スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーヒルクライムinターンパイク

「スーパーヒルクライムin TOYO TIRESターンパイク」の当選メールが来た。
乗鞍が落選だったので今年のくじ運は悪いと思っていたので、無事当選してくれてほっと一安心。

今年は、表富士には出場できたが(レース自体は短縮コースとなってしまったが)、その後のMt富士はDNS。8月の乗鞍は落選。おかげでMt富士に向けて減らすはずだった体重は、まったく減らず。で、乗鞍落選でやる気はかなり落ちていただけに、ターンパイク当選は、9月に向けてひとつ目標ができ、モチベーションアップになる。
ターンパイクのヒルクラは、大会名が「スーパーヒルライム」というだけあって、まじでスーパーな上り坂ですからね。今の体重じゃあきつすぎでしょ。最低5kgは落とさないと。
自転車のほうは、インターマックスのセストリエールを投入して5ヶ月ほどだが、だいぶポジションなんかが出てきた。現在シューズを新しいものをショップに注文中。でシューズが来たら一緒にペダルもLOOKのKEO2からKEO2MAXにしようと考えています。カーボンのばねのヤツがほしいけど、さすがに高すぎ。ですので今回はKEO2MAXにします。KEO2よりも踏み面が幅広になり、踏み面にもアルミプレートがかぶせられたので、今までよりもしっかり力が伝達できそうです。ちなみにカーボンではなくファイバーの方にします。重量が数グラムしか差がないのに値段はかなり違うので、あまりカーボンに魅力がありません。ファイバーだとカラーもいろいろあり、今回は自転車に合わせて白にしようと思います。
あと、いまサドルを現在のアリオネから変更してみようかと考えています。ただサドルは合う合わないが大きいので、もし変更してあわないと、ケツも痛いが懐も痛くなりますからね。安くないですから。
アリオネと同じフィジークのアンタレス気になるが、どうもあのえらが張ったような形状が引っかかるんです。ルーベの時にスペシャのトゥーペで失敗しているので、えらが張っている形状のものはダメそうに感じるんですよね。
気になっているのはプロロゴ。あの着せ替えができるやつではなく、プロなんかも使っているスクラッチかナゴが気になります。現物を見ましたが、ほんとサドルについては使ってみないとなんともいえませんから、交換するならば思い切って行くしかないですからね。なかなか思い切れない優柔不断な自分です。アリオネで問題はないんですけどね。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

雨降んね~じゃん!

はい、今日はMt富士ヒルクライムの前日受付の日でした。
で、行っていきましたよ。受付にだけ。
で、すぐにチップ返却してきました。
今日の目的は、参加賞をもらうのと、会場に出店される、いろいろなメーカーやショップのブースを見て回ること&安売り品を買ってくることでした。
で、明日の本番のことを気にする必要はないので、べつに今日疲れ切っても問題ないので、当初は自宅から富士吉田の北麓公園まで自走で行く予定でした。
が、なんだか昨晩あたりから、今日土曜日の天気予報だけが怪しい方向に・・・。
今朝の天気予報だと、確実にお昼頃ににわか雨が降るというものになってしまっているじゃあないですか。
起床後、インターネットで気象情報とにらめっこ。篭坂峠の向こう側、山中湖や河口湖のあたりは天気一日持ちそうな感じだけど、篭坂峠のこっち側、静岡県側と神奈川県西部がお昼頃に雨マーク。雨雲レーダーの動きを見ても雨降られそう。
自転車に乗っていて、雨に降られるのだけはいやなので、車で北麓公園まで行ってきました。
で、そしたら、雨ふらね~じゃん!
やられましたよ、短期予報に。
まあ北麓公園から帰ってくるとき、富士国際カントリークラブあたりでは道路が少し濡れていて、雨が降った感じだったけど、それ以外は小田原も、富士吉田もいい天気だったじゃん。
あ~も~、損したわ。
まあ、北麓公園には11時には現地入りして渋滞なくスムーズに駐車場にも止めれたし、いくつかお買い物もできたし。良かったけど。で、帰宅後は少しだけ自転車で走ったけど。

会場のブースでは、最近になって気になっていたGDRのブースで、メテオランチとメテオスピードの2台を試乗させてもらいました。が、あの試乗コースで何を感じろと言うんだ。距離はないし、路面でこぼこで最悪過ぎるし。いっそ5合目まで試乗させてほしいわ。メテオランチの方はまあ普通の自転車という感じしかなかったけど、メテオスピードの方はよく進むな~という感じはありました。ビンディングじゃあなかったし、ちょくせんきょりも100mもないほどだったけど、それでもよく進むな~感は
ありました。いわゆる最近のトレンドながちがちな高剛性のフレームの進む感じと違うけど、なんとな~くいい感じじに推進力がある感じはありましたね。
ここ最近の流れでどこのブランドもがちがちの超高剛性フレームというのを出してきている中、まるで時代に逆らうようにしなるフレームを出してきたGDR。当初は僕は振興ブランドが何を勘違いなことを言っているんだ?と思っていたのですがいろいろな人のインプレや、GDR広告、そして自分が剛性の高いフレームに乗るようになって、硬ければいいってのじゃあないんじゃないのかクロモリでのあのしなり感というのもありなじゃないのか?いや、むしろ僕にはそういうしなりで進んでいく方が当ているんじゃあないのかと思えてきていました。
試乗後、いろいろGDRの人のお話も伺えて、GDRn考えていること、コンセプトというのがわかってきました。で、行っていることはなるほどなと、うなずけるものでした。
なかなか、このGDRの自転車については賛否両論あるかもしれません。ぼくもまとにしっかり乗って走ったわけではないですから、本当に良いのかどうかははんだんしかねます。でも、僕自身はお話を聞いて興味は出てきました。1ヶ月間ぐらいこのGDRの2台をお借りできて、いろいろなコースを乗り回すことができれば最高なんですけどね。

帰宅後自転車で走りに行った理由としては、一つはいつもの行きつけではない少し離れたところのショップに行きたかったことと、自分の行きつけのSサイクルに用があったからです。
で、Sサイクルではインターマックスのセストリエールのシートポストをちょん切ってもらいました。5mm。いや~、シート高の5mmってでかいですね。最初は思い切って1cmなんて考えていましたけど、5mmしておいて正解でした。かなりしっくりシッティングでペダリングできるようになりました。いままで少し腰高感というか、膝が伸びきっている感じ(完全に伸びきってはいませんでしたけど)があったんですよ。また、下りで外足加重がうまくできず、コーナーで少しこわいかんじもあったんですね。パッドの厚めのレーパンだとシートが高く感じていましたし。
あと、ステムをいうままで100mmのを使っていたのですが、ブラケットが近く感じていたので、家にあった110mmのものに一時的に交換してみました。今日の感じではこの110mmの方がしっくりきます。ステムも110mmに交換かな?

明日、Mt富士ヒルクラに出場する皆さんがんばってください。僕はがんばってお寺でお経を聞いてきます。
そういえば、明日はあざみラインで富士山国際もあるんですね。なんで同じ日につけてくるかな~日がずれていれば富士山国際にエントリーしたのに。

Mt富士ヒルクラ

今週末は、富士スバルラインでの「Mt富士ヒルクライム」
しかし、日曜日は法事と重なってしまい、DNSということがすでに決定しています。
せっかくの新車投入なのに・・・。
あとエントリー料が・・・

ただ、参加景品(なんかあったっけ?)と会場に出展する各社のブース(安売り品物色)目当てに、土曜日は受け付けには行こうと思っています。
で、その土曜日。12時から受付開始ですが、いつもですと車で会場に行き、受付後帰宅するのですが、駐車場が大変なことになるので、いつもは12時受付開始に対して、11時ぐらいには現地入りできるように行っています。そうすると、大会当日に選手の集合場所になっているところに確実に車が止められます。
今年は、残念ながら日曜は乗れないので、せっかくなので山中湖辺りまで車で行き、そこで自転車で乗り換えて北麓公園まで行くかなと考えていました。が、ここに来て、どうせ山中湖まで車で行くならば、いっそ家から自転車で北麓公園まで行けばいいんじゃね。という風に考え始めました。
GWに山中湖を一蹴して帰ってきたときを参考にすると、北麓公園まで往復で160kmぐらいになるんじゃないかと予想されます。往復で6時間ぐらいでしょうか?
どうせ日曜日は出場しないんだから、疲れとか気にしなくていいし、天気も良さそうだし。でも結構暑くなりそう(日曜日も暑くなりそうですよ)。
やっぱり、土曜日は自転車で自宅から全走だな。

ターンパイクヒルクラ

とりあえずエントリーしたターンパイクのヒルクライムレース。
定員は2000人。
それを2回に分けて募集するらしい。
で、募集人数超えたら抽選になるそうだ。

ただ、いろいろ不安な面はある。
コースのキツサとは別に。

公式サイトがまだまだ完成されていない。
エントリーこそ開始されたが、公式サイト上では情報はまったく持って不足している。
現地の人間や、車バイク好きで何度もターンパイクなど箱根板橋周辺に行っていて、ターンパイクの入り口を知っている人ならばわかると思うが、一体どこに集合するのか?
小田原市街地に集合して移動みたいなことが書かれているが、受付集合場所が書かれていない。
車で現地に来る人がほとんどだろうが、選手駐車上はどうするの?
ターンパイクの板橋の料金所。
ちょっとしたパーキングにこそなっているが、あんな狭いところにどうやって集合してスタートするのか。しかもゲート前後はかなりの急勾配。
本当に開催できるの?と心配になる。
ちなみに、現地人の僕は自走で何の問題もなくアクセスできるのでラッキーです。
あと、サイトにも書いて歩けど、ターンパイクは普段は車バイク専用道路です。
まあ、ターンパイクの形状を知っている人ならばいろいろ考える人も出てくるかもしれないですけど、あそこを大会当日以外に自転車で試走する人が出てくるのではないかと心配です。
そんなアホが出たら大会は中止になるでしょう。

本当に開催されるのかな?
ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。