スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジロ終了

今年のジロも昨日でフィナーレを迎えました。
総合優勝したイヴァン・バッソ。
素晴しい走りでした。
文句なしの優勝と言っていいでしょう。
そして、なんといってもこのバッソの優勝は、リクイガスチームとしての優勝だと思います。
あの厳しいコース、そして今年の厳しい天気や展開の中、見事出場した9人全員が完走。ただ完走しただけでなく、TTTでは優勝し、レース全般にわたってプロトンをコントロールし、しっかりエースをアシストして勝利に導く。
ここ最近のリクイガスチームの充実さ、力はかなり高いものがあります。
バッソといった油の乗り切ったベテランだけではなく、ニバリのような若手も育っているし、今のイタリアのチームの中では一番強力なチームだと思います。

しかし、バッソは戦前の予想以上に強かった。登れるとは思っていたが、あそこまでのぼりで強いとは予想以上のものだった。反面、なんで下りはあんなにヘタなんですかね?
結構、バッソの下りを見ていて、「下りならばオレでもバッソに勝てる!」なんて思った人が多かったんではないでしょうか?(僕も、そう思っていしまったけど)

他に印象に残ったのは世界チャンピオンのエバンスですかね。
アルカンシェルののろいなんてどこふく風といった感じの今年のエバンス。チーム力が劣るのが残念だが、今のエバンスはそのキャリアの中での絶頂期を迎えているのではないでしょうか?

バッソのチームメイトのニバリ。もともと今年のジロは出場予定ではなかったそうだが、開幕直前になって、急遽出場が決まった中でのあの走り。将来非常に期待できます。

そしてなんといっても新城の活躍を抜きにして、今年のジロは語れないでしょう。
残念ながらステージ優勝という結果は残せなかったが、しっかりステージでの優勝争いをできるほどの力を示してくれて、日本人に勇気と希望を与えてくれた。
あの走りならば、ツールの出場も十分いけるんじゃあないでしょうか?
彼ならば近い将来、グランツールのステージとか、クラシックのようなトップカテゴリーのワンデイレースで優勝を上げる日も近いと思います。

今年のジロは、山岳きつくて面白いレースになるかなと思っていたのですが、チョットあまりにも主催者が奇を狙いすぎたのか、このコース設定には疑問が残るものとなった気もします。
スプリントでの争いがほとんどなかった。山岳での総合優勝争いの選手たちの駆け引きは十分楽しいですけど、それ以上に、スプリンターたちのガチガチのスプリント争いというのがグランツールの楽しみの一つでもあります。そういった楽しみはまったくといっていいほど今年のジロデはありませんでした。
まあ、天気にたたられたような感じでは合ったのですが、ジロの主催者も対ツールという意識が強いのはわかるけど、もう少し奇抜なことをせずに、普通にコースを設定すればいと思います。

ツールまで約1ヶ月。その間にはツール前哨戦ともいえる、スイスやドーフィネがありますし、今年のツールを占なう上でも目が離せません。

そうそう、昨日久々に車でですがターンパイクを走ってきました。
やっぱりかなりきついね。スタートからゴールまで休める区間がない。激坂の連続。相当苦しいヒルクライムレースになることが考えられます。これはね、生半可な気持ちでは出場できない大会ですよ。まさに富士山国際に匹敵する大会になりそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ターンパイクヒルクライム

今月発売の、cyclw sports誌によると、9月26日に、小田原の板橋から箱根の大観山を結ぶ、バイクや車の愛好者たちにはおなじみの「TOYO TIREターンパイク(箱根ターンパイク)」にて、ヒルクライム大会が行われるそうだ。
大会サイト↓
http://www.super-hc.jp/

ターンパイクといえば、車やバイクのワインディングロードとして、休日になるとたくさんのバイクやスポーツ車、高級車が集まってきたり、自動車雑誌やテレビ番組でも取材に使われることで有名だ。
このターンパイクは珍しく民間会社の所有の有料道路で、現在は外資系の会社により運営されており、ネーミングライツによりトーヨータイヤが命名権を獲得して、「TOYO TIREターンパイク」として営業されている。現在の通行料は、確か車で200円だったと思う。
僕も何度か愛車で走りに行っているが、ここは思いっきりエンジンを回せるし、交通量も少ないし道もきれいで広いので、車で走るには最高の道である。大観山に登りきってからは、そのまま伊豆方面に向かい伊豆スカイラインというコースも取れる。

自転車は当然通行できないので走ったことはないが、車で走った感じではかなりの激坂だということ。
先週の日曜日にいつも一緒に走りに行っている仲間から、そんなうわさを聞いていたが、そのときはターンパイクは自転車じゃあかなりきついだろうと思っていた車でだってここは車種によってはきついですからね。
サイスポの記事だと、平均7%以上。これは途中の平坦区間も含んでのものだから、実質は9%超ののぼりが続くらしい。ふもとのゲートをくぐると、いきなり10%超の激坂が続く。中間地点は比較的勾配は落ち着くが、後半になると激坂が繰り返し現れる。車で走った感じから考えると、どう考えてもきついとしか言いようがない。
サイスポの記事でも書いてあるが、確実に富士山のあざみラインで行われる「富士山国際」に次ぐキツイ大会になるだろう。
ターンパイクは普段は自転車は走れないので、試走は不可能。これだけの激坂だと試走できないにはつらい。車で何回か走って、コースの特徴を知っておく必要はあるかもしれない。バイクに乗る人ならば、バイクで試走しておいたほうが、よりコースを掴みやすいだろう。残念ながら僕はオートバイも2輪免許も持っていないので、車でしか走れない。試走ならばかっ飛ばしてはしらない方がいいだろうけど、自分の車だとついついアクセルを踏んでしまうだろうね。

出場してみる価値は十二分にある。仲間もかなり乗り気だし。
8月の乗鞍が残念ながら「落選」となってしまったので、その代わりといってはなんだけど、そういう意味からも出てみてもいいかな。
この大会のための練習は、あざみラインでしかできないだろう。同じ大観山をゴールとする椿ラインは勾配がぜんぜんゆるいし、同じようなコースである箱根の旧道は、標高差がターンパイクよりも低いし、キツサでもすこし劣るしね。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

新城快挙!ジロステージ3位

土曜日から始まった今年のジロ。
スタートから3ステージはオランダで行われ、1日休養日をはさんで昨日のTTTからいよいよイタリアに上陸。
オランダでは、コースレイアウトなんかがアルデンヌクラシックぽくて、おまけに落者続出でどうもジロとしてみると違和感があったが、イタリアに入りいよいよジロだな~というようになった昨日の第5ステージで、日本人選手の新城幸也が魅せてくれた。
最後はホント、テレビ画面にかじりついていましたよ。
逃げ切れるか、追いつかれるか。
ガチンコのスプリント勝負を見たいという気持ちもあったが、ゴールまでの距離が縮まるにつれて、その気持ちは薄れていき、このまま逃げ切れ、3人でのスプリントになれば勝てるぞという気持ちになっていました。

最終的には、新城が野きり2人の発射台になってしまったような形ではあったが、解説の栗村さんなんかも言っていたように、最後1kmあそこで新城がアタックしなければ3人は集団にとらえられていたでしょう。あの場面、残り2人は諦めていた感じでしたから。だからもう少し集団と差がついていれば3人でのスプリント勝負になっただろうから、スプリント力を去年のツールで証明していた新城に勝機はあっただろうし、新城がアタックかけた場面で残り2人が完全に諦めムードで足を止めていれば、新城のアタックが決まって独走ゴールとなったかもしれない。
勝負の世界にタラレバはないですが、やはり日本人として悔しさも残る結末にはなってしまった。
それでも昨日の新城の走りは、日本人もかなりやるんだぞということを世界に示せたし、プロを目指す日本人のロード選手たちに力を与えたのではないだろうか。

僕がロードレースをテレに観戦するようになった数年前には、まさか日本人がツールやジロといった、大きな世界的レースで活躍どころか出場することすら考えられなかったこと。だから、昨日の新城の活躍はうれしい。

でも悔しさが大きい。それは新城にステージ優勝できる力があるから。勝てたレースだったから。
過去のジャパンカップで彼からサインをもらったり、話をしたりしたことあるが、それから受けた印象は、本当に純粋な好青年というもの。その印象からは、昨日のようなレースができるなんてものは感じなかった。でもそのギャップがまた魅力なのかも知れない。

今年のジロは山岳がそれもキツイ山岳が多いので、なかなか新城が活躍できるステージは少ないが、まだまだ16ステージ残っているんだし、彼の活躍に期待できるだろう。

ホント、昨日はもうドキドキだった。日本人がジロのステージで勝つ時がきたんだと考えていたら、本当に不思議なそしてビックリすることだった。だってそれって例えばサッカーにたとえれば日本代表がW杯の決勝に進むようなこと。ゴルフならば日本人が世界4大メジャーで優勝するようなことじゃあないですか。

今日以降のジロも本当に見逃せません。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

GW最後は大観山

巷の一部では今日までGWだった人もいるようだ。
僕はカレンダー通り。
29日休んで30日は仕事。1~5が連休で、6・7と仕事。で昨日今日と休みだった。
この休みの間は結構乗り込んだ。なんだかんだで、毎日自転車には乗れたし、すべての日でヒルクライムをした。
1日は午後からベルマーレ応援のため朝のうちに久しぶりに足柄峠へ。セストリエールで足柄峠に行くのは初めてだ。おまけに足柄峠の頂上までは登るのは、今年初めてかもしれない。足柄峠がMyホーム峠なんだが・・・。
やっぱりこの峠はきつい。地蔵堂からは地獄だ。でも、傾斜はきつく休むところがないが、一定した傾斜が続くので意外に上りやすい。急斜面、緩斜面が繰り返すようなコースよりもこういった登りの方が好きだ。
まあ、タイムはまずまずだった。

2日は一人で表ヤビツからヤビツ峠を登り、そのまま裏ヤビツを下り宮が瀬を回り七沢温泉を抜けて伊勢原~平塚と回ってきた。裏ヤビツは久々。ここは正直好きではないので、避けているのコース。道が狭くブラインドコーナーばかり。車のすれ違いができないところが多く、車の後ろを走っていると突然止まられたりするので危険期周りない。路面も砂利や枯れ葉枯れ枝が落ちていて、水も流れているところもある。なので避けているコースなのだが、たまに走りたくなる。ストレスなく走ることができればかなり気持ちの良いコースでもある。この日はほとんどストレスなく走ることができたが、途中の河原からただよってくるバーベキューの香りにはやられた。

3日は富士スバルラインへMt富士ヒルクライムの試走へ。ただ、Mt富士は法事と重なったためすでにDNS決定ではあるが、仲間と試走だけは行ってきた。まあ試走なので、タイムアタックはせず比較的ゆっくりと上ってみた。本番走れないのが悔しい。

4日は
仲間とヤビツへ。2・3日の疲れが残っていたのかいまいち力が出ず。心拍も上がらず、普段よりも10~20ほど心拍が低い状態だった。タイムもそれ相応のタイム。

5日は
お昼から平塚でベルマーレの試合だったので、自転車で平塚競技場へ。ただそのまま平塚競技場へ行ってサッカー観てそのま帰ってきてはもったいないので、少し早めに家を出て、江ノ島まで走ってから平塚に戻ってきた。

昨日の土曜日は一人で富士山方面へ。あざみラインというのも考えていたが、さすがに今の調子じゃあきついかなと。須走まで走り、あざみラインの入り口を曲がらずにそのまま篭坂峠を越え、山中湖を一周して、来た道を戻ってきた。ゆっくり軽めのギアで走る分には篭坂峠まではきつくないな。あと以外に山中湖は近かった。帰りは篭坂峠から下りだけ。まあ最後の最後に少しは登るが基本下り一辺倒。なので距離の割には疲れなかった。

今日は仲間と大観山へ。自己ベストを大幅更新。しかも念願の1時間5分切りを達成。
体重は相変わらず減っていないが、今の体重でベスト更新できるのだから、ダイエットできればもっと速くなれるだろう。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。