がいますので、数台は必ず車に出会いますが、交通量は全くないといってもいいので、車を気にせず道を広く使って気持ちよく走れます。ちなみにこの黒白は「こくびゃく」と読むらしい。最近まで「くろしろ」とそのまま読んでいた。地元なのに。恥ずかしい。途中から明神林道と合流するので、「林道 黒白・明神線」と途中の標識には記されています。
この林道は、箱根外輪山の明神が岳の中を走っていくので、深い山に囲まれて、街の喧騒からは完全に隔絶されています。聞こえる音は、谷底から聞こえる水の音や、木々が風にそよぐ音。鳥のさえずり。虫たちの鳴き声。後は自分の自転車のチェーンの音、自分の気づかいです。なのでこの道を走るときはいつもタイムアタックとかはせずに、そういった自然を体で感じながら、ゆったりサイクリングペースで走ります。
木々に覆われているので、木陰が多いので、この時期はその木陰を選んで走ると、暑さも和らぎます。最初と終盤に勾配のキツイ区間がありますが、全体的には3~5%程度の登りやすい勾配が淡々と続くので、ツールでのNIPPOの宮沢選手の話ではないですけど、淡々と走るには最適です。矢倉沢峠のしたをくぐる金時隧道を越えて下るとそこは仙石原の公時神社の横に出ます。でR138を乙女峠方面に進み、仙石ゴルフの先を左折。そこから緩い登りを3kmほど進むと長尾峠です。この3kmの道は、箱根の隠れた絶景ポイントです。途中から左手から、仙石原のススキの原、大涌谷、眼下にはゴルフ場群、そしてその先には芦ノ湖が見えます。ここから見ると箱根がカルデラだということがよくわかります。
長尾峠のトンネルをくぐるとそこは静岡県。目の前にはどどんと富士山。が、今日は雲に隠れていました。
そこから一気に御殿場方面へ気持ちよく下ります。東山湖のところを右折し、御殿場プレミアムアウトレットの近くを過ぎて、御殿場線に沿って走ると、御殿場線の足柄駅につきます。足柄駅前にはコンビニがあるのでここで休憩。足柄駅のところで踏切渡って右に行くと足柄峠に登る道になります。もしくは、ここからさらに御殿場線に沿って走り、駿河小山まででて、白旗神社のところからも足柄峠に登れます。こちらの方が道は広いです。最初ゴルフ場の中を走るのですが、この区間がキツイ。しかも日陰がない。なので今日はこのルートはパスでした。このルートはゴルフ場の中の激坂区間をゴルフ場のクラブハウス前まで登るとその後は登ったり途中下りもあったりと楽になります。
今日登った足柄駅からのルートは道も狭く、木々に囲まれて林道という雰囲気があります。5%超の登りがつづき、途中10%近くにもなりますが、ゆっくり登る分には以外に楽に登れます。特にこの時期はこちらは木陰だらけなので、比較的涼しく登れます。ただ、このコースを下るのはちょっとテクニカルすぎて危険です。
今日は全体的にゆっくり走ったので、足柄峠頂上ではさほど疲れはなかった。そのまま頂上を通過し、足柄峠の神奈川県側を一気に下ってきました。地蔵堂の上の区間では81km/hを記録(アホです)。最高速更新です。以前アルミのキャノンデールでこの区間で80km/h出しましたけど、そのときはなんだか変な振動が起こり始め、すぐにブレーキ握りました。セストリエールでは80越えてもそういったことはなかったですね。でも、皆さんこんなアホなことはまねしないでくださいね。一応僕も安全だけは確保してやっています。

距離的には60kmちょいしか走りませんでしたが、登りが多かったので、距離以上に走りがいが有ります。ただ、今日は全体的にゆったりペースだったので、さほど疲れは出ませんでした。

今日は日陰を選んで走ったり、CCDなどとは別に、水のボトルを持って、走りながら首筋や頭に水掛ながら走ったおかげで、暑さにはやられませんでした。
しかし、このクソ熱いなか結構みんな走ってますね。足柄峠でも結構自転車見かけました。

今年のツールもいよいよ3週目、大詰めです。さあ、ここから大きく動いたりするのか?

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

暑かった

昨日一気に梅雨明けし、じめじめの梅雨空から一気に夏の空と日差しに変わった。
雨が降らないのはうれしいが、このジリジリくる暑さは自転車乗るのにはいやだし危険だ。
昨日は午前は仕事で午後は車の点検やその他買い物があったので走れなかった。
今日はいつものメンバーと走ってきた。
行き先は先週行けなかった箱根の旧道。
いやもう、今日は旧道の勾配との勝負というよりも暑さとの戦いだった。
タイムアタックとかは最初からするつもりはなかったので、序盤からゆっくり入っていったが、まず女転ばしの坂あたりからきつくなり出す。
七曲がりでは暑さでだんだん気持ち悪くなってきてしましい、途中何度足をつこうとか引き返そうと思ったことだか。何とか意地と根性でめちゃくちゃゆっくりだったが走り続けた。七曲がり区間でゆっくり走ったおかげか、猿滑りの坂は意外に足が残っていた。でもぜんぜん力は出なかった。
何とか旧道登り切って、そのまま元箱根もコンビニへ。箱根の上は雲が出ていたし風もあったのですこし涼しかったが、もうちょっと上も暑かったら、熱中症になりかけたかもしれない。元箱根のコンビニに着いたときはちょっとやばかった。
コンビニで涼みながらアイスや水を購入。コンビニ出て買った冷えた水を首筋を中心に頭にかける。気持ちいい。
夏はやっぱりボトル2本体制で、一本には水を入れて走りながらあたまとかにかけれるようにしないとね。
寒さもやだけど暑さもいやだね。
帰宅後は冷房効かせた部屋でお昼寝しました。

そうそう、あと前からショップに頼んでいたレジモス青がやっと入ってきて、今日から使いました。
かぶった感じモストロよりもかぶり心地が良くて、モストロと同じように軽くていいねこれは。
シューズ、ヘルメットもこれでやっとそろいました。
自転車も含めて全体的に青基調となっています。

久々、箱根1国(途中まで)

昨日の日曜日は、いつものメンバーと箱根へ。
8時にいつもどおり、平塚に集合。
天気予報は午後から雨っぽい。
どこに行こうかと話になり、「じゃあ、サクッと箱根旧道でも行きますか(笑)」と。
サクっと?旧道?
サクっとって。旧道じゃあザックリだよ・・・(笑)
で、平塚からR1を再び小田原に向けて3人で走り始めます。
小田原までは、サクっとですね。3人で先頭交代しながらですから。あっという間に風祭のローソンに到着です。
箱根登るときは、だいたいこのコンビニで休憩してから。
ただ、箱根方面の空はちょっと怪しい。
まだ雨は降っていないだろうが、そのうち降り出しそうな雰囲気である。
昨日は3人だったが、1人は茅ヶ崎人。僕と小田原人のもう一人は旧道登って下って小田原で昼飯食べてからでも、雨降られる前には帰宅できるだろうが、やはり茅ヶ崎人のKさんは、運が悪いと帰宅途中に降られるかもしれない。ということで、できるだけ速めに帰ってこれるように、予定変更でR1を宮ノ下までとなりました。
R1を登るのは久しぶりだ。
箱根新道が例の高速無料の社会実験で無料になったので、そちらに車は流れていくだろうから、R1は交通量が減っているのじゃあという考えだった。
たしかにいつもよりは交通量少なかったが、それでも車が多い。路肩にも砂が浮いていたりで相変わらずR1は旧道に比べて走りにくい。
昨日は気温がさほど上がらなかったので、走っている分には涼しい。が、湿度が高かったので、留まるとめちゃくちゃ蒸す。
そんななか、たんたんとR1を登った。
思ったほど登れないという感じであったが、まだまだシューズがなじんでいない感じだろうか?
しかし相変わず自転車から異音がする。
異音解消のため自分でも、そしてショップでもいろいろやってもらったが、最初はおさまるが、何度か乗るとまた音が鳴り出す。たぶんBB周りだと思うのだが、ヘッド周りのような気もする。もう半分あきらめて気にしないように使用とも思っているが、それでもやっぱり気になる。
BB周りはいろいろ調べたし、組み付け直したりした。とりあえず昨日は帰宅後にヘッド回りも一度すべてはずしてグリスアップして組みなおしてみた。これでまだ音がすれば確実にBB周りが原因だろう。

まあそんな感じで昨日は午前中だけ走った。
距離は75kmほど。
R1の登りではあまりがんばらなかったためか、疲れはなかった。
最近セストリエール乗っていて思うのだが、クランクをノーマルに変えようかなと思う。ヒルクライムではコンパクトがいい。が、平地や下りではフロント50tだと小さすぎる気がする。特に下りでは50t×12tだと完全にギアがたりない。今後富士チャレとか他にも平坦系のクリテリウムレースとかも考えているので、そうするとフロント50tは小さいか。
前回の記事でアップデート終了なんて書いたが、終わったと思っても次から次へと新たな思いが湧いてくる。まったく持って困った話である。
確か53ー39でクランク長172.5のアルテグラがあまっていたはず。でも、SRAMコンポの中にアルテグラクランクはちょっと・・・。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

アップデート完了

最近は、週末の天気予報が良い方に外れますね。
今日も当初の週間予報なんかだと雨だったので、今週末は走れないか~と思っていたら、朝起きたらなんだか天気良い。予報見ると雨の心配はなさそうだと。
それでも自分の中では予定も考えていたので、それを少し修正して走ってきました。

いきつけのSサイクルに注文しておいたシューズが入ってきたので、それを木曜日に受け取ってきたので、そのシューズにクリートをつけて位置決めをしました。元々今日は雨予報でしたから、ローラー台に自転車をセットしてクリート位置決めをしようと当初から考えていたので、今日の天気を見て少し修正。午前中ローラー台でクリートの位置を決めたら、午後からは実走にて最終的なクリートの位置を確定しました。
まず、これらの作業をする前に、市役所に行って期日前投票を済ませて来ちゃいます。
そして帰宅後に自転車をローラー台にセットし作業開始です。

まず今回新たに購入したNEWシューズ。
ガエルネのGミストのカーボンソールです。
これ↓
シューズ1 
シューズ2 

ガエルネは以前使用していたのですが、甲高の僕の足にはかなり良く、今まで使っていたスペシャの次はまたガエルネにしようと思っていたので、その通りガエルネにしました。
クリート位置がまだ確定前なので、母指球位置に印のテープが貼ってあるのはご愛敬です。

また、今回当然クリートも新調しなくてはいけなかったわけですが、じゃあどうせならばとペダルごと交換しました。
これ↓
ペダル1 
ペダル2 
LOOKのKeo2MAX(ファイバー)です。
ケオブレードカーボンという選択もありましたが、いかんせん高すぎです。今回シューズのほかにもいろいろ新調しているので、ブレードカーボンは手が出ませんでした。
シューズを使ってみた感じは、特にこれといってないです。今まで使っていたスペシャやガエルネと変わりません。ただ、今までのスペシャよりも重いです。
ペダルは踏み面の幅が広がった感じはかなり感じます。今までよりもしっかり踏めます。

また、少し前にサドルもfisikのアリオネからprologoのスクラッチプロnackに変更しました。
これ↓
サドル1 
サドル2

サドルを違うものに替えるのはかなり覚悟いりましたが、使ってみた感じはかなり良い感じです。全体的には柔らかめな感じですが、ペダリングに影響するほど柔らかくはありません。同じprologoのナゴシリーズと比べると左右に丸みを帯びているので、ペダリングの時に内ももにサドルのえらが引っかかる感じもありません。おしりが安定するので、どっしり座る感じにはぴったりです。非常にいい感じです。これは交換して正解でした。ルーべを買った際にスペシャのトゥーペで失敗していただけに、正直交換は怖かったのですが、思い切って良かったです。

後、ダブルタップレバーのブラケットカバーをSRAMの純正のホワイトに交換しました。
こんな感じ↓
ブラケット 
バーテープの端がはがれかかっているのは見なかったことにしてください。

全体的にはこんな感じになりました。↓
全体 
後輪がローラー台専用タイヤになっています。
周りが散らかっているのは気にしないで下さい。

なんだかちょこちょこといじっています。

午後から自転車をローラー台から外して、クリート位置合わせもかねて軽く走ってきました。

行き先は地蔵堂です。
さすがに新品シューズでクリート位置も完全に決まっていない状態で足柄峠はやめました。っていうか、今日の暑さでは足柄峠頂上まではきつかったです。地蔵堂で気温は28度ですから。
走り出して、近所の坂を登ったりしながらクリートの感覚を確かめます。左は良さそうだけど、右が少し前寄りか?
途中、ベンチのあるところで右のクリートを少し後ろ、Qファクターも狭めた位置に移動。するとしっくりきました。
そのまま足柄峠を登り始めます。いい感じで登れます。うまく母指球位置で踏めていますし、クリートの位置は問題なさそう。でも暑くてだんだん気持ち悪くなってきた。
予定通り地蔵堂の入り口でUターン。
少し下ったところで一人のローディーとすれ違う。
「ん?最近ブログで知り合ったヒロ君さんの自転車に似ている?」
と思い、再びUターン。もし足柄峠の頂上だったら追いかけるのやめよう。地蔵堂までならば?と地蔵堂まで登っていくと地蔵堂の入り口で止まっていたので、声をかけてみると、やっぱりヒロ君さんでした。
地蔵堂のお堂の方へ移動していろいろお話しさせていただきました。
その後2人で下って、下りきった竜福寺の交差点でお別れしました。

地蔵堂まで登ってみて、シューズもクリートも問題なさそうです。そのまま中井町方面をぐるっと回って、Sサイクルにより帰宅。
55kmほどの走行となりましたが、暑かったです。

新しいシューズは予想よりというかカタログで見ていたよりもかなり派手ですけど、履き心地は問題なさそう。ガエルネはランプレも使っているしなかなか良いシューズです。
自転車の方のアップデートはこれで一段落ですかね。

しかし、これから暑い時期がやってきて自転車で走るのもきつくなってきました。熱中症には注意したいです。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

久々足柄峠はやっぱりキツイ

梅雨入りし、週末は雨が多い最近。そこに自分自身が使い始めた冷房に当てられて風邪ひいたり、風邪が治ったと思ったら、今度は水曜日あたりからおなかの調子がすぐれない。
当初この週末も雨予報だった。今日は元々午前中に車のオイル交換の予約を入れてあったので、雨ならば自転車にも乗れないし丁度いいなと思っていた。
で、今朝目が覚めるとなんだか天気がいいぞ。天気予報をチェックすると、昼間は雨大丈夫そう。これはもったいない。午前中でオイル交換終わってお昼に帰宅して、自転車を準備し、ジャージに着替えて急遽走りに行くことにした。
午後からだしあまり遠出は無理だし、ということで足柄峠へ。ターンパイクでのスーパーヒルクライム対策ということを考えると、トレーニングは箱根の旧道かこの足柄峠。はたまた富士山のあざみラインがいいだろう。以前、あざみラインでの富士山国際に出場したときは、足柄峠をいつもよりも重めのギアで走ってトレーニングしたっけ。

むしむしする中、自宅から足柄峠を目指す。まっすぐ足柄峠の登り口の関本の竜福寺の交差点を目指すとすぐについてしまうので、アップがてらあえて登りを入れる感じで遠回りで関本へ。ちなみに足柄峠の登り口である伊豆箱根鉄道大雄山線の終点大雄山駅やその周辺は、地元の人間は大雄山とはいわずに地名の関本といいます。大雄山というと南足柄の代表的な観光地でもある大雄山最乗寺のことになっちゃいます。でも地元の人間は最乗寺のことは「道了尊」とか「道了さん」と呼びます。なので、地元の人間が関本といったら大雄山駅周辺や市役所周辺を指します。
話が変わりましたが、竜福寺の交差点から一応計測開始。久々の自転車なのでタイムアタックをするつもりはないし、そんなにがんばっては知るつもりはなかったが、とりあえず計測はしました。
足柄峠は序盤は楽です。僕程度でもフロントはアウターで結構の距離を上れます。途中苅野(きた幼稚園付近)まではアウターで余裕ですし、力のある人ならば一色橋(近くのバス停は前田橋)までならば、余裕でアウターでしょう。ちなみに知り合いのアッキーさんは地蔵堂まで余裕でフロントアウター(53t)でリアも23tまででそれも決行の速さで登っちゃいます。
がんばって一色橋までアウターで行こうかなとも思ったが、今日は足柄峠の一番上まで行くつもりなので、前半からがんばりすぎても持たないので苅野からはフロントインナーに落としました。
地蔵堂までは余裕を持って走ったが、早くも暑さで汗はだくだく。足柄峠は地蔵堂からが本番です。地蔵堂の入り口を過ぎると相の川橋まで道幅の広い10%の登りです。途中まではほぼ直線で途中から緩く左にカーブしますが、精神的には結構苦しいです。相の川橋からがいよいよつづら折れの10%超の登りが始まります。最近道が良くなりここから頂上まで道幅も広くなり安心して走れるようになりました。
ここからは本当に苦しかった。何度足ついて休もうかと思ったことか。何とか根性で登り切ったがスピードは10km/h以下でしたね。足柄峠は登り切ったと思ったところが頂上ではなく、一度少し下り県境を越えて静岡県に入りもう一度少し登って聖天堂・関所跡の前を過ぎて足柄城趾のところのT字路が頂上です。
今日は竜福寺の交差点から49分。いつもどのくらいだったかな。まあ49分もかかっていなかったはずだけど。
まあ今日はこんなモンかな。
少し休んで、地蔵堂まで一度下り、地蔵堂で給水して一休みして、今度は途中矢倉沢で内山方面に曲がって、大口経由で帰ってきました。距離的にも40kmほど。時間も2時間ぐらいかな。
もう少ししっかり走りたかったけど、今日は急遽走ることにしたし、こんなモンでしょう。

そういえば、昨年出場したグランフォンド八ヶ岳ですが、今年も出場しようかと仲間内で話していましたが、残念ながら今年はスーパーヒルクライムと重なってしまいました。残念。

昨日から今年もいよいよツールが始まりましたね。今年はどういう展開になるんだろう。やっぱりコンタドールが強いかな?新城の活躍にも期待ですね。今度こそステージ優勝を。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。