スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の大観山

11/23大観山
神奈川県西部。箱根丹沢の山々に囲まれたところに住んでいるという地域性、そしてエントリーするレースがヒルクライム中心ということで、もっぱら走りに行くのは周りの山、ヒルクライムというのが多い。

よく行くのが、まずは地元の足柄峠。そして湯河原から箱根大観山に登る椿ライン。箱根の有名な七曲のある旧道。あとは秦野にある丹沢のヤビツ峠である。どれも神奈川県のヒルクライムコースとしては有名な道奈仮ですが、小田原という地域柄、これらのどのコースも非常にアクセスがよく、家からすべて自走で行って帰ってくることができます。また、これらのコースと周辺の他のコースをあわせてみたり、いろいろなコース設定も出来るというのがポイント高いです。

ちなみに、平地コースだと小田原から東に向かう道しかなく、国道1号と134号を使って湘南道路コース。だいたい江ノ島までで折り返しとか、鎌倉までとか湘南国際村を登って引き返すというのが多い。足を伸ばせば三浦半島の先端の城ヶ島までも行ってこれます。ただ、この道路のネックは渋滞が多いこと。特に夏場はもう渋滞で気持ちよく走れません。時間帯をうまく考えて、早朝とか思い切って夜なんかにすればマシではありますが。なので、このコースは山が寒くなって場合によっては雪とか路面凍結なんてことが出てくるこれからの時期、渋滞も少なくて走ることが多くなってきます。

ここ最近は、ジャパンカップのオープンレースとか、西湖のロードレースといったロードレスにエントリーしていたことがあり、ヒルクライムは9月末の富士山国際以来ご無沙汰でした。大観山となれば最近いつ行っただろうか?富士山国際前は斜度のきつい足柄峠でトレーニングしていたので、大観山だと乗鞍前に仮想乗鞍で行った以来だろうか。

勤労感謝の日で休日となった今日は、そんなんで大観山に久々に行ってまいりました。しかし事前の天気予報は快晴だが気温が最低気温2度という真冬並みの寒さの予報。登りはいいとして箱根の上は寒いかなと心配だったが、日が昇ってくれば天気いいしきっと気温上がるだろうということで、防寒対策だけはしっかりしていざ湯河原へ。

湯河原までは約20km。ちょうど良いアップになります。湯河原でコンビニに入りこれから始まるヒルクライムに備えます。

今日は久々のヒルクライムということなんで、タイムは狙わずにゆっくり走ろうと思い、出だしは非常にゆっくりまったりとスタートしました。一応タイムは計測。思ったほど寒くなく、良い感じで足が回ります。最近ヒルクライムしていなかったので、登坂力が落ちているかと思ったが、意外に重めのギアでも踏んでいけます。ここのところ53-39tのノーマルギアのキャノンデールに乗っていたせいか、コンパクトクランクのルーベだとかなり軽く回すことができます。思った以上に良い感じで走れているので、だんだん欲が出てきていつしかマジモードに。ずうっと目標としていた1時間5分切りも出来るのではという感じで登ることができます。で、ゴールしたときのタイムは1時間6分40秒。出だしまったり入らなければ、あるいは5分を切れたかも知れません。でも思った以上というか、登りやっていなかった割に、かなりパワーがついていました。最近平地でもがく練習を繰り返していたのが効果あったのか、スプリントといっては大げさですが、ダッシュの力をつける走り方をしていたら、登坂力もついていました。

写真は大観山頂上から。天気は良かったのですが、残念なことに富士山は雲に隠れてしまっていました。雲がなければ正面に富士山が見えたのですが。

大観山から芦ノ湖に下りて休憩。旧道を下って帰宅。走行距離は80km。しかし、やはり久々のヒルクライムだったせいか、いつものコースだったにもかかわらず、いつも以上に疲れました。

 

スポンサーサイト

サイクルモード感想続き

少し間が空いてしまいましたが、先日のサイクルモードの試乗した感想の続きです。

キャノンデールのスーパーシックスですが、このあとCAAD9にも乗ったのですが、CAAD9と比べるとまったく違います。自分の乗っているCAAD7などと比べてもやはりBB周りの剛性が格段に強いです。よれる感じはありません。ペダルに踏み込んだパワーがしっかり推進力になるといった感じでしょうか。本当にすごいレース向けのバイクです。CAAD9は重量はCAAD7と比べて格段に軽いのですが、乗ってみた感じはあまり違いは感じませんでした。ヒルクライムなどでは重量が軽い効果を感じれるかもしれませんが。サイクルモードの試乗ではその辺はわかりませんですね。ただし、これはCAAD7に乗っている感覚からでもあるのですが、キャノンデールのCAADシリーズのアルミはヘタな安いカーボンのフレームに乗るよりもよっぽどいいと思います。特にリアバックのアワーグラズ型のシートステーはアルミとは思えないほどしっかり振動を吸収してくれますし、かといってよれるということもありません。アルミならばカーボンほど気を使うこともないし、落車の危険のあるロードレースにカーボンで出るのは怖いといった人にはオススメのバイクです。アルミを買うならキャノンデールで決まりです。

続いてスペシャ。

現在スペシャのルーベSLに乗っているのですが、このフレームは文句のつけようはありません。ただやはりコンフォート向けの色合いが強いせいか、どうもレースで使うには微妙な感じなんです。ロングディスタンス系のレースならばこのフレームに勝るものはないと思えるのですが、やはりバリバリのロードレースや激坂系のヒルクライムではいまいちです。

で、今回はNEWモデルのターマックSL2に試乗してまいりました。おととしからターマックSLというS-WORKSモデルのトップグレードのフレームはありゲロルシュタイナーに供給していていくものすばらしい結果を残してきたが、07より供給を開始したクイックステップのスプリンター、ボーネンには少々やわだったようで、ボーネンも納得できるより剛性の高いフレームとして出来たのがこのSL2です。

ターマックはSLの一つしたのグレードのターマックプロには乗ったことがあるのですが、それでも非常に剛性が高く、反応もよくグイグイ進むといった感じだったのですが、この新しいSL2はもっとすばらしいフレームでした。まずメチャクチャ軽い。だがダウンチューブがものすごく大口径でBB周りのボリュームは半端じゃない。その見た目どおりに非常に剛性は高く、非常に軽く進みます。踏んだだけぐいぐい前へ進むといった感じでしょうか。さすがボーネンのスプリント時のあの脚力に耐えれるだけのものはあります。この日乗った中ではまさにNo1でした。スーパーシックスと甲乙つけがたいといったらそうなのですが、あえてどちらといわれたらやはりターマックSL2を選びます。

その後は特にこれに乗りたいといったものもなかったのですが、サーベロの試乗が比較的すいていたので、ソロイストカーボンに試乗しようと思ったのですが、あいにく出払っていて、代わりにR3SLはあったので、それに試乗してきました。これは以前平塚競輪場であった試乗会で乗っていたのでその乗り味はわかっていたのですが、これも予想通りにすばらしいバイクでした。でもスーパーシックス、ターマックSL2と続けて乗った後だと少し柔に感じてしまいましたが、でもこれはヒルクライムではかなりのぶきになる自転車だと思います。

ろーどの試乗はここまでで、このあとはブースを回りながらカタログを集めたり、展示品を眺めたりしてお昼までを過ごしました。

つづく

ベルマーレ広告


自転車とは関係ないのですが、チョットお知らせです。

僕が魂を込めて応援している湘南ベルマーレ

かつては、中田ヒデをはじめ多数の日本代表選手を抱えていましたが、その後親会社の撤退などがあり、現在はJ2でJ1昇格を目指してがんばっています。

これまでは昇格にも絡めず毎年J2下位に沈んでしまっていたが、今年はリーグ残り2戦を残して、J116位との入れ替え戦に望める3位を争っております。

状況はかなり厳しいです。本当に首の皮1枚で残っていると言う状況です。

そして来る11月25日(日)は、今年のホーム平塚競技場最終戦

チームは何としてでもJ1に上がろうと、選手、スタッフ、サポーターが一丸となってこの試合と、最終節のアウェイでの愛媛戦に望む覚悟です。

11月25日。3連休の最終日ですが、平塚近郊の方、そうでない方もぜひ、平塚競技場に、湘南ベルマーレを応援に駆けつけてください。

お願いします.

湘南ベルマーレ

http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=3462

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

サイクルモードに行ってきました

18日の日曜日。幕張メッセに行ってきましたよ。

そう、サイクルモードです。

ショップ仲間のmartyさんと小田原駅で待ち合わせ、電車に揺られてはるばる幕張まで。

開場時間は10時なので、早めの9時半前には会場に着きました。すでに行列が。試乗のパスをもらって列に並び10時になるのを待ちます。大体100人ぐらいはすでに並んでいたでしょうか。並び始めて瞬く間に、我々の後ろにはものすごい行列ができていました。早めに会場に到着して正解でしたね。

10時に開場し、会場の中へ。特に絶対にこれに乗りたいというものは今回はなかったので、あせらずゆっくり開場に入ります。入ってすぐのところにはピナレロのブースが。多くの人がPRINCEを目当てにしていたようですが(martyさんも)僕はピナレロブースを素通りして、服部産業のブースへ。ここはウィリエールを扱っている代理店さんです。チェントに乗りたかったのですが、今年もチェントの試乗車じゃなし。変わりにルロワに試乗。まだ、比較的空いている試乗コースで急加速してみたり、コーナーでバイクをかなり倒してみたり、ダンシングで思いっきりバイクを振ってみたりして、どんな特性のあるフレームなのかを試してみる。と言っても、アレだけの試乗コースではなかなかわかりません。ルロワは持ったときは非常に軽いのですが、思ったほど漕ぎ出しは軽くなかったです。そんなに切れのある加速はしない感じ。あと非常にバイクが降りにくい。直進安定性は高そうだが、クネゴもチェントを使う前はこれに乗っていたはずなのだが思ったほど、登りで使えそうではなかった。

続いてキャノンデールへ。お目当ては当然スーパーシックス。HANDMADE IN USAのフルカーボンバイク。キャノンデールと言えばアルミだが、果たしてカーボンでどれだけ良いバイクを作ったのか?で、これはすごいですね。まず漕ぎ出しが軽い。操作性も良い。非常にキレのある自転車という感じです。さすが今年のマリアローザ獲得バイク。来年はベンナーティーがこれに乗るはずですが、いや、マジほしくなります。

続く・・・

サイクルモード

20071118094628
本日は、サイクルモード。
現在入場待ち時間。すでにかなりの行列が

サイクルモード

今日から、幕張メッセでサイクルモードが開催されていますね。

スポーツ自転車の大展覧会&大試乗会というイベント。最新の各メーカーのフレームから、期待の最新パーツがずらりと勢ぞろい。そして、何といってもそれらに実際に乗って体感できる、というのが1番の売りでしょう。

まあ、試乗は人気ブランドや人気車種は大行列で載るまで時間かかるし、試乗コースも大渋滞。なかなか思うようには走れないけど、なかなか手が出ない、超高級バイクに乗れる機会はそうそうはありません。

今年は、少し離れた公園内に、MTB専用の試乗コースも設置され期待度大です。

試乗のほかには、カタログ集めがこのイベントの楽しみ方の1つ。

日曜に行く予定です。今回の目的はずばりMTBコース。

いまから楽しみです。



FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

以前のブログ

以前のブログについては以下を見てください。
あしがら自転車日記(YAHOOブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/kinchan09cycle

ツール・ド・ジャパン 西湖ステージ

FC2ブログに引越し後、最初の記事です。
11月11日(日)に富士五湖の西湖で行われた、「中野浩一V10メモリアル ツール・ド・ジャパン西湖ステージのレースのご報告です。
ツール・ド・ジャパン西湖ステージ

先週末の土曜日曜は、天気予報だと。今年最後のレースで雨とは・・・。今年初参加のこの西湖のレース。過去に出場した人などからいろいろ話は聞いていたのだが、毎年落車が多いと聞いていたので、雨によりその確立がグ~ンと上がるので、非常におっかない状況に。
せっかくお金払ってエントリーしたし、日曜はお昼ごろから雨が上がるという予報だったので、うまくいけば雨が上がるんじゃないかという期待を胸に、まずは前日土曜日に現地で行われる受付車検に行ってまいりました。
空模様は非常に怪しいが、何とか雨も降っておらず、受付開始時間の1時直後に現地入り。さっさと受付を済ませ、チップとヘルメットカバー(ゼッケン)をもらう。このヘルメットカバー。正直かっこ悪くて嫌だったが、そうも言っていられない。これを被らなければ始まらないし、いくつものカテゴリーがコース上にごっちゃになることを考えると、自分のクラスが一発で判断できるこのヘルメットカバーは最適である。しかしその色がよりにもよってピンク
これはかなりいけていない。ダサすぎる。しかし我慢。もう大人なんだから受け入れなくてはいけません。
土曜日は受付済ますと、とっとと帰ってまいりました。帰宅後日曜本番のための準備を開始。先週中に雨のレースのための準備をしておいた。ジャパンカップのオープンレースで着たパールイズミの安いレインジャケットはまったく使い物にならなかったので、パールイズミのレインレースジャケットを購入。一緒にレイン用のシューズカバーも購入。そして土曜日になってヘルメットの下に被るレインキャップも買いました。タイヤも当初はマキシスのレース用の20cのタイヤで出るつもりだったが、雨だとこの20cのタイヤでは滑れといわれているようなものなので、急遽手持ちのミシュランPRO2RACEに交換。これは幅は23cでグリップが非常にいいので少しは安心である。バッチリ雨対策の準備をして早々と寝ました。
よく日曜日。4時起床。5時に家を出発します。6時半には現地に到着。来る途中少しパラパラと降られたが、西湖は雲こそ垂れ込んでいるが雨は降っていなかった。それでもコースはかなりのウェットコンディション。駐車場に車を止め、自転車の準備をして着替えをしてから、ローラー台でウォーミングアップ開始。しっかり心拍をあげながら、軽く汗をかきます。周りでもいろんなところでローラー台を回す人たちが。先日の富士山国際のレース前にアップしている時も思ったが、アップしている人たちのローラー台に発電機をつけたら、かなりの発電が出来るのではないかなんて考えてしまいます。
ひとしきり汗をかき、心拍も150台ぐらいまであげておいてそろそろ試走に向かおうと車から離れると、少しはなれたところで博士くん親子を発見。挨拶をしてから一緒に試走に行きました。試走では路面状態のチェックを中心に走ります。路面は完全にウェット。途中の側溝の蓋や、マンホールの蓋に要注意である。どこで勝負を掛けようかなど考えながらコースを1周。車に戻ってレースの準備を開始します。
僕のエントリーしたのは、初出場者対象のXクラス。スタートは1番最初のグループの最後である。出来るだけ前の位置からスタートするために早めに集合場所に。前から3列目辺りに陣取ります。このころから少しずつ空には晴れ間も除きだし、一気に天気が回復してくる模様。路面も乾きだしたが、まだ大部分はウェットである。前のクラスから順番にスタート。そしていよいよ僕のいるクラスのスタートである。
バイクの先導によるローリングスタートとのことなので、あせらずにスタートできる。それでもすぐにスピードが上がっていく。落車の危険もあるので出来るだけ集団の前に位置取るように走ることに。ローリングスタートとのことだったが、ゴールまでバイクは先頭の前を走っていました。よくこの辺りのやり方がわかりませんでした。
レースは常に30人以上の集団で進んで行きます。徐々に人数が絞られていくのだろうかと考えていたが、なかなか減りません。途中縦に1列になったり、団子になったりを繰り返しながら集団で1周目は進んでいく。途中特に逃げに出るような人もいないし、後から一気に前に出て上がっていこうとする選手がいてもけっして集団は逃がしません。そんなまま、たぶん30人はいたであろう集団のまま2周目に突入。
2周目。最初のゆるいくだりでスピードが上がります。自分も遅れないように列に加わり10番目以内をキープしながら走ります。これで少し人数は絞られた用に思ったが、河口湖に向かう道との交差点を過ぎてから、お互い牽制し合ってしまったのか、みんな前に出るのを嫌がったためにペースダウン。後からどんどん追いつかれ、再び大集団になってしまう。集団の人数が上がると落車の危険も上がるので、集団の中に飲み込まれて非常にストレスがたまる状態でレースは進む。途中あまりにペースが上がらないので、自分で前に上がってペースを上げて人数をふるいに掛けようかとも考えたが、まだ残り距離もあるので、ここで足を使っては最後に響くので自重。8km地点過ぎの直角コーナー過ぎの上りである程度人数が減る。このまま徐々にペースアップと思ったが、やはり皆まだ微妙に距離が残っているので牽制して前に出ないのでスピードダウン。再び後に追いつかれ集団となる。次ののぼりから勝負と考えていたのだが、その手前で集団の真ん中に入ってしまい、右にも左にも出られず、うまく前に上がれない。のぼりでその集団から前に上がるが、すでに何人かがラストスパートに入り始めていて前に行かれてしまった。ここから一気に前を追う。ゴールのゲートが見えてきたが、まだ前には10人以上がいる。ここからもがきまくる。入賞は6位まで、しかし6人が少し前に離れている。何とか7位まで上がれと必死にもがく。グングン加速していき、1人2人と交わしていく。6位の選手にも手が届きそうというところでゴール。残念7位でした。レース後リザルトを確認すると、わずか0.2秒の差で、6位入賞表彰台を逃しました。くやし~。
やはり集団での走行の練習をしなくてはと実感。集団の中からも半ば強引に前に出て行く度胸も必要だなと感じた。最後のスプリントは自分としては良かった。うまくもっと前から先頭争いに加われていればと思うと残念である。しかし、結果は結果。これが今の実力でしょう。
これまではレースはヒルクラやエンデューロだったが、やはりこういうガチンコのロードレースも怖いけど楽しい。レースをしているんだという実感を非常に感じることが出来る。まさにロードバイクの醍醐味といえるのではないか。
この後博士くん親子のレースを観戦。レースの模様

レース後は駐車場で博士くん親子が用意してあったコンロと鍋でおでんパーティーでちょっとした打ち上げをしてから帰りました。
写真を見てお分かりのように天気をどんどん良くなり、路面もどんどん乾いて、博士君たちのレースのころには、最高の状態になっていました。
これで予定している今年のレースはすべて終了。これまでで一番の結果をとりあえずは残すことが出来ました。
これからいよいよウィンターシーズン。来年のレース、まずは富士山のヒルクラに向けてまたトレーニングの開始です。

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

お引越し

YAHOOブログから引っ越してきました。
これから徐々に、記事をUPしていきます。
よろしくお願いします。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ありがとうございます
プロフィール

足柄きんちゃん

Author:足柄きんちゃん
へなちょこクライマー(のつもり)

もう1つブログやってます
もう1つやっているブログです
twitterやってます
ケータイでも
QRコード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。