スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のツール感想

この間の日曜で、今年のツール・ド・フランスも終了しましたね。

ブログにはここまで書いてこなかったですが、開幕からずうっと見てました。

おかげで先週までの3週間は寝不足気味。

唯一見れなかったのが、7月19日の14ステージ。この日は夜に岐阜までサッカー観戦に行っていた為、帰宅が深夜2時でした。

さて、やはり今回はCSCのチームとしての強さが光ったと思います。

メンバー見ても反則だろうとも思えるほどの強力なメンバー。ゼッケンからするとサストレがエースだろうが、総合を狙える選手としてはシュレック兄弟もいて、誰をエースで行くのかと思えるメンバーでしたね。総合以外でもTTの世界チャンピオンのカンチェラーラなど、どこから見ても死角なしのチーム編成でした。

2つのTTステージではまさかのシューマッハーの活躍で勝利でいなかったが、5ステージで得意のロングスプリントでステージ優勝を飾り、他のステージも強力な引きでチームを牽引し、ライバルチームを引き離していったカンチェラーラがCSCの勝利に大きく貢献したと思います。

見事総合優勝したサストレ。中盤まではシュレック兄弟やカンチェラーラの影に隠れてしまっていたが、しっかり上位につけて、最難関ステージの17ステージ。今年のツールのハイライトとなるだろうと思われていたラルプデュエズの登りで勝負して、ライバルたちに見事タイム差をつけてステージ優勝してそのままマイヨジョーヌを獲得し、その後の20ステージのTTでも見事な走りを見せて総合優勝。まさにマイヨにふさわしい選手だと思います。僕は無難にステージを消化してライバルが落ちていって優勝なんてのよりも、自分から勝負を仕掛けてそれも山岳ののぼりでアタックして優勝する選手こそ総合優勝にふさわしいと思っているので、サストレの優勝は納得のものです。年齢的にもグランツールの総合優勝を狙うには一番油の乗っているときだけに、もごとその力を見せてくれたと思います。

サストレのチームメイトのシュレック兄弟。兄シュレックはラルプデュエズの登りが始まるまでは彼が総合優勝だろうと思っていましたが、最後のもう一踏ん張りができなかった感じでしょうか。その兄シュレックよりもすごいと言われる弟シュレック。昨年のジロの新人賞に続いてツールでも新人賞を獲得。将来のマイヨジョーヌ候補なのは間違いない走りを見せてくれました。今回は兄やサストレのアシストとしての動きに徹していたが、彼自身も十分総合を狙うエースを担う力を持っているだけに、将来がホント楽しみです。

CSCに負けず劣らない活躍を見せたチームがゲロルシュタイナー。今期限りでのゲロルシュタイナー社のスポンサー撤退が決まっており、次のスポンサー探しに難航しているので、このツールはスポンサー獲得のためにもモチベーションの高いなかで望んだのだろうが、それ以上の力を見せていたと思います。特に山岳賞を獲得したコールと、2つのTTでまさかのステージ優勝を獲得し、序盤マイヨジョーヌに袖を通し、連日見事な逃げを見せ続けたシューマッハーの2人は今年のツールで一番見ている人の印象に残ったのではないでしょうか。常にゴールまで全力で、ゴール後には倒れる寸前まで力を出し切り、特に20ステージのTTでは総合3位以内を守るために力を出し切り、山岳賞の表彰でふらふらになっていたコールの姿には胸を打たれました。失礼ながら顔つきなんかはぜんぜん強そうじゃあないんですけどね。去年のジャパンカップのときなんかかなり太ってしまっていて、今中さんにだいぶ突っ込まれていましたけど。しっかり目標とするレースにあわせてからだを作ってくるあたり、さすがプロです。まさかのTT2勝のシューマッハー。4ステージのTTは距離が短かったので優勝も納得ですが、まさか20ステージのTTで優勝してしまうとはビックリでした。どちらかというと、ワンデイレーサーという印象の強いシューミーですけど、今年のツールでTTでの強さを見せ付けたし、アルプスステージでは連日の逃げで登りでも強いことを見せたし、将来的には総合を狙ってくるのではないかと思います。早くチームの来年以降のスポンサーが決まってほしいです。ちなみに自分がゲロルカラーのスペシャライズドのルーベに乗っているので、ゲロルの活躍はうれしい限りです。

スプリントで圧倒的な強さを見せつけ脅威の4勝をあげたカヴェンディッシュ。まだまだ若いだけにホント今後が恐ろしいぐらいに楽しみです。スプリントの最後200mぐらいの速さではいま圧倒的に1番なのではないでしょうか。そのスプリンター。まったく目立たなかったマキュアン。サイレンスから今年限りで出て行くようですが(来年はカチューシャ(現在のティンコフ)ということらしいですが)、もうマキュアン時代ももうお終いですかね。ベテランスプリンターのツァベルもいつも後少しの所までは行くのですが勝利までは届きませんし、今回は出てないですけどペタッキもいろいろあって今後はどうなるか微妙ですしね。今後のスプリンターはこのカヴェンディッシュとベンナーティー、そしていろいろあったけどボーネンが中心になっていくでしょう。

優勝候補筆頭だったエヴァンス。終わってみれば今年も僅差での2位。TTではもともと総合争いの中では圧倒的に強いので、ボーナスタイムがなくなった今年は圧倒的に有利かと思ったのですが、落車もあり今年もダメでした。でも、先にも書きましたが、マイヨジョーヌは自分からアタックして攻めていって獲得するものだと思うので、山岳や平地ステージではライバルとはタイム差つけられないように走り、TTで逆転すれば良い的な感じのエヴァンスは応援していませんでした。エヴァンスファンの人には申し訳ないですけど。

注目選手の1人で、結果が出なかった選手としてはクネゴ。イタリア人で過去の優勝者でもあるに係らずジロをパスしてまで狙ってきたこのツール。落車に苦しめられたとはいえ、かつて得意だった山岳で遅れてしまってはいかに苦手のTTで力をつけてきたとはいえ、厳しいものになってしまいました。特に応援していたので、クネゴの不発は残念でなりません。また、まるでクネゴばかりを批判するような実況を繰り返した○戸×郎と解説の栗△にはかなり腹が立ちました。でも、見ていても登りでのキレは落車の影響を考えても悪すぎでしたね。もともとワンデイのクラシックでも強い選手でしたが、今年は春のクラシックで大活躍だったことからも、ワンデイレーサー的な身体になってしまったのでしょうか。ニ兎追うものは何とやらと申しますが、クラシックもグランツールもすべて狙うのではなく、どちらかにターゲットを絞ったほうがいいのかもしれませんね。しかしサイゴン落車はほんと痛々しかった。今後の復活に期待したいです。

最後に、今年もドーピングが出てしまいましたね。それも序盤山岳で2勝をあげたリッコまでもが。一昨年のジャパンカップで優勝した辺りから勢いに乗り出し、昨年は大活躍。今年のジロでも良い走りをしていて、昨年のマイヨジョーヌで今年のジロの覇者でもあるコンタドールとともにこれからのロードレース界を引っ張っていく存在と思われていただけに、残念と言うか裏切られたと言うか。今日あたりの情報だと本人もドーピングを認めたそうです。またサウニエルではいぶし銀の走りで献身的なアシストと自信のステージ優勝を上げたピエポリにもドーピング疑惑が出ていますから非常に残念でなりません。サウニエルといえば、毎年ジャパンカップにもきていて、日本でも同じみのチームですから、来年以降のチームの存在自体危うい状態ですから余計に残念です。

長くなりましたが、今年のツールについてはこんな感じです。1月後には今度はブエルタが始まりますし、その前には北京オリンピックもあります。まだまだロードレースから目が離せません。

スポンサーサイト

暑すぎです

暑い日が続きますね。

先週には、小田原での観測史上最高の気温を更新するなど、つらい毎日でした。

世間では3連休(僕は土曜仕事のため、2.5連休)となった先々週末はほとんどまともに自転車に乗らず。日曜と月曜に軽く近所を1時間ほど走っただけ。

音地の土曜も半日仕事と、午後は部屋の片付けなどしたために走らず。

昨日の日曜は、Tさんたちのお誘いがあったのだが、土曜の夜のツール観戦の影響で朝起きれず。朝起きたときにはすでに家を出発していないと集合時間に間に合わない時間だったためキャンセル。

少しでも走っておきたいので、1人で走りにいったが、お昼ごろには帰ってきたかったので、あまり遠くなく、それでいて登りもありそこそこ距離もあるコースを検討し、家~地蔵堂~黒白林道~公時神社(仙石原)~長尾峠~御殿場~駿河小山~足柄峠~家 というコースを走ってきました。

距離は全部で75kmほど。地蔵堂から公時神社までの黒白(明神)林道は比較的ゆるい勾配(所々10%近い勾配あり)で地蔵堂から矢倉沢峠の金時トンネルまで続く、一般者通行禁止の全線舗装の林道です。ただし、ゲートが空いているので、不届きな車の通行がそこそこあります。と、いっても出くわすときで10台ほど、昨日は3台ほどとであった程度なので、車を気にせず走れるルートです。まわりに何もない山の中を通るルートなので、聞こえるのは鳥と虫の鳴き声と、自分の息遣い。そして自分のタイヤと風きり音だけ。そんな中をのんびりとゆったりペースで走るので、1人でゆったり走りたいときにはオススメのルートです。

最高地点の金時トンネル周辺は、普段だと登山客や時期によっては山菜やきのこ獲りの人たちの車がたくさん止まっているのですが、さすがにあの暑さの中車は1台も止まっていませんでした。金時トンネルから公時神社までは下りのみ。途中小学生の登山グループと出くわした以外は、ほとんど登山者を見かけませんでした。まああの暑さですからね。

公時神社から国道を乙女峠方面に走り、仙石ゴルフの先で、芦ノ湖スカイライン方面へ左折。ここから長尾峠までは緩やかな登りが3kmほど続きます。左手には箱根の雄大な景色が広がり、オススメのコース。ここからのけち気はなかなか雄大で見ごたえあります。そんな景色を眺めながらゆったりと走ります。程なく長尾峠に到着。峠にはトンネルがあり、トンネルの手前に茶屋があります。

狭く真っ暗なトンネルを抜けるとそこは静岡県。芦ノ湖スカイラインの入り口です。ここから御殿場まで一気に下ります。ついこの間まで土砂影響で崩れの長い間通行止めだったのでこのルートもなかなか来ることができませんでした。交通量が少ないので、一気に下れます。

下りきると、御殿場ICのそば東山湖に出るのでそこをプレミアムアウトレット方面へ曲がり、途中からはJR御殿場線に沿って走っていきます。

全般的に下り基調のルート。のどかな風景の中を緩やかな下りということもあり結構良いペースで走ると、あっという間に御殿場線の足柄駅へ。そこからも足柄峠に登れますが、昨日はそのまま駿河小山駅方面へ向かいます。

駿河小山手前から足柄峠へ登っていくのですが、最初ゴルフ場の中を抜ける美ビンが結構つらい。そこを抜けると勾配は緩やかになり足柄峠の頂上に到着。

そこで一休みして後は家までい一気に下って帰ってきました。

全体的にゆったりと走っていたのですが、暑さのためか思った以上に消耗してしまいました。

暑くなってから、なんか登りがめちゃくちゃきついです。早く秋になってくれないだろうか。

今日はまったり

昨日は、午前中は仕事だったのですが、午後からほとんど思いつきで新幹線に飛び乗って、岐阜くんだりまで日帰りサッカー観戦に行き、帰宅したのが深夜2時。就寝したのが3時だったため、今日は久しぶりにゆっくり起きた日曜でした。

今日も、Tさんたちのお誘いがあったのですが、流石に朝起きれないですし、岐阜からの帰宅が最悪の場合今日の早朝4時になる可能性もあったために、お断りさせていただいた。ショップ仲間の朝練もあったが当然そちらもムリ。

なんだかんだで8時には目が覚めて朝食を摂り、その後は漫画を読みながら気がつくと10時半。こんな暑い中、こんな時間から走りに行くのはある忌み自殺行為なので、チョット買い物に行くことに。携帯を買い換えたかったので地元の家電量販店へ。せっかくなのでMTBで行ってきました。

携帯はなんだか料金体系が依然と変わってしまって良くわからず。なんだが1年以上継続して使った後出ないと余計なお金を払わなくてはいけないように変わってしまったらしい。以前は10ヶ月で割引きいたはずだけど。10ヶ月経つのを待って、ほしい新機種が出るのを待ってやっと買い換えようと思ったが、まだ11ヶ月しか経過していないので、今回の買い替えはやめました。っていうか、料金体系、通話料もそうだけど、機種本体の支払い方法もなんだか複雑になりすぎてわからない。もうチョットわかりやすくしてスッキリしてほしい。何が自分にとってお得なのか、いま買い換えたほうが得なのか待ったほうがいいのかとかわからなすぎる。

せっかくお金も用意して意気込んで買いに行ったので、変に肩透かしを食らってしまい、仕方なく帰宅。途中いつものショップによって雑談してから家に向かったが、お昼の一番暑い時間だったが、機能の岐阜の36度という信じられない暑さに比べればぜんぜんすごしやすい。田んぼの中や川沿いのような水辺のアル道は風が涼しくて気持ちよく走れる。なので遠回りをして帰ることにしたのだが、一度遠回りを始めるとどんどん家とは違うy方向に向かってしまい、最終的には途中チョットした上りもある30kmコースになってしまった。

NEC_0042.jpg

写真は酒匂川の大口の先、岩流瀬(がらせ)から足柄峠方面に登っていく途中、上流に夕日の滝のある内川という川の土手沿いの道。こんなのどかな風景が広がっています。僕がまだ小学生のころ(20年前)までは我が家の回りもkんな風景でしたが、いまわ中途半端に整備されてしまい、こういう所を走るとなんだか子供のころに帰った気分になります。まだまだ同じ市内にもこういうところが残っていてうれしいですね。ぜひ残していってほしいです。

今日のコナのクロカンMTBは先日のケルビム廃車以後は通勤用にスリックに履き替えていたのですが、そこそこ太くて溝もあるものにしたのでこの程度の道ならば、スピード出してくだらなければ問題なし。今日は上りだけですし、もともと走りに出るために家を出たわけではないので、装備もぜんぜんしていなかったので、ゆっくりまったりサイクリングペースで。

いつものロードバイクでガンガン走る週末と違い、こういう所をMTBでまったり走るのもたまにはいいモンですね。

明日も休日。明日はどうしようか? 

いろいろあったようなないような

お暑~ございます。

お久しぶりです。

なんかこう、特に特別なこともなく、毎週末クソ蒸し暑い中をもくもくと走っているだけなので、面白い記事とするようなこともなく、ブログUP怠っておりました。

先週の土日は、土曜はヤビツで日曜は箱根旧道~大観山というヒルクラ2連チャン。暑さでバテバテでございます。

風を切って走っているときは問題ないのですが、信号などで停止するともう大変。

肌に刺さるような日差しとアスファルトからの照り返し、そして隣の車のエンジンの熱でハンパない暑さ。いや熱さ。熱中症まっしぐらです。

さてさて、そんななか、今週はいろいろありました。

通勤中、曲がり角を左折すると目の前には右側通行してきたママチャリのバカ高校生。こちらはちゃんと左側通行。しかもいきなり交差点を左に曲がるようなことは当然せず、カーブミラーなども見ながら歩行者等の存在を確認してから左折です。

で、曲がったら突然目の前にママチャリ。こちらはほとんどスピードは出ていなかった。高校生もこちらよりはスピード出ていただろうがそんなでもなかった。

急ブレーキしたが、しょせんロードのブレーキ。相手は整備もしていないやすものママチャリ。そのまま正面衝突。おかげさまで転倒することもなく、それほど大きな衝撃もなかった。

「ふざけるな(怒)なに右側を走ってきているんだ(怒)」

と一喝。自転車見ると前輪とダウンチューブが接触している。この時点ではフォークが曲がったのかと思っていた。

「どうすんだコレ!壊れちまったじゃないか!」

まあ、この自転車はもらいものでしかも結構古いし、買い替えと言うこともちらほら考えていたこともある。それにフォークが曲がったならばフォークだけ交換でなんとかなるし。それに高校生に買えるわけがない(親に弁償させれば別だけど)。なのでホンキで相手に弁償させる気はなかったのですが、とりあえず脅しておきます。

一通り怒りをぶつけて脅しをかけておいて、「いいよ。もう行って」

と、その場を治めました。

さて職場まではまだ1kmほどある。仕方ないので職場に電話して事情はなして車で迎えに来てもらいましたが、待っている間よくよく自転車を見るとフォークはなんともない。改めて全体を見ると、トップチューブとダウンチューブがヘッドチューブとの接合部付近で曲がっていました。トップチューブにいたっては、ぽっきり折れる寸前!

おいおい、ここまでひどかったのかよ。もうこのフレームはお釈迦です。

しかし、こうも簡単に折れるもんなんですね。確かに軽量スチール(クロモリ)フレームで、前のオーナーさんが購入(作製)してからかなり年数経っているはずです。フレーム自体が劣化していて強度が落ちていたのか、はたまたロードバイクとしての使い方では考えられない力がかかったのか?体重はけっして重くないけど。(平均体重のはずです)

その日の夜、行き着けショップに持ち込んで処分するために引き取っていただきました。パーツは全部はずします。フレーム以外はまったく問題なし。ホイールも振れは出ていませんでした。

現在、代わりの自転車を検討中。少し前から考えていたベルマーレ自転車を作っちゃおうか。カラーオーダーでならばそこそこ安くは作れそうなんですよね。材質はクロモリで。

通勤には当分KONAのクロカンMTBを使用します。舗装路走りで山用ブロックタイヤでは重いしおまけにもったいないのでスリックタイヤに交換しました。

で、MTBで通勤となったのですが、一昨日の帰宅途中、信号待ちでスタンディングしていたら、前輪がちょっとした段差にはまってバランス崩し、おまけにこういうときに限ってクリートが外れずに、自転車初めて4年半。ビンディング使い出して4年で初めて立ちゴケしてしまいました。右腕から地面に激突。まあゆっくり倒れていったので目に見えた傷はまったくなし。でも昨日辺りから右腕の筋肉が痛みます。っていうか、痛みが半日経ってから来るなんて、やっぱり年取っているのかな?

しかしこけた時って、痛さとかよりも恥ずかしさのほうが強いですよね。早くその場から立ち去りたいきもちになります。きっと目撃していた人は、ビンディングペダルなんて知らないでしょうから、なんであいつは倒れたんだ。足つけばいいのに。と思ったでしょう。ああ、恥ずかしい。

今週末も暑そうですね。日月と連休ですが、こう暑いと走りに行くのも考えてしまいます。今日はほとんど思いつきで午後から岐阜まで行ってきます(電車でね)。

目的はサッカー観戦。岐阜ぐらいまでならアウェイ日帰り応援可能範囲でしょう。

帰宅は早くて深夜2時。多分名古屋を最終の新幹線に乗れての時間です。(ただし、これだと名古屋から新横浜に出てそこから東海道線で小田原までもどるというめんどくささですが)新幹線に乗れなければ、夜行のムーンライトながらに乗って小田原には早朝4時到着です。

なので今夜のツールはお預け。あすも走りにはいけそうもないですね。

最後に、皆さん自転車も交通ルールをしっかり守りましょう。というか警察も道交法厳しくしたんだからもっとしっかり取り締まったり指導しろ。道交法厳しくなっても高校生やじいちゃんばあちゃんなんかのママチャリたちの逆走、歩道爆走、傘差し運転、携帯電話で話しながらまたはメールを打ちながらの運転減っていないじゃないか。こういう輩ははやく一掃してくれ。

蒸し暑かった

いや、しかし暑いですね。

暑いだけならばまだいいんだけど、すごく蒸す。

こんなんコンディションで自転車で走るのはきついですね。

昨日の土曜日は足柄峠、そして今日日曜は箱根旧道を登ってきました。

どちらももう7月なのに今年初。

足柄峠はMTB(それもDHバイク)ならば登っていたし、地蔵堂までと地蔵堂から白黒林道は登っていたのですけど、ロードで足柄峠(聖天堂)までは今年初でした。

旧道は大晦日の夜(思い出したくもない)に登った以来。

久々の足柄峠は相変わらずきついですね。

そこにこの蒸し暑さですから、キツさは倍増。

それでも意地で最後まで足着かずに上りきり、頂上で少し休んでから静岡県側を御殿場線小山駅まで下り、御殿場線沿いに走って今度は足柄駅から上り返してきました。

流石にあの暑さで足柄2本は地獄でしたね。

昨日はその後夜サッカー観戦のため平塚まで自転車で。曇ってきて暑さは和らいできたけど、なんかものすごくキリが出てきて、おかげで湿度がメチャクチャ高く、気温の割には汗をかきました。おまけに帰り家まで残り2kmをきったところでパンク。予備チューブは持っていたけど、ポンプもっていなかった。残り2kmを歩きで帰宅。でも、大磯とか二宮でパンクしなくて良かった。

 

今日は旧道へ。あさ箱根にはかなりキリがかかっていた。天気予報なんかでは雨の心配はなさそうなんで、そのまま旧道をめざして走り出す。キリのおかげで涼しいのではとも思っていたが、箱根に近づくにつれて、雲はどんどん晴れてきて、快晴になり気温もグングン上がりだす。湿度だけは高いままなので、昨日以上に蒸し暑くなり、まるでサウナのような状態。

登りはじめこそ良い感じに走れていたが、畑宿手前のきつい上りあたりから、湿度にやられだす。

だんだんきつくなってきて、七曲はヘロヘロ状態。それでも意地でも止まりたくないので、根性だけで走り続けるが、足は回らず。甘酒茶屋やお玉が池辺りの平坦区間になってもスピードが上がらず、50分もかかって元箱根に到着。そのまま元箱根のコンビニに直行。自転車止めて下りたとたんに立ちくらみが。そのままその場にへたり込む。少しでも気を抜くとそのままスコーンと気を失って倒れてしまうのではないかというような状態。頭を上げることすらできず、その場に何とか座り込み落ち着かせる。熱痙攣か顔の筋肉がピクピクと小刻みに痙攣している。本気でやばかった。

少し落ち着いてから立ち上がり、ゆっくり歩きながらコンビニの中へ。冷房がガンガンに効いていて涼し~。

コーラ、水、スポーツドリンク、エネルギージェル、アイスそして水羊羹をゆっくり時間をかけながら買う。あまりに涼しいんでお店の中に寝転んでしまいたい衝動にたてられながら、それをぐっと押さえて診せの外へ。

湖畔の日影でたっぷり休憩。このあと下りが待っていますから、今の状態で下るのは自殺行為。安全に下れるぐらいにしっかり回復。1時間近くは湖畔にたたずんでいたでしょうか。

何とか回復したので、ゴミを捨てて再び麓を目指して走り出す。R1から旧道に入って少し行った先、ラーメン屋のある、旧道の最高地点のところで前からTさんがやってきた。Tさんももうヘロヘロ。今にもぶっ倒れそうで、同じようにこの蒸し暑さにやられたようだ。

続いてSさんKさんもやってきた。

以外に風邪が通るところで涼しかったので、そこで休憩して、4人で旧道を小田原まで下ってきた。途中おjきいちゃんライダーのTさん、アッキーさんとすれ違った。

 

しかし、自転車乗るには厳しいシーズンが始まりましたね。昨年も熱中症になりかけたことがありましたから、気をつけなくてはいけませんね。

そうそう、富士スピードウェイーでの富士チャレの200kmに申し込みました。なんかすさまじい早さで締め切りましたね。ぎりぎりセーフでした。しかし、出場しようといっていた人たちがことごとくアウト。なんか1人だけの参加になりそうです。7時間という長丁場のイベント。1人で参加とは・・・。

 

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。