スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ

今年も行ってまいりました。

宇都宮は森林公園で行われた、

第17回ジャパンカップサイクルロードレース

今年からUCIのランキングがオークラス(HC)に格上げとなり、

アジアでは唯一のHCの1dayレースとなり、名実ともにアジア最高のクラシックレースとなりました。

今年も本場ヨーロッパのプロツアーチームから、ランプレ・リクイガス・クイックステップ・ブイグテレコムという4つのチームが参加。

選手もついこの間ロンバルディアで優勝したクネゴ、このレースが出場停止明け最初の復帰レースとなる’06ジロ優勝のバッソ、昨年のイタリアチャンピオンのヴィスコンティそれにヴォクレールなどなど、すばらしいトップ選手が目白押し。過去のジロのチャンピオンが2人も参加ですよ。しかもどの選手も観光がてらではなく、本気で真剣に勝利を狙いに来ていますから、レース前からもうワクワクドキドキでした。

日本人でも昨年5位の新城(梅丹)、日本チャンピオンの野寺などなど、日本のトップ選手が世界のトップ選手に本気で挑みかかります。

今年はスタート前から例年になくたくさんの人出。天気はたまにポツポツと雨が落ちてきたりもしましたが、会場の熱気はムンムン。心配された雨もレース中は降ることはなく、現地で買った1000円のポンチョは出番無しでした。

山頂

山頂はこの人だかり。でもまだまだコレは少ない時。このあともっと人が増えました。ツールやジロの山岳コースのようです。中央にバッソが、左のほうにクネゴがいます。

日本チャンプ 

日本チャンピオンの野寺(スキルシマノ)もがんばります。

クネゴ 

こんなまじかでツールなどのヨーロッパのレースでお馴染みのプロツアーチームの選手を見れるのはジャパンカップだけ。

レースは例年通り、まず日本人が逃げ間、メイン集団はプロツアーチームがコントロール。先頭との差を2分台でキープしながらゆったり(実際はすごいスピードですが、見た感じかなり余裕そうでした)と周回を重ねていきます。

残り3周辺りから一気に追いにかかりあっという間に逃げを吸収してしまいました。

まるでツール 

列車

スピードが一気に上がり集団はたて1列になります。

逃げを吸収してからはアタックなどを繰り返しながら、最後はしっかり有力どころが勝負に出ます。

ラスト1周

バッソ、クネゴ、ヴィスコンティ、そしてリクイガスのアニョーリの4人でラスト1周に入りました。

アシストのいるバッソが有利か?

最後スプリント勝負になればクネゴが有利。バッソが勝つには最後の古賀志ののぼりで勝負をつけなくてはいけません。でも下りはクネゴのほうが得意。

かすかに聞こえる実況を聞きながら展開を把握し、ゴールの瞬間を待ちます。

どうやらクネゴ、バッソ、ヴィスコンティの3人でゴールに向かってくるらしい。こうなるとバッソは不利か?

案の上、ゴールにはクネゴとヴィスコンティが並んで突っ込んでくる。バッソは少し後。

ゴール

最後はクネゴが差して見事優勝。

クネゴ投げキッス

投げキッスも決まっています。

これでクネゴは'05年に続いて2度目の優勝。

バッソは3位に終ったが久々のレースでしっかり結果を出して満足の様子。バッソここにありと、その存在感をしっかり示してくれて、来シーズンが楽しみです。

イタリア期待の若手、ベッティーニの後継者ヴィスコンティも力を見せてくれました。

期待通りの3人がしっかり期待通りの活躍。非常に盛り上がり見所のある今年のジャパンカップになりました。

こういったレースを生で観れるなんてシアワセです。

 

さあ、いよいよ今度の日曜日は自分の番です。そう、富士チャレンジ。

200km完走できるか?

そしてその次の日曜は西湖。去年は惜しくも6位入賞を逃しただけに、今年は表彰台に上がりたい。でも、はたして富士チャレの疲れが1週間で取れるだろうか?

    

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

明日は宇都宮

いよいよ明日はジャパンカップ。

今年も現地観戦に行ってまいります。

今年は最近いつも一緒に走っているTさんSさんと。

今年はチャレンジレースには参加しませんが、今年もチャレンジレースの日(今日)の天気は良くなさそうですね。小田原は朝はどんより曇っていましたが、少しずつ日が差し始めています。まあ、去年の台風よりは良いでしょうがね。

いろいろネットを見て回っていると、無事お目当て男有力選手たちは来日したようです。バッソもクネゴもヴィスコンティも無事に宇都宮入りとのこと。ブイグテレコムの選手たちも早速日本の夜を楽しんだみたいですね。

やはりバッソが一番の優勝候補か?なんといっても出場停止明けの最初の復帰レース。いくら極東で行われるレースとはいえ、このレースへの意気込みは高いようです。ロンバルディアで優勝した05年のチャンピオンのクネゴはさすがにお疲れか?世界戦、ロンバルディアとビッグレースをこなしてのレース。いくらコースが彼に向いていて、しかも過去に何度も出場経験があり、かつ優勝と2位が1回ずつありコースコースをしりつくしているとはいえ、さすがに少しきついかな?

面白そうなのがクイックステップのヴィスコンティ。今年のジロではマリア・ローザも着たし、イタリアの将来期待の若手の1人ですし、クイックステップチームも昨年は来日しなかったけど、過去には何度も出場していてチームはこのコースを知り尽くしているでしょうから期待は大きいですね。スペシャ・ジャパンのバックアップも得られるし、以外に彼が優勝候補1番手かもしれません。

バッソは写真を見る限り、かなり絞ってきたかなと。レースに出れなかった期間もしっかりトレーニングを積んできて、この復帰戦となるジャパンカップ優勝にかなり照準をあわせてトレーニングしてきたように思えます。状態は他の選手に比べて圧倒的にフレッシュですし、このレースが復帰第1戦とはいえシーズン最終戦ですから帰国後はオフシーズンになるし、来年のためにもいい形で今年を終えたい(始めたい)でしょうし、注目度は高いですね。チームは初出場とはいえ、チームには日本人マッサーの中野さんがいるし(昨年はジャパンカップだけランプレに帯同してきましたけど)、メカニックの永井さんもスポットでチームに加わるそうですし、キャノンデール・ジャパンのバックアップもありそうです。

日本人では昨年最後まで先頭グループに食らいついた梅丹の新城が期待大です。日本人の優勝を見てみたい(過去日本人優勝は1回だけ)。

明日は朝は早いですが、いまから楽しみです。

ヤビツ峠

気がついたら、富士チャレまで2週間切ってしまったではないですか。

なんかぜんぜん準備も何もしていない。

来週はジャパンカップ観戦に行くので、もう本番まで走る機会はなさそうである。

事前にロングもやっていないし。

しいて言うならば、この間の日産スタジアムでのエンデューロで、2時間全開ではしり続けたことぐらいかな。

果たして200km今度こそ7時間で走りきれるのか?なんかかなり心配になってきた。

昨日はヤビツ峠に行ってきました。

でも昨日は風が強かった。名古木までは平塚経由で行ったのですが、平塚までのR1が向かい風でめちゃくちゃきつかったです。向かい風というか結構風がまいていたので横風になったりして、風にあおられてふらついてしまったりと、かなり怖かったです。

最近のヒルクライム、特に最近よく走る箱根の旧道では先行逃げ切れない型な走り方をしているのですが(「逃げ切れない型」とは、三枚橋通過後、たのメンバーからアタックして逃げるのですが、いつも七曲で追い抜かれるので)、この最初にアタックしてしまうほうがなんか良いタイムが出せるものでこういう走り方をしています。1度ゆっくり目に他の人たちとペース合わせてはしり始めたのですが、やはり途中からついていけなくなるし、タイム的にも良くなかったので、専ら先行アタックしています。

で、ヤビツでもこの方法をやってみました。昨日は名古木からのスタートではなく、コンビニからのスタートだったので、スタート後すぐに蓑毛の登りとなったわけですが、こういう場合、いきなりのアタックはあいませんね。アタックのところで一番キツイ登りなわけですから、ここでいきなり足を使ってしまうことになってしまいました。蓑毛過ぎの傾斜がゆるくなってからは蓑毛で足を使いすぎてしまったのか、いつもよりもスピードが出ず。まあどの道途中で追い越されるとは思っていたのですが、できれば菜の花台まで、そこまで生けなくても浅間神社までは逃げたかったのですが、浅間神社の手前で追いつかれてしまいました。かわされて少し置いて行かれたあと、一度追いついて後ろをついていったが、徐々に離されてしまいそのままおいていかれる始末。その後は自分のペースで走りましたが、ヤビツみたいにいきなり最初に一番キツイ区間があるようなコースでは先行逃げ切れない型走行は向いていなそうですね。

それでも、昨日は思っていたほど最後にバテずに走れ、まずまずではありました。でも最後にかなりの向かい風となり、最後の最後がきつかったです。

来週はジャパンカップです。バッソの復帰第1戦。おまけに先日の世界戦では2位に入り、土曜日のロンバルディアでは見事2連覇(3度目の優勝)を達成した05年のチャンピオンのクネゴも参戦予定。他にもヨーロッパのトッププロが多数参戦予定。かなりの豪華なメンバーによるレースになりそうな感じで、いまから楽しみです。

富士チャレはとりあえず、なるようになれですね。

いかにしっかり補給を取るか。ペースを落とさず、うまく集団走行で体力を温存しながら走れるか。この辺りが課題でしょう。コレさえうまくいけば完走できるとは思うのですが・・・。

 

日産スタジアムサイクルパークフェス

ちょっと遅くなりましたが、11日の土曜日に出場してきた、バイクナビグランプリ、日産スタジアムサイクルパークフェスティバルのご報告です。

今年は乗鞍に出場できなかったので、6月のMt富士以来となるレース。事前の自分の中でのこのレースの位置づけは、来月の富士チャレ200kmの予行練習、特に集団走行(先頭交代)の練習という意味合いでの出場でした。

このレースは一昨年のクリスマスイブに行われた大会以来の出場。昨年はエントリーしていたのですが、法事と重なってしまい、あえなくDNS(その代わりで、富士山のあざみラインでの富士山国際に出場したのですが)。一昨年の大会では、1時間でおなかが減ってきてパワーダウンして残り1時間はほとんどサイクリング状態だったので結果は散々。なので、今回はその辺りもしっかり抜かりなく準備しておきました。

出場したのはエンデューロ2時間の部Manロード・ソロ。一昨年と同じカテゴリーです。

まあそんなに気合入れずに走ろうと考えていたのですが、やはりというか、スタートしたら一気にボルテージが上がり最初から全開モードでした。

スタートの集合場所を勘違いしていたため、あまり前のほうからのスタートは出来ず。スタート後途中までは先導ありのローリングスタート。ゆっくりスタートするのかと思いきや最初から結構スピードが上がっています。先導するのは招待選手の梅丹の新城選手と宮沢選手。この二人がどんどんスピードを上げていくため、どんどん集団のスピードは上がって行きます。少し後方からのスタートだったので、その後のリアルスタートでは完全に出遅れ。宮沢選手と新城選手の引く先頭集団はどんどんスピードを上げあっという間に引き離されます。何とか集団に追いつくためにどんどん遅い人たちをかわしながら前に上がって行き、1周目の後半でやっと集団に追いついたが、このときすでに集団は2つになってしまっており、追いついたのは第2集団。この集団は前を追うのかと思ったが、先頭集団との差は変わらずに進んでいきます。この集団に入って何とか走りますが、このコースは競技場から出た直後のタイトコーナーと下り坂、そして競技場に入るところのタイトコーナーと急な上り坂のために、集団もすぐに崩れてしまいます。

自分のいた集団も最初は20人ぐらいはいたかと思ったのですが気がつけばバラバラ。とりあえずどこかちょうどいい列に加わろうとスピードを上げながら走り続けていくうちに、同じぐらいのペースの人たち3~5人ぐらいが列を組むようになります。そのうち良い感じで先頭を交代しながら周回を進めますが、どうしても先に書いた2箇所のポイントで集団が崩れるし、自分達よりも遅いペースの人が追いつかれた後に集団に混ざってそのままついていかれずに中切れ起こされて集団が割れたりして、急いで前にいい手しまった集団を追いかけるなんてことの繰り返しで、ペースは微妙に一定にはなりません。それでも大体同じ顔ぶれで交代しながら周回を重ねていきます。

レース後に確認したところ1時間経過時点では20位だったようです。でもこのときすでに先頭とは1LAPつけられてしまっていたみたいです。

今回は事前にしっかりエネルギーをとっていたのでとりあえずおなかが減ることはありませんでしたが、スタートから全力で走っていたのでそこそこ疲労感はたまり始めていましたが、ここで遅れては男がすたるとペースを落とさずに走り続けます。でも流石に最後20分ぐらいはかなりバテてしまいました。

この日は午後からのスタートだったのですが、午前中に雨が降ったので、午後から晴れてきて路面が乾いたとはいえところどころ濡れていたり水溜りも残っていたり。あと結構コーナー部分にグレーチン具が多かったり、タイトコーナーが多くしかもそのコーナー部分の幅が狭かったりなど結構なテクニカルなコースだったこと、場所的にもエンデューロレースことからもまだまだ初心者という人もおおく、いろんなカテゴリーが混走していることもあり、かなり落車も多かったです。目の前でコースオーバーして落車されたりなんて事もありました。

で、結果ですが、2時間Manロードソロの部。238人中22位。2時間で21周平均速度は33.49kmでした。トップとは2LAP遅れという結果です。

もう少し後だと思っていたのでまあまあですかね。出来れば1LAP差以内におさえときたかったところです。

流石に2時間全力で走ったのでかなりヘトヘトになりました。自分のサイコンによると走行距離は69kmです。いや~しんどかったですね。でも良い感じで列を組んでうまく回しながら走れたので、当初の目標は達成です。あとはこれを参考に来月の富士チャレをがんばりたいです。

最後に、26日のジャパンカップ行きます。今年は前日のチャレンジレースには出ません。レースだけ観に行ってきます。

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。